山本恵亮 @キャリアコンサルタント

キャリア形成の相談 https://yanee.jp/ (Yanee Inc 代表)と 人材仲介 https://www.antelope.co.jp/ (アンテロープ 取締役)をやっています。主に仕事やキャリアをテーマに記事をUPします。1級キャリアコンサルティング技能士。

山本恵亮 @キャリアコンサルタント

キャリア形成の相談 https://yanee.jp/ (Yanee Inc 代表)と 人材仲介 https://www.antelope.co.jp/ (アンテロープ 取締役)をやっています。主に仕事やキャリアをテーマに記事をUPします。1級キャリアコンサルティング技能士。

    マガジン

    • めずらしい転職の事例集

      転職などで自分の仕事を大きく変えた人々の事例集です。 どんな思いでキャリア・チェンジをしたのか。どうやって年収が上がる仕事を見つけたのか。なぜ、収入が下がるのにその仕事を選んだのか。生々しいお話を紹介します。尚、個人が特定されないように氏名と会社名は仮称で内容をサニタイズしています。

    • キャリア・デザインの道具箱

      自らのキャリアをデザインする為のツール集です。働きがいを持てる仕事を見つける為に必要なことは、自己分析と仕事研究です。 その為に必要なマニュアルやワークブック、アセスメントなどのツールを掲載しています。

    最近の記事

    どれだけ稼いで、何を手に入れたいのか。どんな貢献をしたいのか?

    10年後に成功している自分を想像してみると どんな姿をイメージ出来るでしょうか? どんな仕事を誰とどこでしているのか、 どんな家に住んでどう暮らしているのか、 休日は何をやって楽しんでいるのか、 友人はあなたをどんな人だと言っているのか、 そして、自分はどんな感情を抱いているのか。 10年後にタイムスリップした気分で、 未来の自分をリアルに想像してみましょう。 そして見えてきた姿をノートにでも 書き出してみると自分のビジョンが見えてくる かも知れません。 それにワクワクし

    スキ
    2
      • 40歳までに転職すべきか?

        40歳を目前にして、あるいは、40前後で、 自分のキャリアに悩んでいる人はいませんか? アラフォーの悩みは複雑ですので、 自分ですら何が悩みの源なのか分からないけど、 40歳を過ぎたら転職が出来ないだろうから、 転職を考えるなら今かなぁ、、、との 悩みは生じがちですよね。 誰しも40前後でキャリアに悩むもの アラフォーはキャリアにとても悩む時期です。 30代も半ばを過ぎると多くの人々が、 40歳までに転職をすべきか? このままで良いのだろうか? と悩み始めます。 私が

        スキ
        25
        • 流行の鮨屋に来ている客はどんな職業の人々か~妄想職業分析(笑)~

          最近はレストランの食事の価格がとても 上がってきていますね。 特に都内では派手に価格が上昇しています。 で、私は仕事などで高めのレストランへ行くと 他のお客さんを観察してどんな職業の人々か 想像するのが好きなんです。 (5月に妻と贅沢ランチをした時にも、 そんなコラムに書いています:  10年前と今、ぜいたくランチ客層の違いから感じる職の多様化) 今、稼いでいる職業の人々がどんな人か、 想像するのです。 まぁ、職業病ですね(笑) ある高級鮨屋の客層 先日グルメな先輩に

          スキ
          2
          • 年収300万円から500万円以上にするのは面接テクニックで達成可能

            転職で年収を上げたいのは皆が思うことですが、 会社を移るタイミングで年収が大きくUPする ことは中々ありませんよね。 私がエージェントとして転職市場を見てきて 転職時の年収UPは現状維持から10%程が一般的で ポテンシャル採用(未経験の職種での採用)だと 下がることは珍しくありません。 (尚、私がご支援をさせて頂いた方々の場合、 転職後5年で平均3倍以上になっています) ただし、例えば現年収が300万円前後で、 500万円位に上げたい場合は、 面接のテクニックで実現可能な

            スキ
            23

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • めずらしい転職の事例集
            山本恵亮 @キャリアコンサルタント
          • キャリア・デザインの道具箱
            山本恵亮 @キャリアコンサルタント

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            人をほめて育てる時に必要なコツ

            「てめー、仕事遅いんだから、 徹夜して終わらせろよ。」 ・・・と上司に詰められて、 それに食らいついて仕事をして、 2,3年後には一人前に成長していた。 こんな働き方が10年くらい前までの プロをOJTで育成する一般的な方法でしたね。 コンサルでも、金融でも、スキルが必要な 専門職の世界ではこんな感じでした。 今だと、この様なことを言われる職場は、 ブラックだと言われてしまうでしょう。 ほめて育てる時の難しさ では今はどうやって新人を育てるのかと言えば、 「褒めて育てる

            スキ
            7

            転職のOB/OG訪問:希望する仕事の経験者に話を聞くときは、どう質問すれば良いか?

            転職活動では、応募や面接の前に、 その仕事内容を理解をしておくことは必須です。 仕事への理解が浅いと、面接で志望動機を 問われても明確に答えることが出来ません。 私の実務を通じての印象では、 面接での不合格理由のトップ3の1つが 「志望動機が不明確」というものです。 でも、そう言われても、やったことが無い仕事の 内容を正確に理解することは難しいですよね。 やってみないと分からない、と言いたいところでしょう。 その仕事をやっている人に話を聞く まず、興味ある仕事を理解する

            スキ
            6

            自分のキャリアを輝かせる為に必要な2つのコンピテンシーとは何か?

            成功する人々のコンピテンシー(行動特性)は、 目標設定してその実現に向けて合理的に行動する ということは良く聞きますよね。 ハーバード大学の卒業生を追跡調査したら、 学生の時に具体的な目標を立てていた人々は 10年後、他の人々の10倍の資産を築いていた …とか(すみません。適当に述べています)、 そんな感じのエピソードはあちこちに溢れています。 成果を上げる人のコンピテンシー 確かに、その傾向はあると思います。 私が転職のお手伝いをしてきた人々のうち、 仕事で自己実現を

            スキ
            5

            年収5000万円を超える人と、1500万円で止まる人の違い~転職時の考え方~

            35歳までの収入で、 年収1000万円~1500万円の人々と 5000万円超の人々とでは、 自分のキャリア観にどんな違いがあるのでしょうか? 今回は転職活動を行う時の考え方にフォーカスして述べます。 35歳までに1500万円に達するものの・・・まず、30歳で年収1000万円、35歳で1500万円 という年収水準を達成出来るのは、 会社員だとどんな職業でしょうか? 国内大手企業の場合 先に例外的なことを述べますと、 外資の金融やコンサル、ITなどの専門職で、 グローバルの

            スキ
            19

            自分にとっての成功とは?~人生のパーパスとビジョン~

            「あなたは何をやりたいのですか?」と問われて、 明確な回答は出来るでしょうか? 転職の面接では必ず問われることですし、 そもそも自分がやりたいことや、 実現したいことをイメージ出来ていなければ、 目的を持たずに行きあたりばったりで 流されて過ごすことになってしまいます。 自分がやりたいことを分かっている、つまり、 「自分の仕事を通じて何を生み出したいのか?」 「その結果、どんな気持ちになりたいのか?」 との問いに答えを持っているということは、 言い方を変えると、 何が自分に

            スキ
            6

            自ら地方創生する町の人々の働きざま(西伊豆 戸田)

            夏になると家族で西伊豆の戸田(へだ)という 小さな海の町に行くことが多くて、 今年は2年ぶりに伺いました。 伊豆半島も西側(駿河湾側)は観光客が少なく 大きなホテルは無くてレトロな雰囲気です。 寂れゆく古き良き町? そのレトロ感が懐かしい感じで良いのですが、 年々寂れていっているように見えるのです。 オーシャンビューの廃墟のビル(元ホテル)や 2年前までは営業していたお店が閉店(残念!)、 更地になった住宅跡地などがあちこちにあります。 とても美しいビーチ(御浜海水浴場

            スキ
            7

            後悔が無い人生にする為に自分の人生を見直す方法

            週末に日帰りで親戚のお葬式に出席する為に 故郷の京都に帰ってきました。 私にとっては幼い頃からお世話になった方との お別れの場であったのですが、 親族以外にも集まってきた懐かしい人々が 沢山いました。 そんな人々を見ながら、将来自分が死んだ時には 私のお葬式にどんな人達が、どんな思いを持って 集まってくれるのかなぁ、、、と ぼぉーと考えていました。 ビジュアライゼーションで未来を想像 これ、キャリアデザインのコーチングで 時々使われるビジュアライゼーションの ワークです

            スキ
            4

            年収を上げる為にはどうすれば良いのか?

            人材仲介の仕事をしていると一般的な日系企業と 高賃金の外資系企業などとの年収格差の拡大を実感します。 なまなましい例を述べると、 ある大手製造業の部長(50代)の年収が 約900万円であったのに対して、 某外資証券の新卒1年目が年俸950万円+賞与で 合計1300万円程でした。 名門国内企業の部長なのに、業界は違うものの、 新卒採用のジュニア・スタッフよりも低い年収に なっていますね。 他には、ある国内大手証券の部長が1600万円に対し、 外資大手証券のVP(課長)が50

            スキ
            24

            最近1年が過ぎるのが早いと感じたら、新しいことをやろう。

            近ごろ時間が過ぎるのが早くなってきたと感じることは無いでしょうか? 忙しくしていたら1日が過ぎるのが早いということはありますが、ここで言いたいのは熱中していたらあっという間に時間が過ぎたということではなくて、「1カ月があっと言う間だった」とか、「1年が過ぎるのが年々早くなっている」という感覚です。 私の印象では30代位から徐々にその様な感覚が増えてきて、40代になると1年が4,5カ月くらいの体感時間になってくる印象です。例えば、ある友達と会ってから2,3年経過した位だと“つ

            スキ
            2

            30歳までに転職すべきか

            転職マーケットには色々な都市伝説があります。 その中に「〇〇歳、転職限界説」との説が まことしやかに語り継がれています。 (30歳、35歳、40歳・転職限界説など) 30歳を超えると求人が激減する? で、今回は「30歳までに転職すべきか?」です。 20代のうちに転職活動をした方が転職先を 見つけやすいと思う人は多いでしょう。 それが高じて30代になってしまうと、 転職先が無くなるのではないか… と言う不安が生じるのも理解出来ます。 また、求人サイトや転職エージェントも

            スキ
            14

            心配するよりも信頼して見守る

            この原稿を書いているのは日曜日の朝@ファミレス で中学生の息子と一緒にいます。 息子が初の期末テストを控えていてテスト勉強を したいとのことで朝7時からファミレスです。 やれと言うだけマイナス 今回のコラムは何を書こうかなーと思って 目の前で数学の勉強をしている息子を見ていると “珍しく”熱心に勉強しているのに気づきましたw 息子はマイペースな男で、試験前でも勉強は のんびりやるタイプのはずです。 本人が自ら希望して中学受験をしましたが、 試験の数週間前でもYouTub

            スキ
            3

            自分の仕事には、お金以外に喜びがあるか?

            何の為に仕事をするのかと言うと、 まずはお金を稼ぐ為ですね。 でも、稼ぐことだけを考えていたら、 仕事が上手くいかないのはなぜでしょうか? 稼ぐことは取引 お金を稼ぐ為には商品やサービスを提供して 利用者からお金を頂きます。 モノやサービスとお金を交換する取引です。 会社員であれば、個人と法人の間の取引であり、 自分の労働力を提供してお金を得ています。 それが資本主義の世界でお金を稼ぐことであり、 我々が日々携わっている仕事です。 しかし、自分が稼ぐこと、儲けることだ

            スキ
            9