見出し画像

矢印株式会社を宜しくお願い致します|会社概要とサービスのご紹介

皆さま、初めまして。矢印株式会社の馬上朋広と申します。
2018年5月に創業したモノを販売しないことで客観性を担保した会社です。91年に商社マンから始まり、日系ICT企業、北米、英国、ベトナム企業でICT事業に従事しておりました。
事業の中心は、ICTセカンドオピニオン と 経営情報可視化ダッシュボード 、そしてそれらを付随サービスとして、オープンデータ ビックデータ 探索入手構築というサービスを提供しております。

ICTセカンドオピニオン|経営者向け

画像1

セカンドオピニオン。医療の現場ではお聞きになったことがあるのではないでしょうか。現在治療を受けている主治医とは別に、違う医療機関の医師に「二つ目の意見」を求める行為のことです。セカンドオピニオンを受けることで、担当医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じ診断や治療方針が説明された場合でも、病気に対する理解が深まることもあります。また、別の治療法が提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができます。

矢印株式会社は、経営者向け ICT版セカンドオピニオン サービスを提供しております。
 【経営層の不安】
  ① モノやサービスを販売している方々へ相談して不安ありませんか
  ② ICT製品やテクノロジーの言葉を理解できていますか
  ③ 自社でどう活用できそうか想像できますか
  ④ 解決できる選択肢をいくつ思い浮かべられますか
  ⑤ 担当者と会話が噛み合っていますか、正しく伝わっていますか
  ⑥ 担当者へ丸投げしていませんか
  ⑦ ICTベンダーから提出される提案書を理解できますか
  ⑧ 提案範囲や金額、導入期間に妥当性を感じていますか
  ⑨ 納得して決済していますか

経営に必要不可欠になったICTテクノロジー。日本では、経費削減のための効率化が主な検討理由の中心となっていましたが、インターネットの普及とデジタル顧客の急増の中、積極的にICTテクノロジーを活用し経営の中心に添える企業が増えてきています。そして、これら企業には、ICTベンダーやシステムインテグレーターと呼ばれる会社が並走し、大小さまざまな経営課題や業務課題の解決の為の提案活動をしてくれますが、関係が近かったり好過ぎたりすると「俯瞰」して判断できなくなり、言いたいコトが言えなかったり、知ったかぶりしてしまい、経営にダメージを与えてしまいます。
こんな時、「外部の人」へ任せてみては如何でしょうか。
  ● 経営課題と業務課題に対する俯瞰的な理解
  ● 広い選択肢
  ● 課題とICTの結びつけ
  ● ICTの最適な選択
  ● ベンダーとの会話、コントロール

 ICTセカンドオピニオン サービス では、以下の要件も承っております。
  ★ 補助金申請のアドバイス
  (弊社は、小規模事業者持続化補助金の3年連続採択された企業です)
  ★ 渉外(営業)時の契約交渉
  (代理店交渉など経営が深く関与する経営層同士で交渉が必要な場面)
  ★ 情報収集
  (企業視察、国内や海外の展示会への動向)

経営情報可視化ダッシュボード構築サービス

矢印note5

気付きと挑戦のため、パソコンの中に埋もれている数字や行政などのオープンデータを活用した経営を可視化するダッシュボードの構築サービスを提供しています。

ダッシュボード(英:Dashboard)とは、元々自動車においてスピードメーター、タコメーター、燃料計、距離計など、自動車の走行に必要な情報を表示する「計器盤」のことを指します。そこから転じて、会社の経営や運営状況を反映する様々な情報をまとめて表示する画面のことになります。

大きく経営環境が変わり始めた世界経済。もう元にはも出らない。
この変化をどう捉え自社を変えていくのか、多くの経営者が感じて多様な施策を打ち出してきています。この判断の軸にあるものは何でしょうか。
私も経営者の一人として、この軸を考える時に大切にしていることは、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」孫子の言葉です。ビジネス風に例えると、「自社の強みを理解し顧客を正しく理解する」と言い換えることもできると思います。この「理解」するとき、つまり意思決定する時に必要不可欠なのが「情報」です。貴社では 情報 を効果的に活用できていますか。

「自社の強みを理解」するために必要なのが、経営情報の可視化です。現時点での財務状況を複数年単位で、自社の強みと弱み、短長期で改善すべき経営課題、財務余力を可視化して「攻め」と「守り」施策の材料にします。

また「顧客を正しく知る」では、お客様像を具体的に想像できなければなりません。年齢、地域、趣味嗜好、家族構成、社会的地位など、一人の顧客に関してできるだけ多くの情報を入手できることが「想像」に繋ぐことができますが、これを俯瞰的に整理して理解しやすくするのが可視化です。
元々自社に蓄えられている、売上情報と顧客との関係性や実店舗とネット店舗の来場者、既存と新規顧客、顧客のプロファイリングなどの数字や文字データなどを掛け合わせて顕在顧客と潜在顧客を想定し、トライアンドエラーを繰り返しながら訴求することを実現します。

以上のように「自社の強みを理解し顧客を正しく理解する」できた後、もう一つ手を加えることにより、より納得感のある、妥当性のある材料を得ることができます。それは、オープンデータの活用です。
現在、各省庁や都道府県では多くの情報が公開されています。この中には、景気を判断する商品ごとの指数や金額、店舗施設などの地理的情報、人口分布や消費動向、企業の経営情報、防犯、気象情報などここでは書ききれない情報が溢れています。これらオープンデータを自社の可視化情報と見比べたり、掛け合わせたりすることで、新たに気づきに繋げられ一歩先の経営へ発展させることができます。

現在、矢印株式会社では、Executive Dashboard|企業概況 というExcelへ売上や利益などの財務三票(損益計算書、貸借計算書、キャッシュフロー計算書)情報を記入するだけで財務分析ができるサービスをご提供しております。これは、財務三票から ROA や ROE 、自己資本比率、売上高総利益率など50にもおよぶ経営指標を自動計算しチャート化(動くグラフ)します。また中小企業庁が年一回発表している「中小企業実態基本調査」の4年分の経営指標データとも比較することができ、自社の経営情報を客観的に知ることができるサービスです。会計士、税理士、経営コンサルタント、そして経営会議などでご活用できると思います。

デモサイト
自社の財務三票と中小企業庁の経営指標を重ねてご覧いただくことができます。メニューを選び直すとグラフが動きます。遊んでください。

様々な分野の架空の企業 6社4年分の財務データが登録され、51の経営指標全てをご覧いただけるようになっています。6社のうち1つを選ぶことで「グラフが動き」ます。
4年間の財務データを折れ線グラフで見ることで傾向を感じ取ることができるので、先手先手の改題解決や施策を打つことができると思います。
また中小企業庁から発表されている4年分の経営指標を「業界別」「業界別従業員別」で分けられた16の指標も登録されています。自社の財務データと比較しながら、自社の経営を振り返る切っ掛けになると思います。
Webページは、全部で7ページです。
 1P:概況&収益分析、比較シミュレーション
 2P:財務データ比較シミュレーション
 3P:効率性分析|7指標
 4P:生産性分析|10指標
 5P:安全性分析|6指標
 6P:成長性分析|9指標
 7P|損益分岐点分析、債務償還分析|7指標

★★ 解説ビデオ(制作中)★★

矢印note_概況&シミュレーション_1

矢印note_概況&シミュレーション_2

矢印note_概況&シミュレーション_3


情報可視化の代表例
  財務分析ダッシュボード
  経営ダッシュボード
  営業ダッシュボード
  販売管理ダッシュボード
  IoTダッシュボード
  生産管理ダッシュボード
  在庫分析ダッシュボード
  顧客分析ダッシュボード
  WebSNS分析ダッシュボード
  お天気ダッシュボード
  人流人口ダッシュボード

オープンデータ ビックデータ 探索入手構築サービス

矢印note6

経営者の皆様、士業の皆様
矢印株式会社では、事業活動強化や売上向上、収益性向上などに取り組む経営者へオープンデータを提供するサービスをご提供しています。
お客様の財務情報を基に、行政が保有している統計・公共情報に加え、TwitterやFacebookをはじめとするソーシャルメディア情報など、異なるデータセットからデータを取り組み、動くグラフであるチャートを作成し、気付きと発見をもたらす「財務情報ダッシュボード」を提供しております。
サービス内容
  ● オープンデータの探索、入手、グラフ化、チャート化
  ● BIツール(Power BI)への取り込みと構築
  ● 財務情報ダッシュボードの構築

オープンデータを活用するということは、経営者の強い目的意識と、経営財務をアドバイスする会計士、そして分析ツールを自在に操れるデータビジュアライザーの三拍子揃っていないと効果が出ません。
そこで矢印株式会社は、経営者と顧問契約されている会計士と歩調を合わせ並走しながら導入支援を行います。

デモサイト
自社の財務三票と中小企業庁の経営指標を重ねてご覧いただくことができます。メニューを選び直すとグラフが動きます。遊んでください。

オープンデータとは何でしょうか
公開しているのは、主に国や地方公共団体の行政であり民間事業者です。
ある目的で収集したデータではありますが、それらを用いることで、新しい事業やサービスの創出、地域経済の活性化などにつなげることを目的としています。

上記3つが矢印株式会社の中心的事業となっていますが、それら以外にもサービスをご用意しております。


企業内講師|伴走型セミナー|従業員向け

この「伴走型セミナー」とは、受講後も受講者や経営者へ寄り添いながら幅の広いコンテンツでサポートするプログラムです。また、受講後も受講されたコンテンツ以外の領域も含めたサポートをご用意しています。
営業同行のOJTをはじめICT・マーケティング・セキュリティ・テクノロジー・補助金と経験と実績からお応えするプログラムです。

矢印伴走型セミナー


yajirushi video crew service|広報部門向け

矢印ビデオクルーサービス

プロまでじゃないけどスマホでもない。ちょうどその中間ぐらいで奇麗に撮りたいと思ったことありませんか。

yajirushi video crew service では、ハイエンドの機材を用いながら気軽に写真や動画像を撮ることができます。しかし私達は、映像の世界で仕事していたわけではないのでプロのように任されても困ってしまいます。画像ソフトを駆使して編集することもできません。もし少し時間がかかっても撮り直しながら進めていけるならお手伝いができると思います。

今私達の日常の中に4K品質画像が溢れ始めています。また来年には、高速回線である5Gが整備されていきます。矢印は、ICTテクノロジーに強い企業ですが、高品質映像と高速回線の出会いは、私達の日常を大きく変えていくものと考えています。ビジネスもそうです。インターネット上の「文字でのコミュニケーション」は終わり、音声と映像を基にした事業サービスが台頭してくると思われます。Youtube、Twitter、Instagram、FacebookこれらSNSも変化するとともに消費者心理も変わっていくと思います。

コミュニケーションが変わる、これは大きな大きな変化であり、今までの常識が更新される時代に突入しました。矢印は、この変化に追従して最新のテクノロジーに触れながらお客様へ情報提供していく覚悟です。お世辞にも「映像を語れる」私達ではありませんが、そこそこ奇麗でご覧になった方が少し思い出になるような写真や映像が撮れたらと思っています。

サービス料金
基本的は、時間制で撮影枚数には制限(128GB 以内)はありません。撮ったデータ全て差し上げます。お見積もりいたしますのでお問い合わせください。

矢印note3

経歴

2016年  オフショア    ベトナムソフトウェア開発会社​
2014年  オープンソース  英国系ソフトウェア会社​
2005年  SIer        日系ソフトウェア開発会社​
2002年  ERP        米国系ソフトウェア開発会社​
1991年  商社         北米ICT担当

その他、加盟団体

内閣サイバーセキュリティセンターサイバーセキュリティ普及啓蒙企業
経済産業省 情報処理支援機関認定企業/Smart SME Supporter
神奈川県商工会連合会 小規模事業者支援強化事業コーディネーター
神奈川県生産性本部 トップマネージメントクラブ
藤沢商工会議所会員 文化サービス業部会
IoTビジネス共創ラボ会員 ビジネス/製造/分析部会
マイクロソフトパートナーネットワークメンバー
気象ビジネス推進コンソーシアム
LINE WORKS Ambassador|ワークスモバイル株式会社
鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会
社団法人日本テレワーク協会テレワーク推進フォーラム会員
テレワークICT協議会 働き方改革推進コンソーシアム会 AI分科会

参加プロジェクト

東京都オープンデータアイディアソンキャラバン2018
東京オリンピック 藤沢ビックウェーブ・アイディアソン2019

資格・修了

2019年 筑波大学エクステンションプログラム 季節予報 修了
2018年 Google アナリティクス個人認定コンサルタント(GAIQ)​
2018年 Google AdWords 動画広告認定コンサルタント
2018年 Googleデジタルマーケティング修了​
2013年 マイクロソフトセールススペシャリスト修了​
2011年 公益財団法人 日本生産性本部 経営アカデミー マスター​
2002年 シナップス・マーケティングカレッジ修了​

趣味資格

JAFレース審判員​ / MFJレース審判員

画像6


yajirushi owned media  TwitterInstagramFacebookYouTubenote
矢印株式会社ってどんな会社なの??
矢印株式会社 Contact|お問い合わせ
LINEから気軽にお問い合わせ|LINE WORKS

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
興味を頂きありがとうございます(^^)/ これを励みに頑張ります!
4
ICTセカンドオピニオン|顧問 渉外 補助金 ダッシュボード経営|経営情報可視化 企業内講師|伴走型セミナー デジタル映像撮影|写真 映像 サイトプロデュース|EC制作 既存お客様分析 内閣サイバーセキュリティ普及啓蒙企業 経済産業省 情報処理支援機関認定企業
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。