夜勤明けの気怠い朝に作るもの。

コロちゃんは沈静化してきてるのかどうなのか
わからないんですが、仕事はほぼ通常モード。
今朝は夜勤明けなんですが、すごくお天気が良いので
この梅雨の晴れ間を見逃さず、遮光カーテンを
ぶわぁーッと開けて、光を取り込んでみたら
睡眠時間短いけど目が覚めました。

今朝は朝からカンパーニュとビーフシチューを
作りましたよ、はは、なんでこんなにテンション
高いんだろ。アドレナリン出てんのかな。

しかも発

もっとみる
ありがとう!よかったらまた来てくださいね
3
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
17

トロットロのビーフシチュー

テイクアウトのお店ではビールが飲めず、流れ流れて熊野前「山惣」へ。荒川区で最も格式高いレストランである。ここの看板メニュー」ビーフシチュー」@1800をオーダー。極限まで煮込まれたビーフ肉は、噛むことができないほどにトロットロ。コラーゲンいっぱいである。たっぷりした量のデミグラスソースは、ライスにかければ濃厚ハヤシライス。一皿で二度美味しいダブルハッピー。
https://www.google.c

もっとみる
スキありがとうございます。ますます世界を掘り下げてゆきます。
5

ほかほかビーフシチュー。

今日も寒いから、夕飯は何か温かいもの〜、と、考えて、ビーフシチュー☺️

にんじん多めとなりました🥕🥕

ビーフシチューの次の日はいつも、ペンネを絡めてゆで卵のスライスとチーズを乗せて、グラタンにします。が、美味しいお米を炊いたから、明日はビーフシチューオムライスにしようかな😊

自粛生活が始まってから、食材のやりくりが少しずつ上手になってきて、1週間くらいは買い物に行かなくても大丈夫になっ

もっとみる
ありがとうございます♪
3

Bœuf bourguignon 牛肉の赤ワイン煮込み

皆さんのおうちのとっておきのごちそうの一皿って何かありますか?
我が家ではお正月のお一日の夜に母が作るこの牛肉の赤ワイン煮込みがとっておきの一皿でした。
年の瀬の忙しい中何日も前から漬け込み、煮込み、添え野菜を準備して初詣から帰るとあわただしく準備して並ぶごちそう。
手間暇かかるのでその年に一度のごちそうがいつもすごくキラキラして見えていました。
料理を自分で勉強するようになり、コルドンブルー料理

もっとみる
merci beaucoup!!
4

煮込みに1時間もかからない牛頰肉のワイン煮

久しぶりに作った。意外と簡単で、短時間で作れて美味しい。

【材料】
・牛頰肉
・小麦粉
・赤ワイン
・玉ねぎ
・人参
・しめじ
・ホールトマト
・オリーブオイル
・塩
・ベイリーフ

【作り方】
・肉と玉ねぎを作る日の昼までにワインに漬け込み開始する
・肉に塩、小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼き色がつく程度にフライパンで炒める
・圧力鍋にオリーブオイルをひいて、ワインに浸けてあった玉ねぎを炒め

もっとみる

5月12日の日記「そいつが俺の能力さ」

日記4日目にして特に書くことがないので、今日の夕飯の話をします。なぜなら、それが現在における最新の記憶だからです。

 

 あ、その前にひとつ、書けることがあった。「書くことがない」ということについて。書くことがないといっても、1日中何もしてなかったわけじゃない。自分はこの春から社会人で、現状リモート研修をばりばりやっているため、今日も8時間やることはやっていた。でもこの日記では、仕事のことはあ

もっとみる
この感謝の気持ち、いつか歌にします
2

超旨いビーフシチューの作り方

●超旨いビーフシチューの作り方

・用意するもの・

・牛肉(カレー用のブロックのものが望ましい。無ければ牛バラ)

・赤ワイン

・マッシュルーム

・玉ねぎ

・トマト

・牛乳

・チーズ

・バター

・はちみつ

・塩、コショウ

・薄力粉

・コンソメスープの素

・ニンニク

・オリーブオイル

・ケチャップ

●作り方●

1)フライパンに牛肉に塩コショウをまぶし、薄力粉をまんべん

もっとみる

5/10 母の日はビーフシチューでおもてなし

■母の日ということで子供達と

今日は母の日ということで、子供たちと一緒に牛スジ肉のビーフシチューを作って、ディナーで妻をおもてなしするプラン。

役割分担としては、自分が牛スジの仕込み担当、子供たちが野菜担当の分け。ということで、朝6時から牛スジの下処理を開始。牛スジやスネ肉の部類は、火を短時間通しただけでは固くて食べられたもんではないが、弱火で時間をかけて煮込むと絶品のお肉料理に化けるのである

もっとみる

お箸の国の牛タンシチュー「銀之塔」

東銀座駅の近辺をうろうろするのが好きだった。「だった」というのには訳があって、歌舞伎座が新しくなってから、辺りがなんとなく一変してしまった気がして、寄り付きにくくなったのだ。前には日本茶のカフェがあって、そこでお茶してから、マガジンハウスに向けて歩いて行った。おいしいラーメン屋とメンチカツの有名店があって、休日のお楽しみコースだった。

「だった」ばかりですみません。

変わらぬ東銀座の顔、「銀之

もっとみる
ありがとうございます。いい一日を!
1