ミカミアカネ

青森県板柳町でりんご作りを始めて3年目。美味しいりんごをお届けするだけでなく、りんごの…

ミカミアカネ

青森県板柳町でりんご作りを始めて3年目。美味しいりんごをお届けするだけでなく、りんごの可能性を探求し、りんごを通して様々な魅力あるモノ・コトを発信します。https://akanesasu15.com/https://www.facebook.com/akanesasu15/

マガジン

  • りんごの知恵袋

    りんごに関する色んな知識をご紹介。

  • レシピ・グルメ

    料理好きの私が作る、りんごを使った料理やお菓子などをご紹介。 また今まで食べた美味しいりんごグルメもご紹介します。

  • 農ある暮らしの風景

    農家で生まれ育った私が感じる、豊かな暮らしのようすをご紹介。

  • もののはなし

    りんごからつながるモノの話。

  • 栽培日記(〜2023.5.31)

    りんご園での日々の作業について書いています。2023.6.1からは公式Facebookで更新します!https://www.facebook.com/akanesasu15/

最近の記事

  • 固定された記事

【お知らせ】noteの投稿内容を変えます!

私の拙い文章を読んでくださり、りんご情報を楽しみにしてくださっている皆様にお知らせです。6/1からnoteに投稿する記事の内容を変えます! 今までは『栽培日記』『農ある暮らしの風景』『レシピ・グルメ』『りんごの知恵袋』『もののはなし』の5つのマガジンに分類してそれぞれ投稿して来ましたが、 6/1からは『栽培日記』を茜さす果実の公式Facebookで更新することにしました。 現在主にFacebookとnoteでりんご情報をお伝えしていて、私も試行錯誤しながらの情報発信です。

    • いろんなものに入ってる

      先日、NHKの番組『あしたが変わるトリセツショー』でりんごが特集されていまして、その中で面白い内容があったので紹介します。 スーパーで"りんご"を探せ! 番組では大型スーパーで、原材料表示に「りんご」がある商品を調査。すると600品目以上に「りんご」が含まれていました!生のりんごはもちろん、お菓子やジュースなどは想像しやすいですが、焼き肉のタレやマヨネーズなどの調味料にカップ麺、シャンプーや歯磨き粉にも表示があります。 原材料表示の中で特に気になったのが「リンゴ酸」という

      • 【レシピ】りんごの韓国風サラダ

        りんごを野菜と同じように使ってみるのはいかがでしょう? 今回は春菊やキムチと一緒にした韓国風サラダを紹介します。 材料と作り方 ・りんご   1/2個 (今回は"サンふじ"を使用) ・春菊    1/2束 ・キムチ   100g Aごま油    大さじ1 A醤油     小さじ1 Aいり白ごま  大さじ1/2 ・韓国海苔  お好みで (焼きのりでもOK) ・塩コショウ お好みで 1.りんごは4等分にくし切りにして、さらに3~5mm厚にいちょう切りする。  塩水に1分ほど

        • 褐斑病のこと

          りんごに関する病気で、今年度いちばん目立っていた「褐斑病」について今回は紹介します。 褐斑病とは 空気中に飛散する菌に感染して、葉や果実に黒い斑点がつくのが特徴です。 5~6月が一次感染、8~9月が二次感染の時期になっていて、約2ヶ月の潜伏期間があります。秋の葉とりやつる回しの作業をしているとよく発見します。 今年度は夏の猛暑と雨の少なさで防除の効き目タイミングがずれてしまったようで、青森県産には多く発生しているみたいです。 軽度の病斑だと油性ペンでチョンッとつけたよう

        • 固定された記事

        【お知らせ】noteの投稿内容を変えます!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • りんごの知恵袋
          ミカミアカネ
        • レシピ・グルメ
          ミカミアカネ
        • 農ある暮らしの風景
          ミカミアカネ
        • もののはなし
          ミカミアカネ
        • 栽培日記(〜2023.5.31)
          ミカミアカネ

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          振り返れば未来

          農業の知識は実践経験だけでなく、農業関係の本や雑誌などを読んで学ぶことも大切だと私は思っています。 最近読んだ、山下惣一さんの『振り返れば未来』という本がとても心に響いたので紹介します。 山下惣一さんについて 山下さんは佐賀県唐津市で米やみかんを栽培する"百姓"として長年農業と向き合ってきました。 日々の農作業を営む一方で作家としても活躍し、『海鳴り』で第13回日本農民文学賞を受賞。『野に誌す』『いま、村は大ゆれ。』など農民の視点から農村や農業のありようを多数記しました。

          振り返れば未来

          嬉しい投稿

          noteを始めてから色んな人の投稿を読むようになりました。気になるワードで検索したり、自分に合う内容のおすすめ記事をチェックしてみたりと楽しんでいます。 様々な記事を読んでいるなかで私がつい嬉しくなったものがあったので、今回はそちらをご紹介したいです。 まずはQuu&Fuuさんの『朝からフルーツを食べるという偉人の話』。 毎朝フルーツを食べているという友人の話から、1週間の朝ごはんフルーツに挑戦しています。投稿の中で私が胸打たれたが↓の一文。 ここを読んで、「そう!そう

          冬の柑橘しごと

          冬の果物といえばみかんを思い浮かべる方も多いと思います。 りんご農家といえど冬はみかんも食べますし、なんならりんごと交換にみかんが箱で届きます。 私は以前からお知り合いの、岡山県にある倉敷ひらまつ農園さんから今年も柑橘セットを購入しました🍊 みかんはそのまま食べてもちろん美味しいのですが、今年は中身を食べたあとの皮も活用できないかと考え、「みかんの皮ピール」に挑戦。 皮を熱湯でゆでて砂糖煮にし、オーブンで低温乾燥させました。結果は見事成功! その「みかんの皮ピール」とレ

          冬の柑橘しごと

          新しい一年

          明けましておめでとうございます。これを書いているのは2024年1月3日、三が日最終日です。 年末から天気がよく雪が少なくていい正月だねぇなんて話をしていたら、1日の能登半島の地震に2日の羽田空港事故と少し気持ちが落ちてしまう出来事が続いています。これから穏やかな一年になることを祈るばかりです。 さて、年末年始といえども農家の仕事はできるのでちょっとだけですが手をつけました。まずは令和5年分の収支計算に確定申告用の資料作り。12/31に締め会計をしました。今回から青色申告をす

          【レシピ】りんごdeモツ煮

          年末が近づいてきて、お酒を飲む機会が増える時期になりますね。 今回は酒のアテにもなる「モツ煮」をりんごを使ってアレンジします。 材料と作り方 ・白モツ   200g (ボイルしてあるもの) A りんご   小1個 A 醤油    大さじ2 A 酒     大さじ1 A しょうが  1片分 (すりおろし、チューブでも可) A ニンニク  1片分 (すりおろし、チューブでも可) ・サラダ油  適量 ・長ネギ   お好みで 1.りんごは皮ごとすりおろす。飾り用の長ネギは小口切

          【レシピ】りんごdeモツ煮

          クリスマスには...

          あともう少しすればクリスマスがやってきます。 ところで、クリスマスと果物と聞いて何を思い浮かべますか?大半の方はケーキに乗っているいちごを想像するかと思います。 しかし、りんごもクリスマスと深い関係があるんです! 青森県りんご対策協議会が、クリスマスとりんごにまつわる色々なトピックスをHPで紹介しています。 クリスマス発祥の国であるドイツではツリーの祖先ともいわれる「クリスマスピラミッド」なるものがあり、それはりんごの実や枝を使ったものなんだそうです。 また中世のドイツの

          クリスマスには...

          産直で出会うりんご

          青森県内、特に津軽地方の道の駅や産直ではこの時期りんごがたくさん販売されています。見つけるとついつい気になるもので、食べたことがない品種があると「これも研究のうち」と購入。りんごオタクっぷりを発揮しています。 板柳町のふるさとセンターにある産直はりんごだらけ!その中でも未食の国光・サン北斗・印度・こうみつを発見したのでゲット。 昔主流だった品種はもうなかなか出会えません。これが今の主力品種のもとになったのかと感慨深く食べました。一方で最新品種も並んでたりするので時代がよく感

          産直で出会うりんご

          【体験レポ】りんごクッキー作りに行ってきた

          今回は板柳町のふるさとセンターで、アップルファイバー入りクッキーの体験をしてきました! アップルファイバーとはりんごの絞りカスを乾燥させたもので、ふるさとセンターで製造・販売しているりんごジュースの副産物です。廃棄せずにまた使う、エコなクッキーなのです。 クッキー作りは昔からやっていて私は小学生ぶりの体験。今回はいとことその娘ちゃんと一緒に3人で作りに行きました。 体験者はまず生地をもんで柔らかくし、ボール状にしたらめん棒で薄く伸ばしていきます。厚さは3ミリくらいを目指し

          【体験レポ】りんごクッキー作りに行ってきた

          りんごの木を植えた男

          世界で3番目に多くりんごを栽培している国はアメリカです。そんなアメリカで、りんごの木を植える旅をし続けた人物がいるのを知っていますか? その名はジョン・チャップマン、「ジョニー・アップルシード」と呼ばれています。アメリカでは彼の功績が評価されていて、絵本にもなっています。 今回はその絵本からジョニー・アップルシードについて紹介します。 あらすじ マサチューセッツ州で生まれたジョニーは23歳の時に、りんごの種の袋を背負い『自然の教えの本』を持って旅に出ました。 服はボロボ

          りんごの木を植えた男

          梨が芋になった

          りんご作りでお世話になっている先輩農家さんに、10月中旬にとれた赤梨をおすそわけしたらお礼としてさつま芋をもらいました。 「シルクスイート」という今やねっとり系の代表格ともいえる品種。 家庭菜園で育てたんだそう。 さつま芋は常温で1ヵ月以上おいておくと、デンプンが糖分に変化して美味しくなるらしい。 ということで熟成させ、11月下旬から解禁です。 シンプルに焼き芋もいいですが、今回は初めて干しいもを作ってみました。 ふかし芋をスライスし、オーブンを使い低温で1時間半ほど乾燥

          梨が芋になった

          シードル飲み比べ会

          以前記事で紹介した、弘前市でシードルを作っている中山夫妻にご協力いただいてシードルの飲み比べ会を行いました! ↓中山夫妻とシードルについてはこちら 私自身は、シードルは何種類か試したことがありましたが一度に色んな銘柄を飲むのは初めて。「味わいの違いを知ってほしい」と中山夫妻が4銘柄+ノンアルコールシードル1銘柄をセレクトしてくださいました。 シードルには〈スイート〉〈ドライ〉という区分がだいたいの銘柄であるのですが、同じドライでも香りや酸味の具合、飲んだ後の余韻など違い

          シードル飲み比べ会

          【レシピ】りんごと紅茶のレイヤーブレッド

          りんごを使ったパンを作りたくて、そしたら紅茶を生地に入れてみたら美味しそうだなと思いつきました。くるみも加えて私が好きな秋っぽい組み合わせに🍁 材料と作り方(パウンドケーキ型1台分) ・強力粉     150g ・スキムミルク  6g ・ティーバッグ  2個 (中身の茶葉を出しておく) ・砂糖      15g ・ドライイースト 1.5g ・全卵      30g ・無塩バター   15g ・塩       2g ・ぬるま湯    70ml ☆・りんご   中1個 (8等

          【レシピ】りんごと紅茶のレイヤーブレッド