池田わたる ✄美容師をちょっと良くするブログ✄

小学生の頃からなりたかった職業=美容師✄ 高校生で美容業界に入り浸り。 店長・スーパーバイザー・取締役を経て、美容業界を俯瞰して見ています。 夢を叶えたからこそ美容師を良くしたい❗ 理想と現実の差をなくすことへの挑戦 美容師、美容室へのサービス提供をお考えの方は、お力になれます。

池田わたる ✄美容師をちょっと良くするブログ✄

小学生の頃からなりたかった職業=美容師✄ 高校生で美容業界に入り浸り。 店長・スーパーバイザー・取締役を経て、美容業界を俯瞰して見ています。 夢を叶えたからこそ美容師を良くしたい❗ 理想と現実の差をなくすことへの挑戦 美容師、美容室へのサービス提供をお考えの方は、お力になれます。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    サービスとおもてなし

    美容室のおもてなし とても大事にしている美容師が多いと思います。 そんなボクもご予約をいただいたお客さまには メッセージカード(ウェルカムカード)を セット面の前に立てて ご来店の準備をしています。 このウェルカムカードにお帰りの際は 次回予約を書いてお渡ししてます。 ↑いつも手書きです カードデザインは変えてます。 メンズには男性用の メッセージカードを渡しています。 渡すということは、毎回内容変えないと いけないですね。 自らハードル上げていき

      • 重要なのは「発想」すること

        ネットが普及して当たりまえになったものが多くあります。 美容業界の「普通」も変化して ・集客 → サロンから個人。 ・立地 → 好立地から、ネットでの認知 ・教育 → ネットでスピードアップ ・働き方 → 技術だけではなくなった ・働く場所 → リアル店舗からオンラインへ 正社員からフリーランスへ ・コミニュティ → 店舗を超えたつながり 前のブログではこのようなことをあげました。 今回は、美容師の本質はこっちだよ。。。そんな内容です。 【結論から】 美容師にと

        • 自分の意見を持つだけ

          ブログを続けています。飽きもせず、誰が読者とも知らずに続けています。 人の役に立てたらそれは嬉しいですが、本質的には「自分に意見を持つ」「アウトプットの機会を持つ」このようなために続けています。 インプット=アウトプット これは「知行合一」という言葉が意味するように「知ること」と「行うこと」はセットで行う。この言葉通りに、インプットしたらアウトプットを行う。 これを体現しているのがこのブログです。 今回は、自分の意見を持つ、、、という内容です。 【結論から】 自

          • よそ見せずにやってみたら

            今更ですが、ネットが普及して本当に便利な世の中になりました。 美容業界にいて、ネットがもたらしたことや変化が起きたことは・・・ ・集客 → サロンから個人。  ・立地 → 好立地から、ネットでの認知 ・教育 → ネットでスピード感アップ ・働き方 → 技術だけではなくなった ・働く場所 → リアル店舗からオンラインへ 正社員からフリーランスへ ・コミニュティ → 店舗を超えたつながり これらは激変しましたよね。 「ネットで情報を手軽に多く手に入れられる」から起きたこ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 理美容版戦略MGマネジメントゲーム
            池田わたる ✄美容師をちょっと良くするブログ✄

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            サラリーマン美容師に明日はないけど、強要するサロンには明日は「もっとない」

            美容師の働き方に関しては、まだまだ改善が必要だと思います。 美容師の年間休日は平均90日と言われています、、、。 労働基準法に定められた年間の休日日数は「105日」です。(労働基準法第32条) 2週間以上少ない計算になります。 105日を下回ることは「残業代」が支払われていないとおかしい計算になりますが、それに見合う残業代が支払われているサロンはかなり少ないのが現状です。 ちなみに年間120〜125日の休日を取得できる場合は、週休二日に国民の休日、夏季・冬季休暇を含

            成果ではなく、行動を管理する

            美容室が一番忙しくなる年末。 ここに多くの準備を費やし、売上を高めたい美容師さんは多いと思います。 今回は、目標に対する向き合い方の内容です。 【結露から】 目標売上は成果でしかないから、売上を見るのではない。 目標売上を達成するための「行動」を管理する。 売上を管理しがちだが、売上は「結果」であり、自分でコントロールできない。 目標の立て方は 売上目標 > 分解した数値(客数・単価・店販など) > 達成のための行動 > 1日に行う行動量 【気になるよね、売

            ちょっとの頑張りと、ちょっとの手抜き。差がエグかった…。

            お客様のお顔におりるその髪の毛。 あとちょっと重さを削るか、あとちょっと角を落とすか。。。 美容師の仕事は繊細。 その繊細なポイントに手が入った時に、お客様の表情にグッと似合うポイントがある。 美容師さんなら誰しもが感じたことのある、達成感や充実感だと思います。 今回は、あとちょっと頑張ることと、頑張れないことでは、とても大きな差になるよ。。。そんな内容です。 【結論から】 ちょっとを頑張れる人と、そのちょっとを頑張れない人の差はとても大きい。 定量的な数値で

            余白を持たせない。これが鉄則

            アシスタントの協力を得ながらサロンワークを長くしてきました。 その後、マンツーマンのサロンワークになってから、それぞれの良さを感じています。 そんなマンツーマンの中、アシスタントに協力を得ながらサロンワークをしていた頃を振り返ると、重要だったな。。。と思うことがあります。 今回はそのような内容です。 【結論から】 アシスタントには余白を持たせない。 自分で考える余白を持たせると再現性がなくなる。 伝えただけではできない。 徹底してやらせて報告させることが重要で

            練習は何のためにする??

            美容師はずっと努力を続ける。 技術練習と、それらを裏付けるための理論の学び。 これらに費やす時間は本当の多いです。 技術職だから仕方がない。。。このような声も聞こえてきそうですが、それだけでは説明不足なぐらい、多くの美容師がずっと練習や勉強を重ねています。 今回はその「練習」にまつわる内容でです。 【結論から】 練習の成果をどこに持っていくかが重要である。 上手くなるため、苦手な技術を身につけるため。 このような意識で練習をすることが多いが、練習の本質は「ちょ

            評論家になってないか??

            自分自身にも言い聞かせていることがあります。 それは評論家になっていないか。 ここはとても重要な気づきなのでブログにしておきます。 今回は、評論家になるな。。。そんな内容です。 【結論から】 評論家になるな。 自分自身が評論家になっているようだと、黄色信号である。 行動や成長を伴わない「批判」はただの評論である。 自分自身がそのようになっているようなら、見つめ直すべきだ。 【仕事の話をしていると必ず聞く】 仕事の話をしていると必ず聞くのが、不満や愚痴と違う

            今の職場という安全圏にいるうちに、学ぶべきこと

            若手の美容師に伝えていること。伝えたいこと。 今回は3つに絞った内容をまとめます。 今の職場という安全圏の中で、今のうちに学ぶべきことです。 【結論から】 若手美容師時代に積み上げて欲しいこと。 安全圏にいるうちに、学ぶべきこと。 1、お客様のカルテ枚数 2、お金の価値観 3、川上の仕事 この3つを理解して積み上げていって欲しい。 【たまに話している】 たまに若手美容師に、今はわからなくても。。。 なんて思いながら老害のように伝えていることがあります。 そ

            ナンバーワンはオンリーワンの条件

            美容師は人気商売です。 美容師が10人いれば10人全てが飯が食えるか、、、というと案外微妙なところです。「人気商売」の範疇なので、ご指名やお客様がつかなければ高い収入を得ることは難しいことは、現実としてあると思います。 だからこそみんな、一生懸命練習して勉強をしています。 自分の時間を使ってSNSで集客しています。 美容師は本当に成長を止められない仕事の1つだと思います。 今回は、職業観にまつわる内容になります。 【結論から】 お客様にとってのオンリーワン美容師

            わからないのなら、自分で判断できないでしょ

            いろんな人と話をする機会に恵まれた仕事をしています。 美容師なのでお客様はもちろんですが、同業の美容師や他業種の方との関わりがかなり多い仕事の仕方をしています。 そのような仕事をしながら感じたこと。今回はその内容です。 【結論から】 わからなければすぐに聞くことだ。 至極当たり前の内容だが、本質的なことである。 1つの事象に対して知見や経験が十分でないとき「自分で調べて解決するのか」「質問すべきか」、、、は判断できないはずである。 つまり「質問すること」が最適解

            【偽物増加中】世の中、フリーランスのような美容師が多い

            最近、フリーランス美容師と話す機会がありました。 うちのシェアサロンに来ればいいのに。。。なんて思いながら呼ばれた場所に。 しかしすぐに、うちのシェアサロンには来なくていいな…なんて感じた内容です。 【結論から】 フリーランスという本質を理解していない美容師が多い。 その考え方ならば、社員のままでいい美容師が多い。 自由とラクを履き違えた美容師や、組織に守られることを期待しているようでは、成長は望めない。 フリーランスとは、ビジネスを始めた一人社長だということを

            モチベーションでコントロールしてくる人っているよね。。。

            業界が職人の世界ということで、精神世界のような価値観や風習が未だ抜けない美容業界です。 個人的な性格や価値観から「モチベーション」や「愛社精神」を軸に置いた働き方はしていません。美容業界の価値観や風習に馴染めないボクです。 今回は「モチベーション」でコントロール(マネジメント)する人っているよね。。 そんな内容です。 【結論から】 モチベーションに頼るマネジメントは再現性なく悪手である。 モチベーションが強制的な「愛社精神」や「価値観」の押し付けになることを理解し

            美容師のSNSは、プロダクトアウトばかり

            美容師さんでヘアデザインのSNSを行っている人が、かなり多いですよね。 カラーリング、ツヤツヤな髪質改善。 見事です。本当に実力のある美容師が日本には多いと感じます。 そんなSNSを見ていて感じること。今回はそのSNSの発信、気をつけた方がいいと思うよ。そんな内容です。 【結論から】 髪の毛のSNSの中で「プロダクトアウト」の運用が多く見られる。 つまり「ヘアデザイン中心」の運用である。 重要なのは、どのような悩みを解決できるかなどの「世界観」である。 商品(