見出し画像

コーチ・マミータについて(ごあいさつ)

こんにちは。イギリス在住16年、「オトナ女性の人生を輝かせる」コーチ・マミータ(マクギネス真美)です。

まだこのnoteで自己紹介をしていなかったので、今日はあらためてごあいさつをさせていただきますね。

私、コーチ・マミータは、コーチングを通じて、人生100年時代に生きるアラフォー以降の女性たちが「人生の後半戦(第2の人生)に生きがいをもち、楽しくワクワクと毎日を生き、充実した人生を送る」ためのお手伝いをしています。

●これまで素晴らしいキャリアを築き上げてきのに、40代、50代になって、この先、何をしたいのか目標を見失ってしまった。
●育児や介護で家族のために尽くしてきて、気づいたら自分がいったい何をやりたいのかわからなくなってしまった。
●海外に住み、日本に住む友人からはうらやましがられても、実際の自分は毎日の生活をするだけで一苦労。仕事もできず、友人も少なく、毎日が無駄に過ぎていく焦りを感じる。
●年金がもらえるかどうかもわからない、将来が限りなく不安なのにどうしていいかわからない。

こうした、女性たちのどこにもぶつけられないもどかしさ、苦しみ、不安、孤独の声をこれまでたくさん聴いてきました。

そういう思いを抱えて自問自答し、堂々巡りをしてしまって、出口がないと思っていた方たちとセッションをすることで、

●毎朝起きるのが楽しみだと思える仕事を見つけて、満足のいく収入を得ること。
●新たな夢を見出し、それに向かって前進し、充実した毎日を送ること。
●今のままの自分で素晴らしいと気づき、人と比べることなく、自分自身を肯定し、自信を取り戻すこと。
●家族やパートナー、子どもとの関係が良好になって、幸せを実感できるようになること。

をサポートさせていただいています。

どの人の人生も素晴らしい

「第2の人生」を歩む女性たちをコーチングで応援する私は、これまで26年間、日本とイギリスで、編集者/ライターとして1200人以上の方がたをインタビューしたり、さまざまなジャンルのプロフェッショナルな方たちと一緒に仕事をしてきました。その中で、世間的にどんなに有名だったり、成功している方でも、表には見えない苦しみや悲しみ、困難を経験していることを何度も目にし、耳にしてきました。そして、そういう方たちから仕事以外でも話を聞いてほしいと言われることが何度もありました。

具体的にどうしたらよいかというアドバイスをしたわけではありません。家族や友人にも話せないプライベートな話を私が真剣に聞き、時折、相槌を打ちながら質問をするくらい。それでも、どの方も私に話しをする中で、自分で気持ちの整理をつけたり、新しい決断をしたりということができるようでした。

自分がコーチングに出会って気づいたのは、コーチという仕事は、自分が編集者/ライターとしてこれまでやってきたことにとても近いということでした。コーチングのセッションの中で、クライアントの方の話を伺うと、どの方もさまざまな経験や思いがあり、素晴らしい人生を生きているということを実感します。
 ただ、ご本人がその素晴らしさに気づいていなかったり、自信をなくしてしまっていたり。その上、頭の中が真っ白だったり、逆にいろんなことがグルグル渦巻いてどうしていいかわからなくなっていたりするために、身動きが取れなくなってしまっているのです。
 そういう方たちが、セッションを通じて、まずは自分に向き合い、自分の喜びや夢、人生の目的を見つけること。そして、その夢に向かって行動できるようになること、自分の人生が素晴らしいものだと気づけるようにお手伝いすることが私の仕事です。そして、その方の素晴らしい人生の伴走者となれたことが、コーチとしての何よりの喜びです。

コーチ・マミータとは

今はそうやって、第2の人生を精一杯生きようとするクライアントさんのサポートをさせていただいている私ですが、ここまで歩いてきた道は決して平坦ではありませんでした。
 新卒時に雑誌編集者を目指すものの、出版社の就職試験にことごとく不合格。100社を超える出版社不採用通知を経て、ようやく憧れの雑誌編集者になれたのは26歳のとき。
 大好きな雑誌の編集で、多くの作家、アーティスト、華道家、フラワーデザイナー、俳優、映画監督といった各界著名人の方々のインタビューをしただけでなく、歌人俵万智さんの書籍の編集をしたりと、クリエイティブな世界にどっぷりと浸った日々を送りました。
 仕事は大好きでしたが、体と心を壊し退職。大好きだった雑誌編集者の仕事をやめたあと、かねてからボランティアをやりたいと思っていたことから海外青年協力隊に応募したものの、あえなく不合格。

その後、英語もほとんど話せないのにイギリスにやって来て、いつまでたっても英語ができるようにならない悔しさと、孤独に落ち込んで泣いた日々がありました。
 ぎこちない英語でフリーランスの編集者&ライターとして仕事を始めたものの、経済的には夫に頼っていて、自分への自信をなくしていた時期がありました。
 高齢出産で授かった双子の育児に疲れ果て、ベッドでゆっくり眠った記憶がなく、お化粧をすることもなく、シャワーを3日間浴びることすらできないような毎日がありました。

 真っ暗闇の底に落ち込むこと、人生で最低の状態に至ることを英語で ‘ Hit rock bottom’ と表現しますが、まさにわたしはその状態でした。
 自分が何をしたいのかもわからない、心も体も疲れ果てて、晩御飯のメニューについて考える気力も、ベッドから起きだす体力すらもなくて、このまま消えてしまいたい、と思いました。夜寝るときには、もうこのまま朝が来なければよいのに、と思っていました。2014年のことです。

そしてある日、常に疲れていてふらふらな状態のせいか、無意識のうちに電気ケトルをガスコンロの火にかけてしまいました。ケトルの底のプラスティックが溶け出して、どす黒い煙が立ち、キッチン中に悪臭がたちこめました。そのとき、「もうこんな状態ではいられない!」私の中で、誰かが叫びました。どん底まで落ち込んだもうひとりの私が、とうとう叫び声をあげたのです。

コーチングのおかげで目標に向かって走り出せた

それから私は、体を動かすこと、メディテーションをすることなど、毎日、小さなことから始めていきました。  
 また、自己成長のためのさまざまなセッションを受けたり、自分でも勉強したりしました。セミナーに出かけたり、ビデオを見たり、ポッドキャストを聞いたりもしました。自己変容のための本も、日本語・英語に関わらずたくさん読みました。

そうやって、少しずつ変化が起こっていた自分に、目標に向かうための加速度をつけてくれたのがコーチングでした。コーチングを受けたことで、それまで自分ひとりでは考えられなかったこと(考えようとしなかったこと)を、コーチの問いかけをきっかけに、目を背けずに深く考えられるようになりました。

始まったばかりの「第2の人生」に生きがいを見つけることができました。

何より、毎朝ベッドからなかなか起き上がれなかったのに、行動を始めたことで自分自身が変わり、毎日が楽しくなりました

子どもや夫とも毎日笑顔で暮らせるようになりました。

久しぶりに会った友人からは「なんだか雰囲気が変わったね。生き生きして楽しそう。」と言われるようになりました。

決して、ー日で劇的に何かが変わったのではありません。でも、コーチとの対話を通じ、自分について問いかけ、掘り下げて考えることで、それまで自分なりに勉強したり、学んできたことが実感として体と心に染み込んできました。そうすると、真っ白で空っぽで、何もないと思っていた自分に、人生の目標が見つかったのです。

その目標に向かって一歩ずつ行動することができるようになったのです。

そして、なんと、朝起きるのが楽しみで仕方なくなったのです! 

徐々に、でも確実に、コーチングで自分が変わっていくのがわかりました。

そして、さらに新しいことを学び、日本やイギリスだけでなく、世界各地に新しい友人を作ることもできました。毎日、やりたいことがいっぱいで、それまで長い間忘れていた「ワクワク」を思い出しました。

真っ暗闇の中にいた自分からは想像もできない世界に出会うことができたのです。

人生100年時代、後半戦こそ好きなことだけやって生きる

わたしたちが生きている現代は、人生100年時代と言われています。もう、かつてのように、最初に就職した会社で定年まで勤め上げるのが当たり前という時代ではなくなりました。

出産や育児で一旦仕事を離れても、子育てが一段落したあとに、まだまだ人生は続きます。

40代、50代になっても、おしゃれもしたいし、パートナーや恋人と楽しい時間を過ごしたい。世の中に貢献もしたい。

「もう人生も後半だから」とあきらめるのではなく、「後半は前半以上に楽しく、充実した毎日を送りたい。」「仕事だって、遊びだって、勉強だって、思い切り満喫したい。」「年金なんてあてにできないし、将来への経済的余裕も得ておきたい。」
 きっと、あなたも、そんなふうに考えているのではないでしょうか。

でも、いったいどこから始めたらいいのか、何をしたらいいのか。

日々の生活に追われ、もしかしたら、あなたも、以前の私のように、今は頭の中が真っ白かもしれません。

でも、じっくりと考えて、自分に向き合えば、必ず、体の中が熱くなってくるような「ワクワク」したものがきっと見つかります。それは、どんな人にも必ず。かつては朝が来るのが怖いから夜眠りにつきたくないと思っていた私でも、コーチングに出会ったおかげで、今は朝が来るのが待ち遠しいのですから。
 
あなたにも、同じようにワクワクを感じてほしい。なぜなら、あなたの人生は誰のものでもない、あなただけのものだから。人生の前半は仕事や家族に尽くしてきたのなら、後半は自分の好きなことを思いきりやって、人生を生ききってみませんか。

まずはあなた自身がハッピーになることを目指しましょう。
そして、あなたがハッピーになれば、あなたの家族や友人、周りのみんなにもハッピーが波及していくはずです。

あなたがハッピーになるため、私が全力でサポートいたします。

*在宅勤務の問題を解決したい方のためのコーチング・プログラム「ハッピー・リモートワーク」では、イギリス在住のライフコーチ、マミータが、あなたがリモート・ワークを快適にできるように、徹底的にサポートします。プログラムの詳細はこちらをご覧ください。

*コーチ・マミータのプロフィール
マクギネス真美
同志社大学文学部 美学芸術学専攻卒業。
編集者として、多くの著名人へのインタビューをはじめ、
各業界トップクラスのプロフェッショナルの方々と仕事をする。 
2003年渡英。イギリスを拠点にフリーランスの編集者・ライター・レポーターとして、書籍の企画&コーディネイト、ガイドブックの執筆、
雑誌や各種ウエブ・マガジンへの寄稿、ラジオ番組への出演に携わる。
朝日新聞デジタル連載コラム『ロンドンジャーナル』http://bit.ly/vypqlp 。
英国ニュースダイジェスト連載コラム『英国の口福を探して』bit.ly/1HwMXNu を4年半に渡って連載しているイギリス料理&菓子研究家でもある。
現在はコーチとして、「問題解決、自分軸の発見、目標の実現」をサポートする「ビスポーク・コーチング」を行なっている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、記事内で使用させていただいた写真クリエイターの方、note内の他のクリエイターの方へのサポートとして、バトンを渡させていただきます😍

うれしいです。ありがとうございます😊
24
イギリス在住のコーチです。26年間、編集者とライターを続けながら、今は「完全ビスポーク」のコーチングも行なっています。自分の本当にやりたいことを見つけたい方、どうしても叶えたい夢があるという方、コーチ・マミータと一緒に、望んでいる未来を叶えましょう!

この記事が入っているマガジン

noteクリエイターさんの「自己紹介」を順次まとめます
noteクリエイターさんの「自己紹介」を順次まとめます
  • 448本

クリエイターさんがどんな人か知ってフォローしたい!そんな時に過去をさかのぼって探すのは大変!私がまとめていきます!!(笑) クリエイターさんも意識する場合、タグを追加して頂けるともっとどんな人かが解るんだけどな~。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。