魔女達のユーモラスな物語

オペラ楽団「墓の魚」に登場する200人の魔女一人一人のユーモアと風刺あふれる物語を描いていきます。 「墓の魚」公式サイト http://site-1295095-2445-4622.mystrikingly.com/

魔女コルタ・エル・バカラオ(鱈切り)

テーブルの上に、腐った南極イバラガニの死体が置かれている。 コルタは思う。 移民の連中が喰う様な蟹だ。 あの連中は自分達の事を魔女(ブルハ)などとは言わない。 暴力男…

魔女ドマンドルクス・ド・ラ・パリュ2

絵を二度クリックすると、拡大して読める様です。 スペイン・オペラ楽団「墓の魚」 http://site-1295095-2445-4622.mystrikin

魔女カルタ

■■■あるドイツのサバトでの会話■■■ **グローデンフェルト神父** 娘よ。 お前のその目の玉。 入れたり、出したり、 取り外しがきくとはな。 そんな器用な事、何処で…

ある大罪人の独白(前狂言)

永年の中で培われてきた遷移の遺産を、 あるいは人間の愛そのもの、 ある程度、ご都合の主義のものも、 竜舌蘭の名が示す様な真実のやつも、 そこから得る酒も含めてだが、…

ある南米の独裁者

海は、煉獄の深淵まで続く巨大な聖堂だ!! そこでは厳格なミサが毎夜、繰り返される。 ただ単調に。 奉献に始まり、 途中の「暗闇の朗読」(ルソン・ド・テネブレ)、 終焉の…

魔女マリー・ド・アスティコット(蛆虫のマリー)

■マリー・ド・アスティコット(蛆虫のマリー) フランス出身 ジャンは、とても人から愛される日雇い耕作人(ジョナリエ)だった。 持っている財産は馬小屋の様な家と、 ニン…