ごう先生 漢方臨床家 薬剤師 腸活

東洋医学の世界観がたまらなく好き。 相談件数年間約5000件の大和漢方センター田辺薬局の代表で主に漢方相談を行っています。 西洋医学のなぞを東洋医学で考えて、できるだけわかりやすい表現に翻訳して情報を発信しますので、どうぞよろしくお願いします。

本当の便秘治療はウンチを出すことではない!腸を良くする事だ!

私は「漢方薬」&「サプリメント」を活用して、人に備わる「治ろうとする力」をサポートし、健康維持増進や病からの回復をサポートする事を専門としております。 そんな私...

ウィルス感染してからの備えはできてる?  いざという時の早めの「漢方薬」が必要な3つの理由

連日のコロナウィルス報道で、街のドラッグストアやスーパーからマスクや消毒用アルコールが消えた。 ウィルス感染症を予防するためには、うがい・手洗い・咳エチケットが...

乳がんを構造的に見て原因と治療方針を推論する

ごう先生のシンプル思考 「解剖図を見ながら、なぜ発病するのかをイメージする」 ガンダムっ子だった僕は、はじめて「内部図解」ものを見たときにワクワクして、トレーシ...

体の中にある3つの猛毒と腫瘍の関係

毒蛇ってなんで自分の毒で死なないんだろう? 小さい頃から不思議でした。 毒をためておくところが、注射器のようにしっかりと隔絶されているからだ、とはいえ誤って自分...

風邪をひくと高熱がでるお子さん 漢方薬の治し方をマスターしておいた方がよい 3つの理由

僕は虚弱児だったので、小学生のころは年に何回も風邪をひいて寝込んでいました。 夜中に高熱がでると、悪夢をみるので苦しいんですよね。 うなされていたと思います。 だ...

乳がんが増えている 臨床家的な視点

古代の人は、天体・台地の動きや、季節の移ろい、植物の栄枯盛衰をみて、この世界の成り立ちを思索し、さまざな思想や哲学、宗教がうまれました。 自然科学とて然りです。 ...