子どもも大人も幸せな国【オランダ】への留学

こんにちは、マサです。
今回は僕の留学について留学の計画段階から、オランダでの生活までご紹介します。

目次
1 留学した時期と国
2 交換留学をした理由
3 お金のこと

1 留学した時期と国

大学3年生の終わりごろ、2018年2月から2019年2月までヨーロッパの北側に位置するオランダへ留学しました。留学先はマーストリヒトにあるZuyd university。小さな大学ですが、言語学、欧州学

もっとみる
スキをくれたあなたはさぞ素敵な人なのでしょう。

【進捗報告 #3】教員コミュニティ紹介動画公開、教材&マニュアルの配布など

こんばんは。船橋力です。

皆さんのご寄附によって実現する全国15,000校への書籍の発送がいよいよ1か月後に迫って参りました。

さて、今回は3つのご案内をさせて頂きます。

皆さんからご寄附の余剰分(約500万円)を活用し、書籍をモデルにした「授業教材」の開発と展開、そして授業を実行してくださるような「熱い先生のコミュニティー」を立ち上げています。
すべてが、地域の教育格差の改善など、元々のプ

もっとみる
トビタテ!
4

トビタテについてと今後の募集(2020年9月時点)

#トビタテ という留学のための奨学金があるのをご存知ですか?授業料から生活費までカバーしてくれるこの #留学奨学金

僕は2018年に7期生として採用されました。 

留学中は9万円×13ヶ月+その他の合計130万円いただき、生活費の大部分をまかなえました。給付なので、返済不要。夢のような奨学金です。この奨学金でオランダに1年間交換留学をし、就活ではこの留学で学んだこと、自分の将来プランを売り込

もっとみる
スキをくれたあなたはさぞ素敵な人なのでしょう。
1

インスタント味噌汁を飲んで泣いたニュージーランド留学の話

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、人々の移動の自粛が求められ、じっとしてられない僕からしてみると、苦しい毎日が続いています。1日でも早い収束を願うばかりです。

コロナウイルスの影響で自粛生活が長引き、これまでの大学生活を振り返ると「ニュージーランド留学」が最も印象深い経験でした。

留学報告会などでは、綺麗事を並べて楽しかった思い出を話しましたが、今回は留学中の苦しかったことをどのよう

もっとみる

教育実習の役割とこれからの教員に求められる能力

近年、教育現場ではICTを使った教育方法の活用など、子どもたちの新しい学びの場に対応した教育養成が求められています。

しかし、最近のニュースの中で、ある教育実習生が教育実習を終わらせるために

「コロナに感染した」と偽りの報告をし、ある小学校を休校に追いやった事例が出てきています。

教育実習は今後どうあるべきか、解説していきます。

そもそも、教育実習は教職課程の一部として位置づけられており、

もっとみる
スキありがとうございます!
10

【タンザニア記総集編】ハクナマタタ!

たった2週間。されど2週間。
だけど、その短い期間でも、学んだことはたくさんありました。
タンザニアで学んだことが、その後の高校生活・進路選択はもちろん、私自身の内面すらも変えてしましました。

タンザニアでの生活の中で、特に私を変えてくれた2つのことを紹介したいと思います。

そんな失敗、気にしなくていいさ!〜ハクナ・マタタ〜

ハクナマタタは、「大丈夫さ!」という意味です。

いつも私は小さな

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!
7

死について考えることで、毎日が輝きだす

あなたは何歳まで生きるつもりで生きていますか。それは死ぬ直前に後悔する生き方ではないですか。

 ほとんどの人は普段生活している中で、自分がいつ死ぬかなんてことを考えないだろう。たまに死について考えることはあるかもしれないが、毎日考えている人は少数だろう。死について考えるきかっけも、家族や友人の死や、テレビで病気の方のドキュメンタリーを見たため、ふとした時に、など様々だ。

 私の場合は少し特殊な

もっとみる
わざわざありがとう!!
5

原点回帰へ

大学院の入試(ドイツ文学専攻)を受けることにしました。

トビタテ留学JAPANの出発期限が2022年3月に延期され、それまでの期間何をするか模索した。

現在が2020年の8月だから、あと1年半くらいある。

大学4年生である自分は、もうこれ以上単位を取る必要がない。

そのため、その留学まで休学をしてアルバイトをするという選択肢もあった。

ただ、この状況をゼミの先生に相談したところ、

「1

もっとみる

深夜2:30、note始めてみた

宇宙を泳ぐひとから勧められて

とある知り合いのエッセイを読んだ。
「フィボナッチ、鹿児島の夏」
なんかわからないけどタイトルからエモかった。

https://todai-umeet.com/article/55830

この人の文章は毎度ほんとに心に響く。
エッセイ「宇宙を泳ぐひと」以外のブログとかの文章もめちゃくちゃ良い。

そんな彼に、「文章を書いているとふと過去に自分が感じていたこととか

もっとみる
次の記事もがんばります!
13

トビタテハウスリモートワークのススメ

こんにちは!トビタテハウス運営です!

コロナウィルスの影響により企業のリモートワークや大学でのオンライン
授業化が急速に進み、実家や1人の部屋で作業をする人も多いのではないでしょうか?

トビタテハウスでも家で作業する人が多くリビングがコワーキングスペースと化しています。笑

今回の記事では“トビタテハウス リモートワークのススメ”と題してトビタテハウスでのリモートワークの風景を紹介したいと思い

もっとみる
ぜひ遊びに来てください!
11