1日1新『新しくできたオーガニックストアに行ってみた』

ビオセボン(Bio c’ Bon)四谷三丁目店

https://ichigaya.keizai.biz/headline/2889/

新しく近所にできたオーガニックストア
お洒落で商品も見てて興味深い
ドライフルーツを買ってみた!美味しい。
ずっと食べていられる。が、しかし高い!
量も少ない!

稼いでからまた来よう。

もっとみる
ありがとうございます!
3

ヤフーショッピング出店後のストア構築を自力で行う方法

こんにちは。

ヤフーショッピング専門家のナオです。

今回こちらのnoteではヤフーショッピングの出店審査突破後のストア構築を自力で行う方法について解説しています。

私は現在ヤフーショッピングを販路の中心として物販に携わっています。

簡単に私の自己紹介をさせていただきますね。

私は2016年2月よりせどりを開始し、Amazonせどりをきっかけに起業しましたが、1つの販路に依存することに不安

もっとみる

写真を読む夜

写真を読む夜

2018/12/5
山内 宏泰 (著)

「アート」の一領域として今や揺るぎない位置を占める「写真」。
しかもその表現方法は刻々と変化し多様化を遂げ、未だ進化を続けている。

現代の写真界をけん引する蜷川実花、佐内正史、奥山由之、川島小鳥、石田真澄、高橋恭司ら12人が、
作品を生み出す際に考えていること、表現の方法や判断基準など、自身の撮影哲学を対談形式で余さず語る。

選び抜かれ

もっとみる
ありがとうございます!

大人の教養としてのアート入門

大人の教養としてのアート入門

2018/4/16
山内宏泰 (著)

印象派って何?
ピカソの絵はなにがすごいの?
アートの全体像がわかる本。

ルノワール、ゴッホ、ピカソ、葛飾北斎……名前を聞いたり作品を観たことはあるけれど、「印象派」の意味やピカソが偉大な理由を説明できる人は少ないのではないでしょうか。
大人の教養として知っておきたい西洋美術と日本美術の全体像について、アートコンシェルジュが

もっとみる
ありがとうございます!

文学とワイン

文学とワイン

2017/1/5
山内 宏泰 (著)

西川美和 田中慎弥 柴崎友香 平野啓一郎 堀江敏幸
島本理生 穂村 弘 原田マハ 小林エリカ 角田光代
第一線で活躍する作家十名の自然体のトーク

言葉を尽くして語ること、イメージをふくらませること、余韻を楽しむこと……共通点の多い文学とワイン。
銀座エノテカ・ミレで開かれる文学ワイン会「本の音夜話(ホンノネヤワ)」は、
毎回一人の作家と少人

もっとみる
ありがとうございます!

写真のフクシュウ 森山大道の言葉

写真のフクシュウ 森山大道の言葉

013/7/22
山内宏泰 (著)

写真とは時間を「定着」する行為である。
決して世界を「表現」する行為ではない。

本当なら、僕の写真集からも
Ⓒを外したいくらい。
だって所詮、コピーなんだから。
鼻の穴膨らましてオリジナリティだ、
アートだって言ってるのを聞くと、
「なぁに言ってるんだか……」と思うよ。

#ストア

もっとみる
ありがとうございます!

写真のフクシュウ 荒木経惟の言葉

写真のフクシュウ 荒木経惟の言葉

2013/7/22
山内宏泰 (著)

写真やってるヤツが「創造する」とか
言うけどもそんなのダメ。三流なの。
写真っていうのは創るっていうより
相手から引っ張りだすんだから。

「見せる」ことばかり考えているから、画面を古っぽくしたり、黒っぽくすることが、表現だ、芸術だ、写真だ、作品だ、と思想してしまうのである。まず「見る」ことなのである。
「見る」ことがおろ

もっとみる
ありがとうございます!

上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史

上野に行って2時間で学びなおす西洋絵画史

2013/5/24
山内 宏泰 (著)

画家たちは、「絵」で何を描き出そうとしたのか?
一年中展示されている「常設展」を観て理解する、西洋絵画の歴史的な流れ、個々の作品の意義、美術の本質。

#ストア

もっとみる
ありがとうございます!

写真のプロフェッショナル

写真のプロフェッショナル

2011/4/30
山内宏泰 (著)

44名の写真家と、写メール開発者や編集者、ギャラリストや公募展主催者などの写真に携わる26名が語る、写真大国日本。

#ストア

もっとみる
ありがとうございます!

G12 トーキョートップギャラリー

2009/7/1
山内 宏泰 (編集)

ムラカミ、ナラ、アイダ、クサマ、アラキ…、ニッポンのアーティストの躍進には、トップギャラリーの存在があった。アートシーンを操るギャラリーオーナー12人のインタビュー集。

#ストア

もっとみる
ありがとうございます!