【こ】氷とコーラスとこうのこのみ

五十音一文字ずつから三つの言葉を選び、自分語りをしています(五十音ブログ)

ふわふわな甘み

超が付くほど不器用な私でも、昔々は水割りの氷を作るために氷の塊をアイスピックで割っていた。綺麗な球体には出来ないが、バイトでは困らない程度に。

自分自身はアルコールが不得手なので、水割りよりもかき氷。最近の口どけの良いものが特に好きだ。ふわふわとした感触は幸せに直結しているなと思う。

こめかみがキー

もっとみる
やったー!
10

初めての発表会と家族

2014年、初めてのコーラスのコンサートを終えて、届いていたプレゼントを見ていたら、娘たちの名前で花が。
末っ子に聞いたら「お母さんは花が好きだから喜ぶと思って」と。

そして、「お母さんが発表会に出るってことは、私が大人になったってことだなーと思った。やっと自分の好きなことが出来て良かったね」と。

私が幼いころ、愛情はたっぷり受けていたが、暮らし向きが豊かではなかったので、お稽古ごとというもの

もっとみる
嬉しい!!! ありがとう!!!
12

諦めそうになっても、諦めなかったから見えた景色※26※

明日は、広沢タダシさんの曲’むかしの話’のコーラス募集の締切日だった。きっと私だけじゃない、皆締切日に間に合うように、何度も録音していたのだろうと想う。



コメント欄には、ノイズや歌声以外の雑音が入ってしまう事を皆気にしながらも送っていた。私はそんな皆の音源を聴きながら、仕事やnote、猫や愛鈴以外の時間を録音に使おうと精一杯がんばった。

でも、愛鈴や猫ちゃんのお部屋で録音すると、途中まで

もっとみる
ありがとう‪‪
7

#創作にドラマあり に応募します2

私は、早く結婚したので、友達の中で下から2番目とかのパターンが多い。
先輩友達、おばあちゃん友達・・友達は続くよどこまでも・・・。

私達のお年頃は、「早く孫の顔みたい」とか「やっと全員片付いた」と言う。まあ、それの押し付けは親の願望の押し付けだと私は思う。もちろん子ども達が望むなら、寄り添うべきと思うが。
このお年頃の憂いは確かにある。
ある時は、私に初孫ができたという噂が流れた。それは、私のわ

もっとみる
♪トリコになったよう♪
4

コロナ・クリスマスの嬉しかったプレゼント

今年のコロナでカナダではこのクリスマスシーズン・新年シーズンの人の集まり、州を超えての移動が基本禁止になっています。

同じ町で親戚や祖母、親子、兄弟家族が集まることも自粛です。レストランで友人同士の集まりも禁止、2家族の6人までと制限されています。バンクーバーではこの規定を違反したレストラン客や市を超えて友人複数と集まった人、フェリーで家族以外で乗った人たちが、警察から罰金2000(16万円)ド

もっとみる
ありがとうございます🌸また遊びに来てください💛
3

出来るのか?ではなく精一杯やってみること※19※

私は今年広沢タダシさん率いる、シンガーソングライター研究会に入った。私にとってはその全てが新鮮で挑戦の連続だった。



そしてそんな2020年の年末、年納めに心震わす企画を広沢さんが立ち上げてくれた。広沢さんの曲‘ ’むかしの話‘ ’のコーラスを募集!との記事。私にはその時、2つの気持ちが心の中を泳いでいた。

素直に、

‘ ’やってみたい*°‘ ’

その気持ちとは裏腹に、

‘ ’私のレ

もっとみる
ありがとう‪‪
7

忘れてたけど、自分にとってとても大事なことだった。

みなさん、こんばんわ。
今年ももうあと僅かですね。京都も日に日に寒くなり、頭のてっぺんから足の先っぽまで冷え渡る冬真っ只中です。

私は、「株式会社ピープルズ」という会社の執行役員及び経営企画部長であり、その子会社である「スーベニール株式会社」の取締役、「有限会社若山商店」の代表取締役を務めています。
※私の自己紹介の記事はこちらをご覧ください。
⇒普通のOLだった私が、ある会社の社長になった、た

もっとみる
読んでくださり、ありがとうございます。
6

100人で歌ったうた

思い返せばいつでも瑞々しく、こころがすずやかな音を立てて鳴り出すような、いつまでも、辛いときでも、自分を支えてくれる思い出。

そんな時間の、メモが出てきました。

2017年、京田辺シュタイナー学校「大人が体験できるシュタイナー学校」のクロージングで歌った歌。
その場にいた全員、100人ほどのアカペラで、歌いました。

メロディを聴いて、あまりに美しかったので、音を拾ってメモしたのです。

が、

もっとみる

みんなちがって、みんないい

みんなちがって、みんないい ———
このフレーズは今や広く知られるようになりました。金子みすゞの詩【私と小鳥と鈴と】のなかの一節です。

目には見えない「優しさ」や「人の心」の大切さを、やさしい言葉で綴った金子みすゞ。この「みんなちがって、みんないい」にも、どんな人でも分け隔てなく認め、受け容れることの大切さが込められています。そして自分自身をも。また現代においても、多様性やLGBT、BLMの運動

もっとみる