パブリックデザイン

パブリックライフ&デザインin鹿島田 PART2【鹿島田deトーク】

2019/7/18(木曜)夕方。
鹿島田DAYSコワーキングカフェで行われたイベントのレポートブログです。

https://www.kashimada-days.com/

前回、鹿島田・新川崎のまちづくりについて発表、アンケートを取ったあとの提案を聞きに来てみました。たまたま時間もあったのと、学生さんや違う業界の人の話を聞くのが楽しいので。「若い人の話が楽しい」というのは、オッサンになった証拠

もっとみる
(*'ω'*)イイ!
15

人間の条件/東京の条件

岸井大輔氏による「戯曲|東京の条件」を中田一会(きてん企画室)が送ってくれた。100BANCHを構想した頃にハンナ・アーレントの著者「人間の条件」に大いに触発された事を知った一会が、この戯曲は松井への推薦図書だと思ったとのこと。

「東京の条件」とは、岸井大輔氏による演劇でハンナ・アーレントの「人間の条件」に着想を得ている。

東京都及び東京文化発信プロジェクト室との共催で、三年間にわたり上演

もっとみる
ありがとうございます!
3

Co-Design;ヘルシンキの新中央図書館Oodiを市民とデザインする

12月5日、ヘルシンキに新たな中央図書館"Oodi"がオープンします。そしてもちろんこの図書館は参加型のデザインプロセスによって作られてきました。今取っているStrategic Co-Designという授業のプロフェッサーはこの図書館のCo-Designにコンサルタントとして携わっていたこともあり、どう設計してきたかを授業にてモデルケースとして取り扱ったのでご紹介。

フィンランドは図書館利用率が

もっとみる
駄文のご拝読ありがとうございます...!
23

Co-Design; 期待するメリットおよび価値とは?

前回、Co-Designを中心としてUser Involvementに関わるアプローチのご紹介をしました。今回はBenefits of Co-design in Service Design Projectsという論文で述べられている、Co-Designの利点を事例を踏まえながら考察したいと思います。

例えばどんなメリットがあるのかというと

■顧客理解/アイデア創造
・多様なアイデアを創造し、

もっとみる
駄文のご拝読ありがとうございます...!
18

アールト授業; INTRO; 未来のデザイン組織を描く-1-

8/29から、アールトでのおよそ1週間のINTROコースが終わり、無事に初単位を獲得することができました。INTROの概要に関しては前回ざっくりご紹介いたしましたが、未来のデザイナーとしてどのように社会的な変化や課題を取り扱えばいいのか、どのように未来のデザインに求められる能力や役割、実践、組織のカタチを構想していけばいいのか、などの問いに対して、未来のデザイン組織をプロトタイプするという内容にな

もっとみる
駄文のご拝読ありがとうございます...!
36

社会インパクト事例メモ ピーターバラ刑務所での再犯率改善

社会課題を解決する事業をやる上で、気になるのが持続可能性です。それとほぼ同義ともいえる存在がファイナンスだと思います。

この記事は社会的事業を行う上でのファイナンス手段の一つである社会インパクト投資の事例についてまとめています。

ソーシャルインパクトに関する評価基準

「ソーシャルインパクト指数(SIS)」というものが使われている。

基本的なロジックは株式会社ソーシャルインパクトリサーチによ

もっとみる
ありがとうございます、また書こうと思えました!
7