山奥プロダクション

「国立奥多摩美術館」という企画から派生。美術作家が有する様々なクリエイティビティを、社会に対し発信すべく発足したプロダクション。2021年公開を目指して、和田昌宏の映画『Songs For My Son』製作中。 http://songsformysonmovie.com

山奥プロダクション

「国立奥多摩美術館」という企画から派生。美術作家が有する様々なクリエイティビティを、社会に対し発信すべく発足したプロダクション。2021年公開を目指して、和田昌宏の映画『Songs For My Son』製作中。 http://songsformysonmovie.com

    マガジン

    最近の記事

    和田昌宏の映画 『Songs For My Son』制作日誌 vol. 2022年4月1日 (投稿者:助監督・佐塚真啓) --------------------------------------

    和田昌宏の映画 『Songs For My Son』制作日誌 vol. 2022年4月1日 (投稿者:助監督・佐塚真啓) -------------------------------------- 【国立奥多摩美術館、展覧会やります!】 - - こんにちは、 ご無沙汰しております。春ですね! なんだか、コロナとか戦争とか。 地震があったり、富士山の噴火が心配だし。 ガソリンや木材など、色々な物価の上昇。 世界中がバタバタとしている そんな中ではありますが、 国立奥多摩美

    スキ
    3
      • 『Songs For My Son』制作日誌 vol. 2022年3月1日 (投稿者:助監督・佐塚真啓)

        和田昌宏の映画 『Songs For My Son』制作日誌 vol. 2022年3月1日 (投稿者:助監督・佐塚真啓) -------------------------------------- 2022年2月24日、ロシアがウクライナ攻撃開始 。 テレビニュースでの色々な報道をみていて、 ロシアが何を考えているのかわからないと思った。 というよりも報道を見ていると、 ウラジーミル・プーチンという個人が やりたくてやっている、という印象をうける。 一国の大統領とはいえ、

        スキ
        3
        • 『Songs For My Son』制作日誌 vol.64 2022年2月10日 投稿者:周山祐未

          あっという間に2月ですね! 2022年最初の1月は、山を思いっきり駆け上っていたと思ったら、思い切り坂を滑ったような日々でした。というのも、たくさんの方々のご協力を得ながら進めていた展覧会『Imabari Landscapes 身近にアートがある暮らし ~ 出発編 ~』を、オミクロンの状況を鑑みて、延期するに至ったからです。開催1週間前に、急展開している状況を棚卸して、最終的に延期を決めました。それからしばらくは、それまで準備に奔走していたある種の緊張の糸が切れるような感覚

          スキ
          5
          • 『Songs For My Son』制作日誌 vol.64 2022年2月1日 投稿者:佐塚真啓

            和田昌宏の映画『Songs For My Son』制作日誌 vol.64 2022年2月1日(投稿者:助監督・佐塚真啓) -------------------------------------- あっというまに年が明けて、 1ヶ月が過ぎて、 2月ですね、 本当ならば僕は1月24~2月3日まで、 四国愛媛県の今治に行っているはずでした。 しかし、コロナのオミクロン株の急拡大で延期になりました。 急に東京都で感染者数が1万人を超えたり、 もう誰がかかってしまってい

            スキ
            5

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_10月号
            山奥プロダクション
            ¥500
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_9月号
            山奥プロダクション
            ¥500
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_8月号
            山奥プロダクション
            ¥500
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_7月号
            山奥プロダクション
            ¥500
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_5月号
            山奥プロダクション
            ¥500
          • 映画『Songs For My Son』制作日誌_6月号
            山奥プロダクション
            ¥500

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            『Songs For My Son』制作日誌 vol. 63 2022年1月20日 投稿者:和田昌宏

            こんにちは。和田です。 まだまだ寒い日が続きますが、先日うちの小さな庭先を見てみると、以前何も生えていなかったところに、小さな笹が生えてきているのに気が付き、春は着実に近づいてきているのだなあと感じました。また新しい年度が始まる。季節は残酷にもどんどんと進んで行きますねえ。なんだかこの時期に新年を祝う春節旧正月にもっともらしさを感じました。 さて、編集は相変わらずチビチビと進んでいるのですが、最近は(前からですが、、、)色々な人に映画の進みはどうですか?と会うたびに聞かれ

            スキ
            2

            『Songs For My Son』制作日誌 vol. 62 2022年1月10日 投稿者:周山祐未

            2022年ですね。実は年女の周山です。 皆さん、年末年始はゆっくり過ごせましたか?私は2021年の振り返りがまだできていないのが心残りですが、年明け1泊2日で高松にプチ旅に行けたのが幸せでした。ちなみに旅先では、な夕書さん(予約制の古本屋)や、サンリンシャさん(雑貨屋)にお邪魔したのですが、最近は身近な街、例えば、高松、松山、広島、丸亀などに会いたい人が増えてきたことが嬉しい今日この頃です。 2021年は私にとって変化の多い1年でしたが、終わってみてると結果オーライの1年

            スキ
            3

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.61 2022年1月1日 投稿者:佐塚真啓

            あけましておめでとうございます! なんだかバタバタとした年末、年越しでした。 というのも今、家の屋根を自分で修理しようと試みていて、 2021年12月から、現在進行形で作業をしています。 もうボロボロの我が家。 家を手に入れた経緯については、 以下リンクにて。 - https://note.com/satsuka_masahiro/n/nc0750e4eadf2 - そして、 ずっと気になり続けていた雨漏り。 何社かの屋根業者に見積もりをお願いしたところ

            スキ
            3

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.60 2021年12月20日 投稿者:和田昌宏

            12月ももう後半になり、いつもなら街角や、やる気のある家々のイルミネーションがキラキラ眩しくて、「もうクリスマス、そして新しい年が明けるなあ~、早いな~」なんて少し感傷的な気分になったりする季節なのですが、コロナ禍の為か、編集作業で家に籠っていることが多いせいなのか、ただ歳をとってしまったからなのか、なんだか去年も今年も感傷的でソワソワするような年末の気分がいつもの50パーセントぐらいしか感じれないことに気付いた今日この頃です。 皆さんはいかがですか?   相変わらず編

            スキ
            4

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.59 2021年12月10日 投稿者:周山祐未

            こんばんわ、周山です! 12月中頃にも関わらず、随分暖かい日々が続いていますね。こちらのnoteは映画「Songs For My Son」の制作日誌のはずなのですが、かれこれ数週間、和田さんとは連絡を取っていません。連絡がないことは元気な証拠と言いますね。なので最近はもっぱら、例の餃子屋さんのインスタ投稿を見て「和田さん、今週は餃子作ってるのね」と確認している感じです。って、映画編集の進捗状況、そろそろ教えて欲しいものですね! さてここ1ヶ月は、新しい出会いが多い月でした

            スキ
            5

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.58 2021年12月1日 投稿者:佐塚真啓

            -------------------------------------- こんにちは佐塚です。 もう12月ですね!今年もあと少し。 あっという間だな~という感じを 多くの人が抱いていると思います。 僕もなんだか、今年を振り返る時間が増えています。 といいつつも、まずは11月を振り返りますね。 -- 11月 1日:中之条ビエンナーレに行って酒井さんとトーク。 https://www.youtube.com/watch?v=eoL_wwoA_-I 2日:中之条ビエンナーレを見

            スキ
            3

            #38_最近の撮影の進捗_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.38 2021年5月10日 投稿者:プロデューサー・周山祐未 みなさま、おはようございます! 「緊急事態」が延長され、私が住んでいる愛媛県も引き続き「蔓延防止」の解除が解けない日々です。最近18時になると屋外放送が流れ、自粛を求めるアナウンスが家の中まで聞こえてくるのですが、その様子がまるで漫画「20世紀少年」の世界観ムンムンです。 さて、山奥プロダクションの近況報告をさせてください!! 5/8(土)の夜、約3ヶ月

            スキ
            2

            #37_クラウドファンディングが無事終了しました_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.37 2021年5月1日 投稿者:助監督・佐塚真啓 こんにちは。5月ですね! これまたまず、 和田映画と全く関係のない話なのですが・・、 4月1日の制作日誌 vol. 34 でもお伝えさせていただいた、 僕のクラウドファンディング、昨日終了し、 おかげさまで目標を達成する事ができました。 これを読んでくださっている方の中でも ご支援してくださった方がいらっしゃいましたら、 本当にありがとうございました! そんな感じで先

            スキ
            2

            #36_陶芸の穴窯_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.36 2021年4月20日 投稿者:監督・和田昌宏 こんにちは、和田です。 2021年5月からの映画撮影で陶芸の穴窯を使用したシーンを撮影するために、栃木県益子市にある窯に、先日佐塚くんとロケハンに行ってきました。 元々はうめちゃんという、奥多摩美術館の初期メンバーで、今は益子で陶芸をやっている作家の窯を借りる予定で昨年から動いていたのですが、うめちゃんが焼くタイミングと映画撮影の日程が合わず、うめちゃんに誰か撮影さ

            スキ
            2

            #35_松山のイベント_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.35 2021年4月10日 投稿者:プロデューサー・周山祐未 こんばんは。周山です。 つい一ヶ月前くらいに、武井さんという方と仲良くなりました。武井さんは肩の力が抜けまくりな不思議な方で、人と人を繋ぐことが長けている人です。今回の制作日誌では彼に誘われて一緒に愛媛県松山市で4月に開催した〔揺れるノアート〕というイベントで感じたことをツラツラと書きたいと思います。 武井さんは、6年ほど前から松山にて浮雲書店という古本屋

            スキ
            4

            #34_クラウドファンディングをスタートしました_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.34 2021年4月1日 投稿者:助監督・佐塚真啓 こんにちは。 4月になって、すっかり春! 庭のチューリップも咲きました!黄色! ----- さてさっそく、 和田さんの映画とは、 まったく何にも全然関係のない 告知を1つさせてください。 今日から、 私、佐塚真啓が7年間ほど描き貯めた作品をまとめた、 絵本『風の穴を解く』を出版するための クラウドファンディングをスタートしました! - サイト:CAMPFIRE(キャン

            スキ
            5

            #33_恒例行事_2021年公開映画『Songs For My Son』制作日誌

            『Songs For My Son』制作日誌 vol.33 2021年3月20日 投稿者:監督・和田昌宏 今日は。 少し前までは乾燥した空気が続いていましたが、気が付くと最近一気に暖かくなってきましたね。 少し前にはアトリエとして使用している国立奥多摩美術館のすぐ近くでも、焚き火から飛び火した火の粉によって山火事騒動が起こり、ニュースにもなっていました。 幸い栃木の山火事のような大事にはならずに鎮火できたみたいでホッとしましたが、今後映画の中でも撮影する予定のシーンで、山の

            スキ
            1