インディーゲームクリエイター

面白いゲームの共通点

画像は、昔ポケコン(SHARP PC-G850V)で作った
シューティングゲームの画面を目コピしたものです。

既に誰かが発見してると思うんで、
「何を今更」って感じですけど、
面白いゲームってどれも、報酬には必ずリスクがある
言い換えればリスクの先には必ず報酬がある事が
共通しているような気がするんです。

具体的に言うと、シューティングゲームでは
敵の正面に移動しないと攻撃が当たらないですよね

もっとみる

ゲームを彩る動物たち



現在開催中のクラウドファンディングについての記事です。

沢山のご支援をいただきまして
感無量です!ありがとうございます。

早速、資金を活用してエンジニアの方を
雇って少し手伝ってもらいました。

クオリティアップできたと思います。
皆様のお陰です。

今回は、ゲームに登場する動物たちを紹介しようと思います。
ゲームに登場する動物たちは、動物園などで自分で
撮影した写真が元になっています。

もっとみる

面白さって?

「いないいないばあ」で笑う赤ちゃんは、

顔が隠れている
 ↓
この後、顔が見えると予想する
 ↓
「ばあ」で顔が見える
 ↓
予想通りの出来事が起こったので面白くて笑う

…って聞いたことがあるんですけど、
人間は本能的に予想した通りの出来事が起こったら
嬉しいのかなって思いました。

(そのうち飽きて「またか...」とかマンネリとかに変化すると思うけど
 どういった過程で変化していくのかは知ら

もっとみる

ゲームを作るに至った理由

はじめまして。せをはやみと申します。
普段はグラフィックデザインの仕事をしたり
3DCADで機械設計をしたり"していました"。

"していました"というのも、
COVID-19の影響で仕事がなくなってしまって、
ずっと家でこもる生活を送っているからです。

あり余った時間をどう過ごそうか考えていた時に
pyxelというゲームエンジンに出会って
pythonの勉強がてらゲームを作ってみようということ

もっとみる

僕と絵をかくこと

今振り返っても徹底的に絵を書くことや楽しさを否定してきた人生だった。そういう時代だったのかも知れないし、僕がへそ曲がりな人だったのかも知れない。これは平成でもなく昭和後期の昔話。

■ 絵に対するネガティブなイメージ

僕は保育所で生活していた。両親が共働きだったから長くあずけられていた。思い出はキラキラ星を歌ったりプールに入ったりお芋をほったりした。ある日家の近くで自分と同じくらいより年上の小学

もっとみる

ゲームで JavaScript はなんだったのか

つまるところ忘れよう。今はゲームエンジンにビジュアルスクリプトがあります。もんもんする人は以下を読んでください。

■ ざっくりとしたプログラムの歴史

プログラムといえば C言語。早くてパターン化しやすい。みんながこれ使ってOSとか作ってました。パターン化しやすいから拡張もどんどん進んだ。おかげで C言語にも派閥ができて Apple の Objective-c と MS の C++ だ。こういう

もっとみる

カジュアルゲームってなんだったのか

むかしカジュアルゲームをつくっていたので整理しました。(当時に制作に参加してたゲームです [itch.io] https://tiwaibara.itch.io/undead-warrior

■ Web 2.0 の衝撃

数十年前 Web の黎明期に Web でインタラクティブなるワードがもてはやされた時期がありました。動く UI だったり多人数同時アクセスしたデータをすぐに画面へ反映できるこ

もっとみる

外出自粛なのでOculusQuestでVRボクササイズ(BoxVR)をほぼ毎日やってたらなよっとした体がひきしまってきた

初投稿なのでさくっと自己紹介「常世ノ塔」っていうインディーゲームをほぼ1人でつくっているイラストレーターのさえばしです。

給付金...ではなくその前に確定申告の還付金で2月末くらいに
PCに繋がなくてもVRができるしPCにつないで高スペックなVRもできるっていうすごいデバイス『OculusQuest』を購入したんですが
なんかあんましゲームで体動かしたくないな...ってなっちゃって埃かぶってまし

もっとみる

素人がインディーゲームクリエイターになるには?

みんな素人の頃はついついまじめになりがちです。笑(先に書いておきますけど以下は駄文なので信じちゃダメですよ)

■ 好きなゲームを好きにつくろう

好きなゲームを好きに作るのが楽しいので個人の趣味でも十分。僕たちは社長ではないので一人の製作者の目線です。ゲーム作って一攫千金ですか??会社に入ってみんなで作れば作品にボリュームが出るので結果的に一人分の労力の価値が上がって堅実です。個人の労力でビジネ

もっとみる