ごう先生 漢方臨床家 薬剤師 腸活

東洋医学の世界観がたまらなく好き。 相談件数年間約5000件の大和漢方センター田辺薬局の代表で主に漢方相談を行っています。 西洋医学のなぞを東洋医学で考えて、できるだけわかりやすい表現に翻訳して情報を発信しますので、どうぞよろしくお願いします。

夜間頻尿を前立腺肥大だとする説の多くが間違いだという 3つの理由

漢方相談において排尿トラブルは多いご相談の一つです。 中でも「夜中に何度もトイレに起きてしまう」という症状がある人は、それが主訴の場合と、他のご相談であっても確…

川崎病のような血管炎へと重篤化する感冒症状の推移 についての漢方的な視点

コロナ感染症が重篤化すると川崎病のような血管炎や脳心臓血管疾患を発現することが報告されています 病気には時間の経過で病状が深刻化する「流れ」があります。 その大…

抗がん剤治療中でも できるだけ自分で体力をつけたいとお考えの方へ

抗がん剤は、治療と侵襲(副作用・後遺症)がギリギリのラインで行われているため、お体への負担が大きいのが弱点です。 副作用や後遺症を最大限に防ぐためには、できる限…

「がん」になりにくく 治りやすい体へのヒント! ごう先生の「かさぶた説」(実証篇)

私達は生きている! 生きているというのは、大好きな福岡伸一先生の著書「動的平衡」や「生物と無生物のあいだ」にも、学術的に分かりやすく解説されていますが、今日口に…

本当の便秘治療はウンチを出すことではない!腸を良くする事だ!

私は「漢方薬」&「サプリメント」を活用して、人に備わる「治ろうとする力」をサポートし、健康維持増進や病からの回復をサポートする事を専門としております。 そんな…

ウィルス感染してからの備えはできてる?  いざという時の早めの「漢方薬」が必要な3つの理由

連日のコロナウィルス報道で、街のドラッグストアやスーパーからマスクや消毒用アルコールが消えた。 ウィルス感染症を予防するためには、うがい・手洗い・咳エチケットが…