モリト広報室

モリト株式会社の公式noteです。アパレル資材のハトメ・ホック、マジックテープ、靴ひも…

モリト広報室

モリト株式会社の公式noteです。アパレル資材のハトメ・ホック、マジックテープ、靴ひも、インソール、バッグ、自動車部品、サーフボード…あんなところにも、こんなところにも、みなさんの身近なところにも。モリトの世界、ぜひ、のぞいてみてください。※コメントへの返信は行っておりません

マガジン

  • プレスリリース

    当社からのお知らせです。

  • ホックのおはなし

    モリトのこだわりの「ホック」 ホックに関するマニアックなお話をまとめました。

  • モリトのサステナビリティ

    モリトグループのサステナブルな取り組みを紹介しています。

最近の記事

  • 固定された記事

モリトの自己紹介。世界を支えるパーツを手掛ける、115年の歴史を、今ここに

新年度のスタート!ということで、本日は改めてモリトグループの紹介をしたいと思います! 創業は1908年!モリトは1908年、明治時代の後期に創業した会社です。 当時は和服から洋服に服装が変化し始めた頃で、創業者の森藤さんは、靴や洋服に使われるパーツの仲買を始めました。 創業当時からある主力商品がこちらです。 ・ホック ・靴紐 ・靴紐を通す穴に付けられる金具(ハトメ) ホックについての記事はこちら ▼ 徐々に販売するパーツも増やし、皆さんおなじみマジックテープ®も取

    • 【プレスリリース】モリト&千葉ロッテマリーンズの共同企画「子どもたちが学ぶ!SDGs出前授業 in ZOZOマリンスタジアム」

      ~海洋プラスチック問題を解決するためのリサイクルワークショップを開催~パーツの総合商社、モリト株式会社は、千葉ロッテマリーンズとの共同で、全国の小中学生を対象にしたイベント「SDGs出前授業 in ZOZOマリンスタジアム」を2024年8月6日(火)と8月7日(水)に開催します。 背景モリトは、サステナブル関連プロジェクト「Rideeco®」を通じて、海洋汚染問題を解決するための様々な取り組みを行っています。その1つとして、小学生から高校生までを対象として、SDGs目標14

      • 必見!初心者でも大丈夫!スケボー観戦はココを見て!

        こんにちは 広報担当のオカです。 今年はついに、パリ五輪が開催されますね! モリトは色々なスポーツグッズの企画開発や販売を行っていて、スポーツ好きの社員もたくさんいます。中でも、グループ会社のマニューバーライン社は、スケートボード・サーフィン・スノーボードなどを扱っていて、各競技にこだわりと熱意を持った社員がたくさんいます。 今回は、僭越ながら【スケボー未経験】【完全に素人】のオカが、マニューバーライン社のスケートボード担当の松本さんに、スケートボード競技を見るときの注

        • パリ五輪直前!現役ホッケー選手が語る女子ホッケー観戦ポイント

          こんにちは。広報担当のサトです。 4年に一度のスポーツの祭典が近づいてきました。モリトは様々なジャンルのスポーツの用具、ユニフォーム、シューズなどにパーツを提供しているので、どんなスポーツの応援にもみんな熱が入ります。 見る専門も含めて、スポーツ好きな社員が結構多いです。 しかし、残念ながら全ての競技のルールや、選手のこと、各国の情報を把握している訳では無く、「もっと事前に勉強しておくべきだった」と観戦中に反省することもしばしば。 そんな「残念」を回避すべく、今回は女

        • 固定された記事

        モリトの自己紹介。世界を支えるパーツを手掛ける、115年の歴史を、今ここに

        マガジン

        • プレスリリース
          11本
        • ホックのおはなし
          6本
        • モリトのサステナビリティ
          30本

        記事

          モリトをもっと知ってもらいたい!メディアの皆さま向けプレスブック作りました

          モリト広報室のnoteを始めて、3年が経とうとしています。 「noteでモリトのことを初めて知りました!」 「モリトのこの事業、noteで初めて知りました!」 といったお声をいただく機会も徐々に増え、広報担当としては嬉しい限りです。 ですが当然、超絶マニアックで黒子のモリトのことを知らない方は、まだまだいらっしゃいます。 そんな思いから、私たちはメディアの皆さまへ向けたプレスブックを作りました! 「モリトとスポーツ」&「モリトとサステナブル」をテーマに、両A面仕様(

          モリトをもっと知ってもらいたい!メディアの皆さま向けプレスブック作りました

          入社したら!ホック打ち付けから始めよう

          こんにちは 広報担当のオカです。 4月、今年もモリトに7名の新入社員が入社しました。 私もついこの間、同じ新入社員研修を受けていたはずですが・・・いつの間にか新入社員へ研修をする側になっていました(笑) 研修で一生懸命に説明を聞いている彼らの姿をみて、こちらも身が引き締まる思いでした✨ 新入社員研修新入社員研修といえば、会社組織のこと、業界・商品知識のレクチャーや倉庫研修などなど・・・各企業が色んな研修をされているかと思います。 実は、今年からモリトでは新たな研修が

          入社したら!ホック打ち付けから始めよう

          サーフボードについて聞いてみた

          こんにちは 広報担当のオカです。 先日、出張で神奈川県茅ケ崎に行ってきました。 皆さんは茅ヶ崎ってどんなイメージをお持ちでしょう? 私は完全にサザンオールスターズの曲のイメージでしたが、実際、茅ヶ崎駅の電車発車時に流れるメロディがサザンオールスターズさんの「希望の轍」でちょっと感動しました(笑) そんなことはさておき😁 今回、茅ヶ崎へ向かったのは、グループ会社マニューバーラインで、マリンスポーツ関連のアイテムを扱う事務所へ行くためでした! マニューバーラインでは、プ

          サーフボードについて聞いてみた

          【プレスリリース】ついに完成、日本で回収した廃漁網100%ケミカルリサイクル糸「MURON」

          〜日本の海を守り、未来を紡ぐ、廃棄から再起へ 100%リサイクルで実現〜 モリト株式会社が推進するサステナブル関連プロジェクト「Rideeco®(リデコ)」は、日本の海洋環境保護に貢献するため、日本国内で回収された廃漁網を100%使用してリサイクルされた糸「MURON(ミューロン)」の製造を開始します。 背景日本のみならず世界中で、海洋プラスチック汚染の観点から、廃漁網及び漁具のリサイクルが重要な課題となっています。2016年度の環境省の調査では、日本に漂着するプラスチ

          【プレスリリース】ついに完成、日本で回収した廃漁網100%ケミカルリサイクル糸「MURON」

          美を追求したホックブランド ホックについて⑤

          こんにちは。広報担当のサトです。 桜が各地で咲き誇り、桜の名所には、たくさんの人だかりができています。春を彩る桜は美しく、キレイで、各々の楽しみ方で桜の季節を過ごしています。 服を彩る役割私たちが取り扱っているホック(スナップボタン)も、「留める」という機能だけではなく、時には服やパンツ・バッグに彩りを加える「飾る」といった役割を求められることがあります。 今回は、数あるホックの中でも、ひと際「美しい・エレガント」といった表現がピッタリのホックをご紹介します。それは、ス

          美を追求したホックブランド ホックについて⑤

          メーカー直伝!レインブーツをもっと楽しくする秘訣

          「明日は雨かぁ」 しっかり雨予報の日は、足元も雨対策して出掛けたいものです。 レインブーツといえばここ最近、雨の日に「レインブーツ」を履いておられる方をよく見るようになりました。 昔(昭和時代です)は・・・子供たちは黄色や赤色の長靴を使っていましたよね、水たまりでもバシャバシャと歩けちゃうことが、なんだかとても楽しかったように思います。 でも、大人の長靴ってあまり記憶にないんですよね。 (私だけでしょうか?) 思い出せるのは、商店街で魚屋のおじさんが履いていた黒いゴ

          メーカー直伝!レインブーツをもっと楽しくする秘訣

          Rideeco これまでの取り組み まとめ

          こんにちは 広報担当のオカです。 「あっ」という間に3月ですね。毎年のように時の流れの速さに驚く日々です。 2023年度も色々なnoteを書きましたが、振り返ってみると、モリトのサステナブルな挑戦「Rideeco®(リデコ)」に関する記事がたくさんありました。 そこで今回は、今、モリトが力を入れるRideeco®のこれまでの取り組みについて、改めて、まとめてみたいと思います! 廃漁網のリサイクル資材・生地の開発Rideeco®の始まりは、1人の営業が漁師さんの使い終わ

          Rideeco これまでの取り組み まとめ

          激変!商談スペースをリニューアルしてみた

          こんにちは 広報担当のオカです。 突然ですが、会社勤めの皆さん。 いつもお昼ごはんはどうされていますか? 社員食堂がありました実は、以前モリトには社員食堂がありました。 お手頃価格で毎日豊富なメニュー、おいしいご飯が食べられるだけでなく、席が近くになった色んな部署の人と話せたり、社員はみんな大好きな場所でした。 ですが、コロナ禍で在宅勤務も増え、会社に集まる機会が減ってきたことで、残念ながら廃止となってしまいました・・・ それ以来、お昼ごはんはそれぞれのデスクでお弁

          激変!商談スペースをリニューアルしてみた

          厨房の安全を支える!エース工機の仕事とは?

          こんにちは 広報担当のオカです。 突然ですが、みなさんはご自宅のキッチンの換気扇のお掃除ってされていますか? 普段、中までは見えないし、油がギトギトしてなかなか汚れを取りにくいし・・・掃除には相当な気合が必要なので、私はいつも後回しにしてしまいがちです。 換気扇のお掃除のハードルが高いと感じているのは、一般の家庭だけでなく実は、飲食店さんでも同じだそうです。 料理の仕込み・お客さんの使う席やフロアの掃除・従業員の方の管理など、飲食店の方は営業時間外にもやることがたくさ

          厨房の安全を支える!エース工機の仕事とは?

          SDGzooイベントレポート@天王寺動物園

          こんにちは 広報担当のオカです。 昨年、11月11日・12日に、モリトは天王寺動物園で開催されたイベントSDGzooに参加しました! プレスリリースは→こちら こちらの企画を初めて聞いた時、 と思ました。 どんなつながりか?というと・・・ 実は、廃漁網は、海に住むウミガメやアザラシなどの海の生き物に絡まってしまい、身動きが取れなくなってしまったり、傷ついてしまうことがあるのです。 廃漁網は、漁師さんが魚を捕まえるために作られた漁網が、何らかの理由で、海中を漂い、海

          SDGzooイベントレポート@天王寺動物園

          2024年 新年のご挨拶

          新年明けましておめでとうございます。広報担当のサトです 💭 今年はどんな年になる? 💭 どんな年にしたい? 💭 何を達成したい? 振り返れば、約3年間に及ぶコロナの影響も生活の上では、ほぼ無くなったように見えます。しかし、ビジネス上では、需要のアップダウンが従来より大きかったり、人の急激な動きに物流や生産が一部追い付かなかったり、また、コストにおいても高止まりしたりと、過去の平常時と比べるとコロナの爪痕はまだまだ残っていると感じています。 様々な憂慮することもありますが

          2024年 新年のご挨拶

          2023年を振り返る モリト10⼤ニュース

          こんにちは。広報担当のサトです。 今年は日本列島沸騰と言われるくらい猛暑日が多く、秋でも暖かく…日本らしい四季をあまり感じ取ることのできない一年となりました。 木々もこの気温に戸惑ったのか、モリト本社のある御堂筋の銀杏並木が色付く時期も、例年よりかなり遅かったです。 それでも2024年へのカウントダウンは着実に始まっており、今年一年の出来事に想いを馳せている今日この頃です。 振り返ると、今年は・・・ ● ワールドベースボールクラッシック(WBC)の優勝 に始まり、

          2023年を振り返る モリト10⼤ニュース