ホッケー

”東京で唯一のクラブ”東京ヴェルディ女子ホッケーチームが目指す先

今回は第10回に行われた講義の内容を振り返っていきます。

執筆

メディアプロモーショングループ:仮谷 真歩

第10講では、2019年1月に設立したばかりである女子ホッケーチームから、GMの福島 雄裕氏が登壇しました。

福島 雄裕氏

2006年京都大学卒業後、年商100億円以上の流通業・小売業のクライアントを中心にITコンサルティングを手がける。
農業ベンチャー代表を経て、ホッケーの普及と

もっとみる

スタジアム問題


国立西が丘サッカー場(味の素フィールド西が丘)
※以下西が丘サッカー場と記載

12月31日、大晦日に久しぶりに高校サッカーを観に行ってみた。

東久留米総合高校(東京A)vs.草津東(滋賀)

結果は2-4で草津東が東久留米総合に勝利。

前半に3点を失った東久留米は後半2点を挙げ、同点にまで持ち込みたいところだったが、後半終了間際に駄目押しの4点目を決められてしまった。

良い試合だった。

もっとみる

大学部活動だからこそ

部活動組織をつくる上でたくさん模索した。いかにして勝つか。

そのためにはいかにして個人の主体性を生み出すか。全員が目標に対するこだわりを強く持つにはどうすれば良いか。

常に考えていた。

たくさん勉強もした。

いろんなことを学んで経験した結果、1番役に立ちそうだなって思ったのは、企業経営。

部活も会社と同じ。会社組織体制の作り上げ方、経営の仕方は部活動組織そっくり。

学生が主体で動ける大

もっとみる

「じゃない方のホッケー」からの脱却

どうもこんばんは。先ほどフリー素材になってきました。ツイッター、インスタでも宣伝したんですけどどれくらいの人が見てくれたのでしょうか。感想が気になります。わくわく。見逃した人は下のリンクから見てください。

番組内で僕は「ホッケー」をやっていたと紹介されたのですが、競技に関する説明がほとんどなく、いまいち理解されていない方も多いと思います。番組内での説明が弱かったのは僕のPR力が弱かったせいです。

もっとみる

スウェーデンの冬を楽しむ!スウェーデンでアイスホッケー観戦しよう!

スウェーデンの冬は、暗くて寒くてつまらない??
そんなことありません!冬を楽しむ方法がたくさんあります!

その一つが、アイスホッケー観戦!

スウェーデンは、カナダ、アメリカ、フィンランドなどと並ぶアイスホッケー強豪国です。

ルールは、そんなに難しくないので、日本アイスホッケー協会のサイトでルールをご一読されると良いかと思います。SHLとアジアリーグは、一部ルールが違うところがありますが、基本

もっとみる

「スポーツはルールがシンプルなほど人気」は本当か?

こんにちは、森です。

ラグビーW杯、盛り上がってますねぇ。

ミーハーなだけの僕でも筋骨隆々とした雄々しいマッチョたちが衝突し合う様に、興奮しながら試合を観戦しています。

スポーツに疎い妻も、ハカの芸術性やイケメン選手たちに注目して、珍しく「ラグビー見なきゃ!」なんて言っています。

強豪国をなぎ倒して快進撃を続けるジャパンチームに日本全体が熱狂する一方で、よく言われるのが、ラグビーのルールが

もっとみる

カナダ日誌(18)

今日はまた親戚がめっちゃ集まるパーティーをE・N・O・M宅で開催。(Nは父の従兄弟、施設に入居しているおじさんの娘。OとMは、EとNの息子)翌日に帰国する私と父にとっては最後にみんなに会えるチャンスです。前にEと会ったとき、ラザニアを作ってくれる約束をしていたので、イタリア人Eによる本場のラザニアとても楽しみです。

 E宅に15時頃到着。遅い昼食と言われていましたが、普通に夕飯でした笑。
私たち

もっとみる

フィールドホッケーを初観戦した話。

東京オリンピック開幕まで、あと338日らしいです。
半端過ぎますね、書かなくてよかったな。

2019年8月21日、この日はフィールドホッケー日本代表 vs マレーシア代表を観戦に、東京都・大井ホッケー競技場に行きました。

この大会は、運営面も含めた東京オリンピックのテストマッチ、「Ready Steady Tokyo」のホッケー版。
一般には非公開なのだけれども、知り合いの方が観戦申込みをして

もっとみる
ありがとうございます!
12

#それでもスポーツで生きていく・#15

~各論【第1章】
スポーツの『存在目的』に耳を傾ける旅
大井編(五輪恒久スポーツ施設編)

こんにちは、スポーツエッセイスト・岡田浩志です。

青春18きっぷを使い、各地のスポーツ現場を見てまわる旅の途上にいます。今回は気温37度という環境下で行われた、東京2020・テストイベントの模様をお伝えします。

READY STEADY TOKYO とは

このテストイベント、2020東京オリンピック・

もっとみる
読んで頂けたうえに反応も頂けて有り難うございます!
6

プリ

今日のテーマ、"プリ"と聞いても、何のことかわからない方が殆どでしょう。でもこの言葉は、私の青春時代の忘れられない言葉なのです。

"プリ"は、私が大学時代を過ごした陸上ホッケー部でお世話になった二年上の先輩の口癖で、ホッケーでやりたかったプレーの"失敗"とか"ミス"を意味する用語です。動詞形は“プリする”です。当時のホッケー部員の間で"プリ"は、広く知れ渡っており、完全に日常用語として定着してい

もっとみる
ありがとうございます。素晴らしい一日になりますように。
3