魔女ガラパタ
見出し画像

魔女ガラパタ

魔女達のユーモラスな物語

■南フランス出身。
ガラパタ、あるいはガラパダと呼ばれる魔女。
彼女には以下の話が伝えられている。

ガラパタは植物に関するまじないを得意とする魔女だったが、
多くの同じ門徒の者達が自然と調和し、
人間と距離を置く魔女達であったのに対して、
彼女は人間社会に積極的に関わり、人を愛する故に、
人に害を為す事に自然の知恵の全てを捧げる魔女であった。
人々は、彼女を邪悪な魔女として恐れ、
ガラパタは人々を愛しい対象として求めた。
大量のドクニンジンが彼女の悪事、
すなわち悪業(マレフィカ)の為に使われ、
沢山の善人達が彼女に酷い目に遭わされたのだった。
例えばジャン・ド・ラ・ヴォルドという名士は、
彼女の住む小さな田舎町に訪れた時に、
彼女によって、森の日陰に生える
紫色のサトイモをビールに入れられ、
口から大量の針を吐き出す羽目になり、三日間苦しんだ
(彼はそれ以来、二度とこの町に来る事が無くなったので、
これは村にとっては大損害となった)。

ところが、彼女にとっては、
それが人々と交流する唯一の手段だったものの、
村人達は彼女を、ただ厄介者として憎む事しかなかった。
近隣の羊飼いの魔女ド・ラ・パリュの様に、
人間達に時として知恵を貸し、愛される事も無かったし、
邪悪ではあったが、ディエゴ先生の様に、
社会的地位によって、敬まわれる事もなかった。
それがガラパタには、日々の余計な悲しみを募らせるのだった。

画像1


やがて、ガラパタも歳を取り、
往年の元気も無くなっていたある時、
彼女の家に、たまたま魔王が夜勤明けで、寝床を借りに来ていた。
彼女は魔王に言った。
「おお、魔王よ!!
私も、もうおしまいだ。
いよいよ死が近づいているという訳だよ!!
それこそペロの様に不死の魔女というわけじゃないし。」
そこで魔王は言った。
「何か、言いたい事があるのかね?」
ガラパタは答えた。
「あるとも!!
思えば昔、私は父を愛していたが、
父は私を愛してくれなかった。
私は、父に愛される為にはどうしたらいいか、
朝晩、色々考えたものだが、結局わからなかった。
ある日、父がいつもの様に、私を殺そうと、
私の首を絞めたので、私はドクウツギの汁をかけて父を殺した。
自分で調合した自分だけの毒で、父を殺した時、
私には、それが愛なのだと感じたのだ。
それが私が世界を愛する方法だとわかったのだ。
だが、それが私の愛だったのだとしても、
誰かに愛される方法ではなかったのかもしれない。
例えば教会の連中みたいな善人共にさ。
ああ!!魔王よ!!
歳をとるというのはそういう事だ!!」
魔王は、本来はここで悪い事を言うべきだったのだが、
つい彼女に同情してしまい(眠かったのだ)、本心で言ってしまった。
「その糞親父にかけた毒が、
地獄の炎だったら良かったのになぁ」
彼女は続けて魔王に聞いた。
「魔王よ、お前は悪の元締めかもしれないが、
時として真実も言うのだろう?
そして何でも多くの事を知っているじゃないか!!
だから教えておくれ。
人を愛するという事は、どういう事をすればいいのか?
私は、自分の人生をかけてもわからなかったその答えが知りたいのだよ!!」
魔王は答えた。
「お前は何も間違っていない。
真実の多くは、お前達には役に立たないのだよ。
そういうものなのだ。
人間達というものは、赤いニンジンを愛するのではなく、
赤い様に見えるニンジンを愛するだけなんでな。」
それでも魔女は魔王に言った。
「それでもお前は真実を知っているのだろう?
教えてくれ!! 死にゆく年寄りの後生だと思って!!」
そこで魔王は根負けして言った(眠かったのだ)。
「ならば、アルビの山岳地帯に生えている
ある種の図々しいマムシグサ(アルム)を二、三房だけ摘み取り、
それを村の湿地帯に埋めるがいい。
それがお前が行える真実の善行というものだ。」

早速、彼女は魔王の言うとおりに、アルビの山に行き、
図々しいマムシグサを二、三房だけ採ってきて、
自分の村の湿地帯に埋めた。
ところが、そのマムシグサは、あっという間に湿地中に広がり、
他の植物達を皆、枯らしてしまった。
その枯れた植物達の中には、村人達にとって
貴重な薬草も、食卓の香草も含まれていたし、
中にはそのまま絶滅してしまった哀れな草もあったので、
村人達は、ガラパタの悪業を口々に責め、罵った。
誰もが彼女を憎み、恐ろしい魔女の仕業だと軽蔑した。
だが、その時にはもうガラパタは、人々の声が聞こえる状態ではなかった。あらゆる冒涜や、都合のいい善意や、偽りの届かない
真実の眠りに就こうとしていたのだ。

やがて100年後に世界中に疫病が流行り、
[アルビの山にだけ生えている、ある種の図々しいマムシグサが
その病に効く特効薬だ]という事を突き止めた人々は
(図々しいからこそ、疫病に効くのだ!!)、
アルビの山に向かったが、
その山のマムシグサ達は、大きな土砂崩れで、
全て枯れてしまっていた。
しかし、やがて人々は、そこから離れた小さな村の湿地帯に、
沢山の図々しいマムシグサが生えている事に気づいた。
そのマムシグサは多くの人々の命を救い、
教会の男達は、[正しい行いをしている善人の為に
神が起こした奇跡だ!!]と喜んだ。
誰も、それが邪悪な魔女の善行だとは気づかなかった。
善人達は、邪悪な魔女ガラパタの墓に唾を吐き、
神の奇跡を讃えた。




スペイン・オペラ楽団「墓の魚」
http://site-1295095-2445-4622.mystrikingly.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
魔女達のユーモラスな物語
オペラ楽団「墓の魚」に登場する200人の魔女一人一人のユーモアと風刺あふれる物語を描いていきます。 「墓の魚」公式サイト http://site-1295095-2445-4622.mystrikingly.com/