転職の思考法

「転職の思考法」から実践すること

#転職の思考法
著者:北野唯我さん

感じたことと実践すること

▼感じたこと
—————————
転職には、自分の判断基準が必要。 #転職した後に読んだよ

▼実践すること
—————————
・市場価値を取りに行く(3つの掛け算)
技術資産: 他の会社でも通用する技術の蓄積
人的資産:自分だから動いてくれる人の数
業界の生産性: 1人当たりの粗利=給料の原資 #経験と人を勝たせることは大事
#

もっとみる

PPT プレゼンテーション - 心得

今回はややGeneralな内容であるが、事業会社・プロフェッショナルファームともによく作成するであろう、Powerpointによるプレゼンテーション資料について。

プレゼン資料は基本的にクライアントや、事業会社であれば社内の報告向けに作成することが多いであろう。

プロフェッショナルファームでは社内でプレゼンテーション資料のフォーマットが決まっており、それに従って資料を作成していくが、スライド1

もっとみる
ありがとうございます!
2

【要点トピック】転職の思考法

転職の啓発本に書かれていることはたいてい似てくるのですが、本書の特徴は、転職者側だけでなく、企業側の思惑を細かく記述している点です。

転職を考えるのであれば、読んでおいて損はない知識が書かれています。

以下、私が本から学んだことのトピックです。

年齢ごとの面接時の戦略

日本の(日本に限らずだとは思いますが)転職市場は、「年齢」をまず面談の評価指標として見られることが多いです。

いや、年齢

もっとみる
あなたは今日ステキな日になります。

【エージェントが明かす転職の思考法②】市場価値は自分でコントロールできる

シルバーウィークも終わり、2020年もあと3ヶ月ちょっととなりましたね。今年の初めにはnoteのアカウントも持っておらず、Twitterのフォロワーも300人以下だったので、そこから考えると色々と変化があったなとしみじみ思いますm(_ _)m

さて第一回は「徹底的な自己理解」というテーマで、自分の強み/弱みを分解し、アウトサイドインではなくインサイドアウトの転職活動を、という話をさせていただきま

もっとみる

転職の思考法⑤ 「やりたいこと」を無理に探さなくていい

「転職の思考法」に関するnoteを毎日書いてきましたが、今回で最後になります。

最後は転職というイベントだけでなく、人生を考える上でも役立つ「生き方」に関する話。私個人的にはこの話を読み、自分の考え方が大きく変わりました。

▼▼▼

□無理に働く必要のない未来

現代は生活するためのコストがどんどん下がっています。

ネットフリックスやYouTubeがあれば面白い映像は見放題、ユニクロで質の良

もっとみる
あなたの「いいね」から元気をもらっています😁
12

転職の思考法④ 転職エージェントに任せっぱなしは危険かも

転職が普通になっている世の中、数多くの転職エージェントサービスが存在しています。そしてそのほとんどが無料で利用できます。

でも、無料の転職エージェントに頼りっぱなしは非常に危険!

その理由について、まとめていこうと思います。

▼▼▼

□転職エージェントのビジネスモデル

そもそもですが、転職エージェントのビジネスモデルを押さえておきます。

転職エージェントは、成果報酬型であることがほとん

もっとみる
本当に励みになります。ありがとうございます😊
9

転職で年収を上げたかったら先ず読むべき記事

読んでいただきありがとうございます。

転職案内人の「よぉすけ」です。

この記事は
なかなか年収が上がらず
ツラい想いをしている
管理部門の方に向けて
書いています。

同じ会社で働いていると
気がつかないものですが、
世の中の会社には、
同じ仕事をしていても
大きな給与格差があります。

同じ仕事内容でも
数百万円の差、
同じ能力・スキルを持っていても
数百万円の差、

これらは同じ会社にいる

もっとみる

転職の思考法③ 伸びる市場からベストな企業を決める方法

前回のnoteでは、伸びる市場を見つける方法について書きました。でも、伸びる市場の中といっても企業は無数に存在します。どの企業を選べば良いのでしょうか?

▼▼▼

□伸びる市場の中からベストを決める方法

転職サイトをみると世の中には無数の求人情報があります。
見ているだけで1日が潰れてしまうほどです。結局分からなくなり、転職アドバイザーに話を聞き、言われるがままに受けてみるという人が多いのでは

もっとみる
本当に励みになります。ありがとうございます😊
6

転職先が「オーナー社長」の場合には気をつけよう!

企業にはご存知の通り、様々なタイプの経営者がいます。

創業者・雇われ社長・若手社長・プレイングマネージャー

仕事をしていると色々な社長さんにお会いする事があります。

これは転職先でも一緒です。

その中でも特に「オーナー社長」は人柄や内面によって善悪が紙一重の存在なので、要注意です。

ただ、オーナー社長はスピード感やリーダーシップなど、他の企業よりも格段に優れている場合があり、人によっては

もっとみる
これからも是非お読みくださいね✳︎
2

40代の転職に必要な「スキル」って一体なに?

転職サイトや転職のニュースなどのコメントでよく言われている、「40代の転職にはスキルが必要」という言葉があります。

「40代 転職 スキル」などと検索すると多くの記事が出てきます。

そしてその「スキル」という単語が我々に「40代の転職はハードルが高い」と思わせてしまうのです。

では一体その「スキル」とは何なのでしょうか。

「スキル」から「経験」に言葉を入れ替えて考える

スキルと一言に言っ

もっとみる
これからも是非お読みくださいね✳︎
3