サンキュータツオ

“僕が語り継がなければ忘れられてしまう。”サンキュータツオ『これやこの サンキュータツオ随筆集』。

「これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」

百人一首にある蝉丸が詠んだ和歌。

その冒頭の言葉をタイトルにしたサンキュータツオ、初の随筆集、

『これやこの サンキュータツオ随筆集』(KADOKAWA)

自らのライフワークとなっている「渋谷らくご」。

その設立からずっと高座に上がり続けた偉大な落語家。

柳家喜多八師匠と立川左談次師匠。

二人とどう付き合い、そして二人の

もっとみる
00:00 | 00:30

米粒写経、サンキュー・タツオさんに初の随筆集、KADOKAWA刊「これやこれ サンキュータツオ随筆集」をもとに伺いました。

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(34:48)は購入後に視聴できます。

今回お迎えするエキスパートは、米粒写経、サンキュー・タツオさんです。漫才師、米粒写経をして活動する一方、一橋大学、早稲田大学、成城大学で教鞭をとるなど日本初の学者芸人として活躍を続けていらっしゃいます。今回は、初の随筆集、KADOKAWA刊「これやこれ サンキュータツオ随筆集」をもとに伺ってまいります。

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(25:21)は購入後に視聴できます。

畑亜貴の「弱り目に祟られろ!レディオ」、感情言語化研究所にてお茶を楽しむ限定配信版です。カンゲンケン所員の皆様も一緒にティータイムいかがですか?

Personality: 畑亜貴, サンキュータツオ

お茶の時間31杯目のテーマ:仕事は6時間が良いというのは自分のペースを把握してる人向け。と言いつつ実は10時間くらい働いていた一人ブラック企業の所長、猛反省中です。

今回はこちらでもおたより紹介

もっとみる
スキはいつでも嬉しいものですありがとう
8

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 31祟目

たたらじ / 感情言語化研究所

00:00 | 00:30

畑亜貴とサンキュータツオが日々のくだらない疑問をお耳に吹き込みつつ、感情の言語化についての研究を進める探求ラジオ、略して「たたらじ」です。カンゲンケン所員として皆様のご参加お待ちしています!(月2回:13日, 27日配信予定)

【31祟目】
恋は始まりたがると持論を語りつつ、おたよりでの「始まりたがろう」について的確な分析に所長が歓喜、言語化って素晴らしいね回です。
Personality: 畑

もっとみる
スキってステキだありがとう!
7
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(21:31)は購入後に視聴できます。

亜貴の「弱り目に祟られろ!レディオ」、感情言語化研究所にてお茶を楽しむ限定配信版です。カンゲンケン所員の皆様も一緒にティータイムいかがですか?

Personality: 畑亜貴, サンキュータツオ

お茶の時間30杯目のテーマ:こけしと歌詞の空耳と歌本の思い出。
歌詞の存在が自分の中で強すぎる曲達について語ります。

治まる御代の=「おさまるみ」よのう、だと思っていた小学生時代。
こけしのうたの

もっとみる
♡ありがとう♡
2

弱り目に祟られろ!レディオ Season3 30祟目

たたらじ / 感情言語化研究所

00:00 | 00:30

畑亜貴とサンキュータツオが日々のくだらない疑問をお耳に吹き込みつつ、感情の言語化についての研究を進める探求ラジオ、略して「たたらじ」です。カンゲンケン所員として皆様のご参加お待ちしています!(月2回:13日, 27日配信予定)

【30祟目】
「これやこの」は是非読んでくださいね!
あの夏に付いて語りつつのたたらじ旅収録編
蔵王の温泉からお届けします。

Personality: 畑亜貴, サ

もっとみる
スキ→すき→好き→♡→どれも嬉しいですね
2

『どくヤン!』第2話「こころ」振り返り

令和最初にしておそらく最後の読書×ヤンキーギャグマンガ『どくヤン!』の協力・仲真による各話振り返りテキスト第二弾です。

・「そもそもどういうマンガ?」という方への『どくヤン!』紹介記事
・コミックDAYS『どくヤン!』第2話リンク(第1話と第2話+準最新2話は無料公開。他の有料話もスマートフォンアプリならチケット制で無料閲覧可能です!)
・過去の振り返り:第1話「どくヤン」
・『どくヤン!』単行

もっとみる

好きなものが増えるというのは本当に良い

1年半前頃から、落語を観に行くようになった。

元々お笑いが好きだったこともあり、落語を好きになる自信はあったものの、何も知らない私にとって落語というのはとてもハードルが高かった。

落語の動画をみたり本を読んだりしたものの、なかなか身に入らず。

面白いのだろうけれど、何でか身に入らず。

音楽も演劇もお笑いも、生で観るのが好きなので、思い切って生の落語を観に行こうと決意。

がしかし、勇気が出

もっとみる
グラッチェ~
11