見出し画像

<新卒採用>職種別のよくある質問に採用担当が答えます!

※この記事は2019年1月に公開したものです。

採用活動もいよいよ本格化し、学生と接する機会が増えてまいりました。そこで、学生のみなさんから尋ねられることの多い質問の中から5つを選び、採用担当者が答えました!

画像1

Dobashi
2017年1月中途入社。前職の広告系ITベンチャー企業では新規事業の営業に従事した後、人事にキャリアチェンジ。採用責任者として新卒・中途採用に携わり、1,000人以上の候補者と接し採用業務の経験を積む。現在はG2 Studiosの新卒採用から育成・研修の設計や運用に携わっている。2018年10月Buddy賞受賞。

職種ごとの5つの質問にお答えします!

画像2

全職種共通:入社後の研修制度はどのようなものがありますか?

Dobashi:
2018年度入社の社員の実績をお伝えします。4月にセブ島研修を行い、帰国後にビジネスマナーなどの全体研修を行いました。その後に内定者だけでチームを組み、ゲームの企画からリリースを4ヵ月半で行うというゲーム開発研修を実施しました。開発したゲームは、「Gprout」というレーベルでストアにリリースしています。ゲーム開発研修は座学だけでは学べないような、企画からリリースまでの一連の流れを理解する良い機会となっています。
セブ島研修の様子はこちら
ゲーム開発研修の様子はこちら

全職種共通:他の職種のメンバーと話す機会は多いですか?

Dobashi:
弊社ではタイトルごとにプロジェクトチームを設けており、1ゲーム20~30名程で制作をしています。プロジェクト内において複数職種が協力しながら制作をしているため、毎日のように顔を合わせて話す機会があります。席を職種ではなくプロジェクトごとに分けたり、メンバー同士の飲み会を補助する制度があるなど、コミュニケーションが取りやすいような仕組みづくりも様々行っています。
カルチャーについてはこちら

画像3

エンジニア職:Unity未経験ですがクライアントエンジニアになれますか?

Dobashi:
開発経験は必須ですがUnity経験は必須ではありません。しかし、弊社では大半のプロジェクトの開発においてUnityを利用しているため、入社までに少しでも勉強していただけると、入社後の業務に慣れやすくなると思います。内定者の中には入社前にアルバイトを行い、そうした業務知識を働きながら学んでいる人もいます。
研修・勉強会についてはこちら

画像5

プランナー職:G2 Studiosのプランナーの仕事はどういった内容ですか?

Dobashi:
「企画を実行まで導く」ために必要な業務は全てプランナーの仕事だと考えています。各職種とのスケジュール調整、スキルやレベルデザイン、ゲームのキャラクターの動きや画面の仕様の作成など、企画以外にも沢山の仕事があります。
ちなみに、採用サイトには各職種のメンバーのインタビューを掲載しています。そちらを読んでいただくと、より弊社の雰囲気や仕事がわかると思いますのでご覧ください!
ディレクター社員のインタビューはこちら

画像4

デザイナー職:どういった内容のポートフォリオを提出すればいいですか?

Dobashi:
弊社のデザイナーはUXを意識した画面デザイン制作が中心のため、イラストだけのポートフォリオよりは、アイコンやUIデザインがあればスキルを測りやすいと考えています。複数のジャンルやテイストが盛り込まれたポートフォリオですと、よりスキルの幅を見ることができるので歓迎しています。
デザイナー社員のインタビューはこちら

採用サイトには社員のインタビューなどを掲載しておりますので、G2 Studiosについてもっと知りたいかたは是非採用サイトをご覧ください。


画像6


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios株式会社の公式note。「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供するべく挑戦し続けています。 https://g2-studios.net/