情弱ビジネスを徹底研究して分かった、低学歴が人生を逆転するための効率が良い方法と長期戦略
見出し画像

情弱ビジネスを徹底研究して分かった、低学歴が人生を逆転するための効率が良い方法と長期戦略

暴露大学

日本社会の仕組みにおいて、一部の難関大学を卒業した主に高齢の男性と比較して、そうではないFランク大学卒や、高卒・専門卒の低学歴人材は、何かと不利な状況に置かれ損をする立ち回りになることが非常に多いです。

そこでそんな一部の人々がおいしいところを独占している状況を逆転するための方法のうち、確実性と効率性が高い方法を紹介します。

想定している主なプロフィールは

学歴:難関大学(旧帝・早慶以上の大学)卒業ではない
職歴:正社員の経験が無い
スキル:特殊なスキルもない
年齢:20代・30代・40代

を想定しています。高卒・Fラン卒・専門卒・フリーター・ニート・新卒派遣社員辺りはすべて含まれます。

例えば以下のような方です。

Fランク大学を卒業して、正社員に全く採用されず、新卒で派遣社員とフリーターを継続。気が付いたら30代になっていた方

専門学校に通っていたが、芽が出ず借金だけが残り、これといったスキルもなく、フリーターで食いつなぎながらアニメを書いていたが、気付いたら29歳に。

高卒で子会社で働いているけど、年下の大卒にいびられて毎日ストレスがたまる方。

等など。この方法はかなり再現性が高いです。現状の日本の社会の仕組みから言っても誰でも始められます。

継続していけば高い確率で「人生逆転」が出来ます。

そして暴露大学でひたすら紹介してきている情弱ビジネス・ワナビービジネスをうまく避ける方法です。

それらの情弱ビジネスに引っ掛かってしまった人でも、挽回が出来る方法です。さて行きましょう。

以下の記事と対になっています以下の方法が大変だった方にもおすすめの方法です。

日本社会の仕組み

世の中は、逆転が難しい仕組みになっています。特にエスタブリッシュという確立された業界では猶更です。これは日本社会ではどこで規定されているかというと、日本の大学の学部卒の偏差値で主に規定されています。そしてそれは東大や京大をはじめとする旧帝大と、早稲田・慶應を主とする難関私立大学が上位を固めています。

そして発展して成熟して、歴史が長い業界になると、この傾向が強くなります。商社や銀行が代表的な例です。

また、日本の現状の制度では、大企業の親会社正社員がおいしいところをすべて持っていく仕組みになっています。

経団連の役員のような

高学歴
新卒大企業入社
高齢
男性

をすべて満たす人物が世の中のおいしいところを全て占めているのが現状です。


そして人生を逆転したい!と考えている方々の多くは、子会社や非正規雇用でしょう。そして正社員同士や大企業同士は転職が容易ですが、非正規社員は正社員に転職することが極めて難しくなります。たとえ同じことをやっていても大企業正社員は得をして、非正規派遣社員は搾取され続け損をします。

そして前者は資産運用でさらに資産を増やし、後者は日雇いの日銭を稼ぐのが一苦労。差は開く一方です。最近よく言われている各社社会の仕組みそのものです。

以上が、現状の日本社会の大まかな仕組みです。人生を逆転をするには、上記の仕組みをしっかりと捉えて有利に立ち回ることになります。

この続きをみるには

この続き: 3,167文字

情弱ビジネスを徹底研究して分かった、低学歴が人生を逆転するための効率が良い方法と長期戦略

暴露大学

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
真実の世界へようこそ。
暴露大学
不都合な真実を暴露するアカウント。情弱ビジネスや費用対効果を追求。「頭のいい人の常識」である、表立っては語られないタブーを暴き、真実と本音を代弁して公開。東大。海外Ph.D.。銀行・コンサル・国内外で複数起業。※一部フィクションを含みます。https://bakuro.page/