気を遣われる、

タイトルとは違う、わけでも遠からず、な今日です。

本当に、すごくすごく言葉を選んで伝えてくれるってありがたいな、それでもわからない時は聞いてもいいんだな(考えて咀嚼して、考えてからね)、と思わせてくれる大切な場所があります。

以前は、、、まず反省です(笑)

背中を見て、言動を感じて、盗んで、教えない、

そう言われた時に、何も言えませんでした。空気吸っただけで、呆れられたのを覚えています。

もっとみる

芸能人(人)がある日急にこの世からいなくなってしまった。

先日、とある俳優さんが亡くなってしまった。多分誰も予想が出来ていなかった出来事だった。私は熱烈なファンとも言えないし、直接お会いしたこともない。ドラマや映画などの映像作品で見かけるたびに綺麗な俳優さんだなと感じる程度で、今考えると若い頃の作品を見ていても悪い意味で気になった事は無かったなと気がついた。
 それぐらいの感覚でいる程度の人間だけれども、けれど、なんとなく未だにテレビのニュースを見ること

もっとみる

「真面目」ということ

私は真面目です。

って聞いたら、どう思いますか?

一般的には、長所に分類されることが多い気がしますが、これも「全力」と同じく、一定条件を達していない限り長所にはなりえない、凡人には厄介シリーズの一つであるというのが、長年考察してきた私の持論です。

まず、損しがちです。高確率で損な役回りがお約束です。そもそも、世の中には、要領が良い人と、悪い人がいると思います(これは、否定しようがない事実です

もっとみる

「全力」ということ

私は全力です。

って聞いたら、どう思いますか?

それも、良い年した大人の、キャリアとかもない、家庭もない、面接に行けば人生積んでるとか言われる女が言ってたら。

ー残念?痛い?…一体何故そんなパワーを出す必要が?生き急いでない?…すごいですねぇ!感心しますー!

ー全力、全力って言っても、どこまでが全力って人によるし、曖昧だし、それって社会人的にはもうそこまで重要じゃないんだよね。

…とか思

もっとみる

#21 学ぶこと について

学ぶことが好きです。

今までの自分が知るものとは異なる存在に遭遇したとき、
新しい知見に出合ったとき、
分からないもの、到底理解し得ないものを見つけたとき、

小さな恐れもありながら、大きな大きなワクワクが膨らむのです。

どんな分野にも、その道のプロと呼ばれる人がいます。
どんなにマイナーな世界でも、深遠に住む人がいるのです。

その人の目が捉える情報と、わたしが今捉えている情報はきっと違いま

もっとみる
好きな漫画は『僕のヒーローアカデミア』
7

心を亡くしていました

こんにちは。

時間帯的にはまだおはようございます。

ここ数日、心を亡くして病めるほど忙しいものでした。

忙しいという字は、心を亡くすと書きます

本当だなぁとしみじみ感じた今日この頃

例えば、今まで興味があったことに興味を示すことがなくなったり

友達の何気ないラインに構うほど心に余裕がなかったり

家族に対して少しきつく当たってしまったり

心亡くしてるなあと思う場面が多々ありました。

もっとみる

心変わりするということ 〜その2〜|「ということ。」第23回

※その1はこちら

 恋にも葬式があればいい。死んだ恋にとらわれずに生きられるよう。またいつかと期待せずに進めるよう。出会えてよかったと思えるよう。二度と会わないでいられるよう。全身全霊をかけた恋が、たくさん泣いて傷付いた自分が、ずっとずっと安らかに眠れるよう。

 彼(ユニ)は、それはもう特別だった。カリスマというものがこの世に本当にあるのならば、ユニは正しくそれだった。何をしなくても視線を集め

もっとみる

悔やめないということ|「ということ。」第21回

「もういいや」と、やめたことはたくさんある。たぶん誰にでも、それなりに。例えば、バレエや英会話。書道やフルート。両親は相当のお金を使って習わせてくれたが、どれも実にならなかった。例えば、根性の悪いあいつの鼻をへし折ること、下ばかり向くあの子の顔を上げること。オリジナルの正義に自信が持てなかった。

 おそらく、こういうことごとがある場合、世間はそれを「後悔」とか「未練」とかそんな風に呼ぶ。すっきり

もっとみる

不便だということ |「ということ。」第20回

いろんなことごとが私の気持ちをかき乱し、ぐちゃぐちゃとした乱暴な感情があふれるとき。ああもう最悪だと思いながら、一方で、心地よさがあるのはどうしてだろう。

 例えば、今。自分勝手な周囲、自分の将来、両親の健康、金銭的な余裕、そんな、考えているだけではどうしようもない不安が立ち込める胸の中で、けれど私は、苦しさこそあるが快適だ。ちょうどいい。こうして夜に書き物をするときはなおさら、すこし気が触れて

もっとみる