edimart/株式会社エディマート

「編集」の力で、「伝えたい」想いを形にするプロダクション・エディマートのnoteです。ナレッジを共有する学びのプラットフォームとして、エディマートのスタッフに向けたオープンな社内報として、この場所を活用していきます。

edimart/株式会社エディマート

「編集」の力で、「伝えたい」想いを形にするプロダクション・エディマートのnoteです。ナレッジを共有する学びのプラットフォームとして、エディマートのスタッフに向けたオープンな社内報として、この場所を活用していきます。

マガジン

  • ♯エディマートメンバーの記事

    • 10本
  • ♯ライターのスキルUPまとめ

    ライターのスキルUPにつながる記事をまとめています!

  • ♯ライターのキャリア形成まとめ

    ライターのキャリア形成に関する記事をまとめています!

最近の記事

仕事の量も質もアップ。ライター必見!マルチタスクのメリットとコツ

こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 今回は、なぜライターが「マルチタスク」を身に着けるべきか、また修得するためのコツを、僭越ながらまとめてみたいと思います。 何度か書いていますが、私はフリーランスのライター経験を経て、編集者、そして編集プロダクションの代表になりました。 ざっと20年。 自身の経験をふまえて強く推したいスキルが、「マルチタスク」です。ライターのみなさんは苦手としている方も多いのではないでしょうか。私もそんな一人でしたので、ぜひお読みくださいね。 1

スキ
23
    • 【インタビュー記事+動画】連動コンテンツ制作のベストなチーム体制は?

      こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 今期に入ってインタビュー記事のセットとして、動画コンテンツの制作をご相談いただくことが多くなってきました。「どんなチーム体制がベストかな…」と、いろいろ探ってみましたので、ノウハウとしてシェアしたいと思います! 1.インタビュー記事+動画の現場体制1回のインタビューで記事+動画を制作する場合、現場では以下のチーム体制が一般的だと思います。 A.ライター+スチールカメラマン+ムービーカメラマン 役割ごとに人をアサインする体

      スキ
      5
      • [募集]エディマートと協業してくれる外部ライターさんを探しています

        こんにちは。エディnote!編集部です。 エディマートでは現在、取材・執筆のお仕事を委託できる外部ライターさんを募集しています。 「とにかくライターさんが足りない!」という状況ではないのですが、会社としての課題や展望をクリアにしていくため、新たなライターさんを探すことにしました。今回の記事では、そのあたりの背景も踏まえて書いていきたいと思います。 1.外部ライターさん募集の目的まず、今回の外部ライターさん募集の目的を説明します。 ★ライターさんの“固定化”を解消するため

        スキ
        62
        • [制作〜納品編]漏れたら大問題!ライターが最低限押さえるべき「セキュリティ」について

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 メールやチャットツール、オンライン会議でのやりとりが一般的になり、誰もが情報をキャッチしやすくなったとともに、誰もが漏えいする危険をはらむようになりました。 とくにライターは仕事の特性から、貴重な情報にふれることが多いため、セキュリティ意識を高めるのは、もはや喫緊の課題と言えるでしょう。 前回の記事では、受注から取材にかけて情報を守るために気を付けたい項目をおさらいしました。この記事では、執筆から納品、さらには納品後にも注意すべ

          スキ
          11

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ♯エディマートメンバーの記事
          edimart/株式会社エディマート 他
        • ♯ライターのスキルUPまとめ
          edimart/株式会社エディマート
        • ♯ライターのキャリア形成まとめ
          edimart/株式会社エディマート

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          [受注〜取材編]漏れたら大問題!ライターが最低限押さえるべき「セキュリティ」について

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 ライターは仕事の特性から、公開前の情報をキャッチしたり、インタビュイーの私的な情報にふれたりすることが少なくありません。 それら貴重な情報について、近年はメールやチャットツール、オンライン会議で共有されることがあるため、取り扱いに十分気を付けなければ、情報漏えいの危険をはらみます。 そこで、令和を生きるライターが最低限押さえておきたい「セキュリティ」について、2回に分けてご紹介します。 「個人情報保護は大手企業の問題でしょ?」

          スキ
          59

          社内勉強会を“効率化”するために導入した「ツール」と「仕組み」をシェア

          こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 今期より「社員の成長」をさらに後押しするべく、社内勉強会のリニューアルを実施しました。新たな仕組みで運用すること1ヶ月。なかなか良い感じで回っていると感じますので、刷新した「ツール」と「仕組み」についてシェアしたいと思います。 1.社内勉強会に関する悩みまず、当社が前期までに抱えていた社内勉強会に対する状況を整理しますね。 ・不定期&不確実な勉強会 「年間計画を立てて…」「週に1回は必ず開催して…」という考え自体がありま

          スキ
          16

          地方都市のコンテンツ制作会社は、なぜ、どうやってDXを進めたのか?

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 2021年9月にデジタル庁が発足し、政府主導で企業のDX化を進めていますよね。ついこの前まで「大企業先行の取り組み」と思っていたのですが、その波はあっという間に、当社を含む中小企業までやってきました。 この「あっという間に波が押し寄せる」感覚、SDGsに近いと思いませんか? 取り組まないと、社会に取り残されるような焦り。 一方で、取り組むことで、ビジネスチャンスが広がるような期待。 よくわかります。当社がまさにそうでしたから。

          スキ
          15

          「サステナビリティページ」のテキストコンテンツで重要な5つの視点

          こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 昨年あたりから、「サステナビリティページ」の新設・リニューアルに関するご相談をいただく機会が増えてきました。 “持続可能”な社会を実現するために、環境問題・社会問題に対してどのような目標を掲げ、実際にどのような活動を行なっているのか。集客、投資、ブランディングなど、あらゆる価値に影響を与える重要なコンテンツかと思います。 当社でご依頼をお受けするプロジェクトは、大きく分けるとこの2つのパターン。 今回は上記のプロジェクト

          スキ
          31

          ライター必見!編集力アップにつながる「乱読」のススメ

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 フリーのライターを経て編プロの経営者となった私が、自らの経験から体感した「こうしたら、仕事が増えた!」について、僭越ながら記事にまとめさせていただいています。 以前の記事で、ライターとして長く生きていくためには「編集力」を身につけておくことが重要だ​​と書きました。今回は編集力を高めるためのメソッドの一つ、「乱読」についてご紹介します。 「乱読」といっても、何でも読めばいいわけではありません。この記事では、「どんな本を読むべきか

          スキ
          41

          エディマートのポートフォリオ ― 2022年上半期Ver. ―

          こんにちは!エディnote!編集部です。 2022年4月を迎え、エディマートは第17期に突入しました! 今期も多くの出会いを期待し、はじめましての方向けに当社のお仕事実績をご紹介させていただきたいと思います。 HPで公開している「サポート事例」から、代表的な案件をいくつかご案内させていただきますね! ↓本記事で紹介している実績以外も公開しております 1.エディマートのお仕事領域は?実績をご案内する前に、エディマートのお仕事領域について紹介させていただきます。 上記が

          スキ
          15

          “原稿修正”に対する適切なマインドセットの組み方。

          こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 突然ですが、原稿修正に心を揺さぶられてはいませんか? 意図せぬ修正指示をいただいた際の、ライターあるあるかと思います。 うろ覚えですが『3月のライオン』という将棋のマンガで、「かけた時間の分だけ負けるとくやしいので、進めば進む程くやしくなる」というシーンがありましたが、まさにそれ。 一生懸命書いた原稿であればあるほど、意図に反する修正指示を受けるとかなり心を揺さぶられますよね。修正=負けという訳ではないですが。 一方で、

          スキ
          12

          仕事を増やしたいライターは、立ち止まって仕事を選ぼう

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 フリーのライターを経て編プロの経営者となった私が、自らの経験から体感した「こうしたら、仕事が増えた!」について、僭越ながら記事にまとめさせていただいています。 ライターといえば文章力が問われがちですが、私はそれ以上に「人間力」「適応力」「編集力」が必要だと思っています。 今回の記事では「適応力」を高めるためのメソッド、「仕事を選ぶ」ことについてまとめてみます。 1.ライターは何にでも適応すればいいわけではないどのような状況下で

          スキ
          50

          ライターさんへお仕事を発注するときに気をつけていること。

          こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 私は編集のお仕事に関わってもうすぐ10年近くになりますが、たまに「ライターさんから上がってきた原稿が意図とズレてた〜」と焦っている後輩を見かけます。 もちろん私もそんな経験は山ほどありますし、額に汗をにじませながら徹夜で修正した覚えも何度か…。そのたびに若き堀田は、「なぜ、オーダー通りの原稿を書いてくれないんだ!」とプンプンしていました。 いま考えると、そのときのライターさんは決して悪くないんですね。 反省すべきは、お仕

          スキ
          51

          ライターの社会性が、単価アップに欠かせない理由

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 フリーのライターを経て、編プロの経営者となった私が、自ら経験から体感した「こうしたら、仕事が増えた!」について、僭越ながら記事にまとめさせていただいています。 以前の記事で、ライターには「人間力」が必要であり、その第一歩が「身だしなみを整えること」だと書きました。 今回は、大きな意味では身だしなみも含まれる「社会性」について。私の実体験として、ライターが社会性を身につけ、磨いていくことで、受注する仕事の単価は上がると考えています

          スキ
          37

          [ライターIT攻略]その納品方法は正しいか、正しくないかを考える

          こんにちは!エディnote!編集部の堀田です。 ライターさんから「ITツールについていけているか不安」と相談を受けたことからはじまりました、「ライター向け[IT攻略]note」の記事。今回は第2回目となります。 今回のテーマは「データ共有ツール」。 データ共有ツールと言っても「?」となるかもしれませんので、お話しさせていただくことを以下の2点に絞りたいと思います。 ポイントは「トンマナ」と「セキュリティ」です。 それではいってみましょう! 1.テキストデータの作成

          スキ
          10

          ライターに必要な真の「センス」とは?ミーハーになることから始めてみよう。

          こんにちは。エディマート代表の鬼頭です。 フリーのライターを経て編プロの経営者となった私が、自らの経験から体感した「こうしたら、仕事が増えた!」について、僭越ながら記事にまとめさせていただいています。 今回は「適応力」にひもづく、センスの磨き方について。 以前の記事で、ひとつの業界・お客様・案件に固執することは、ライターとして生きていく上で、リスクが高いと書きました。 リスク回避のために「適応力」が必要だと考えていますが、センスを磨くとはどういうことでしょうか。 簡

          スキ
          26