竹内宇瑠栖

怪談を集めたり発表したりしています。他に投稿した小説(時代小説/非怪談)なども。もしよければあなたの不思議な体験をお聞かせください。主に週末に投稿します。6~9月は投稿が少なくなるかもしれません。ご理解を。

竹内宇瑠栖

怪談を集めたり発表したりしています。他に投稿した小説(時代小説/非怪談)なども。もしよければあなたの不思議な体験をお聞かせください。主に週末に投稿します。6~9月は投稿が少なくなるかもしれません。ご理解を。

    マガジン

    • 禍話リライト

      毎週土曜の夜23時からツイキャスで配信されている「禍話」から面白かったものを随時文字化します!

    • 一貫斎始末記

      幕末の近江、鉄砲鍛冶の村・国友に一貫斎という鍛冶師がいた。時代の流れにより、鉄砲は時代遅れのものに。そこで、一貫斎は鉄砲に代わるものがないか模索を始めるが……。

    • 怪談拾遺

      あちこちで聞き集めた怪談を、皆さんに親しみやすいよう紹介します。 手軽に怪談だけ読みたいという方は【 】から下を読んでいただければ。

    • ある詩人のイディオレクト―細川雄太郎異聞―

      童謡詩人細川雄太郎を主人公にした歴史小説です。

    • 白刃

      大老にまで上り詰めた彦根藩主・井伊直弼公が暗殺された。何とか敵討ちを。その手段は、脱藩し、水戸の屋敷の床下に潜み機をうかがうというものだった。

    最近の記事

    固定された記事

    はじめましてとこんにちわ

    「不思議な話や、変わった体験はありませんか?」 あちこちで聞いてはみるのですが、ほとんどの人は、 「知りません」「ちょっと心当たりないですね」 という回答。背景にはいろいろあるでしょう。 最も多いのは、本当にパッと出てこないパターンです。 普通に暮らしていると、小さな不思議なことがあっても「偶然」や「気の迷い」で済ましてしまいますし、そうした出来事はあっという間に記憶のかなたへと消えてしまいます。 あるいは、「そんなことを信じている人だと見られたくない」「そうした

    スキ
    24
      • 【禍話リライト】こっくり譚「しにたくなかった」

         ❝視える❞という人に聞くと、霊の中には人間そっくりで見分けがつかないものもいるという。また、中には特定の記憶がバッサリ抜けてしまう話もある。  2週続けてのこっくり譚のリライトに他意はなく、単に一番面白いと思ったためだ。今回は、きっかけこそ「こっくりさん」だが……という話。 【こっくり譚「しにたくなかった」】  高校生のTくんが自宅の自室に戻ってきて、ベッドに腰を下ろした。今日は学校でも家庭の用事でもさんざんに振り回されてクタクタだった。  せわしない一日を振り返りつつぼ

        スキ
        23
        • 【禍話リライト】こっくり譚「十円溜まり」

           世は呪物ブームだが、それが発動するタイミングは様々だ。  鏡をのぞいた瞬間、声が3回聞こえたとき、埋まった場所を踏みつけた折。  この話の場合はどうか。  禍話のレギュラー、こっくりさんの話を集めるKくんのもの。かぁなっきさんは一度放送をボツにしたそうだが。 【十円溜まり】  いつの時代も、パワハラをする教師というはいる。この話は平成の初め頃、S県の話だそうだ。  子どもができるのにやっていないのか、そもそもする能力がないのかを見極めるのは教師の資質と言える。そもそもで

          スキ
          47
          • 【禍話リライト】襖の向こうの命乞い

             後情報で、がらりと怖さが増す話がある。  元の話もそこそこ怖いのに、スパイスが加わることで全く違う味わいになってしまうのだ。 【襖の向こうの命乞い】  その時、高校生2年のAさんは何となくの流れで皆が怪談を披露する流れになっていたという。夕刻6時ごろの放課後の教室。夏の夕日が暮れなずむシチュエーションは、怖い話をするのにぴったりだ。  本で読んだ話やテレビで見たエピソードのあと、各人の体験を聞く段となった。  話はいくつか出た。  おばあちゃんの一周忌に、嫌に線香の匂い

            スキ
            54
            • 【禍話リライト】こっくり譚「しにたくなかった」

              スキ
              23
              21時間前
              • 【禍話リライト】こっくり譚「十円溜まり」

                スキ
                47
                • 【禍話リライト】襖の向こうの命乞い

                  スキ
                  54

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • 禍話リライト

                  • 22本

                  毎週土曜の夜23時からツイキャスで配信されている「禍話」から面白かったものを随時文字化します!

                • 一貫斎始末記

                  • 17本

                  幕末の近江、鉄砲鍛冶の村・国友に一貫斎という鍛冶師がいた。時代の流れにより、鉄砲は時代遅れのものに。そこで、一貫斎は鉄砲に代わるものがないか模索を始めるが……。

                • 怪談拾遺

                  • 41本

                  あちこちで聞き集めた怪談を、皆さんに親しみやすいよう紹介します。 手軽に怪談だけ読みたいという方は【 】から下を読んでいただければ。

                • ある詩人のイディオレクト―細川雄太郎異聞―

                  • 8本

                  童謡詩人細川雄太郎を主人公にした歴史小説です。

                • 白刃

                  • 4本

                  大老にまで上り詰めた彦根藩主・井伊直弼公が暗殺された。何とか敵討ちを。その手段は、脱藩し、水戸の屋敷の床下に潜み機をうかがうというものだった。

                • 炎城

                  • 4本

                  明智光秀の右腕、秀満が炎に包まれる前の坂本城で想う群雄の時代。

                • 江州皿屋敷

                  • 3本

                  多くの皿屋敷の物語がある中、いまも皿が残る彦根の物語を。

                • 禍話リライト

                  • 22本

                  毎週土曜の夜23時からツイキャスで配信されている「禍話」から面白かったものを随時文字化します!

                • 一貫斎始末記

                  • 17本

                  幕末の近江、鉄砲鍛冶の村・国友に一貫斎という鍛冶師がいた。時代の流れにより、鉄砲は時代遅れのものに。そこで、一貫斎は鉄砲に代わるものがないか模索を始めるが……。

                • 怪談拾遺

                  • 41本

                  あちこちで聞き集めた怪談を、皆さんに親しみやすいよう紹介します。 手軽に怪談だけ読みたいという方は【 】から下を読んでいただければ。

                • ある詩人のイディオレクト―細川雄太郎異聞―

                  • 8本

                  童謡詩人細川雄太郎を主人公にした歴史小説です。

                • 白刃

                  • 4本

                  大老にまで上り詰めた彦根藩主・井伊直弼公が暗殺された。何とか敵討ちを。その手段は、脱藩し、水戸の屋敷の床下に潜み機をうかがうというものだった。

                • 炎城

                  • 4本

                  明智光秀の右腕、秀満が炎に包まれる前の坂本城で想う群雄の時代。

                • 江州皿屋敷

                  • 3本

                  多くの皿屋敷の物語がある中、いまも皿が残る彦根の物語を。

                記事

                記事をすべて見る
                  • 【禍話リライト】仏壇双子人形

                     恐怖には様々な形がある。  特に恐怖症は多種多様だ。身近なのは先端恐怖、高所恐怖など、身に覚えがある人も多いだろう。他にはピエロ恐怖や人形恐怖がある。これらは、少しでも理解できる人とそうでない人の差異が激しい。人形愛好家と人形恐怖症の人との隔たりは深く、広い。  もちろん人形は人の形を模して造られた器物だが、普段ない場所に人形があると、不穏さの密度が増してしまう。 【仏壇双子人形】  今年40代に入るAさんには、一人で祖父母の家へ行った記憶があるという。小学校5年の夏休み

                    スキ
                    44
                    • 【禍話リライト】犬を探す女

                       ホラー小説「ぼぎわん」でも冒頭は、子供の留守番の場面だった。頼れる大人がおらず、不安な状況での来訪者は恐怖が増すのだろう。  人怖のジャンルに陥りがちだが、この話は最後に若干のスパイスが効いている。 【犬を探す女】  いまは40代のAさんが小学校中学年の頃、学校から家に帰るとガレージに車がなく、両親の姿が見えなかった。一人っ子ということもあり、そういうときのカギの隠し場所はしっかり教わっている。建売住宅の玄関を開けて荷物を自分の部屋に置きながら2階建ての家中を見回るが、人

                      スキ
                      87
                      • 【禍話リライト】三田さんのマンション

                         怪談には、「確かに不思議な話だが、それは人が怪異に影響されたのか、怪異が人に影響されたのかどちらだろう」というものもある。あるいは、これは卵が先か、鶏が先かというものなのかもしれないが。  この話は、そんなことをぼんやりと考えていただきながら読んでいただければ。 【三田さんのマンション】  テーブルトークRPG(TRPG)という遊びがある。ボードゲームとRPG(ロールプレイングゲーム)を足したようなもの。  ゲームマスターという人がプレーヤー何人かに物語を示し、その中で

                        スキ
                        63
                        • 【禍話リライト】流すだけの人

                           連れて帰ってしまう。ということがある。  怪異体験をして、その後自宅でもというパターンだ。外でとんでもなく恐ろしい体験をして、それが家まで追いかけてきたならホラー映画だが、小さな怪異でも安全だと思っている自宅まで追いかけて起こると、それはそれで恐怖度は高い。  さらに恐ろしいのは、特に縁がなくともついてきてしまう場合だ。 【流すだけの人】  社会人になってまだ数年目のAさんが一人暮らしの東京から、実家のある九州へ帰省した。お盆のことだった。  久しぶりに家族、親戚

                          スキ
                          43
                          • 【禍話リライト】夜の足湯

                             怪異は意外に、日常のすぐそばにある。  薄壁を隔てた向こう側、公衆トイレの扉の中、そして湯船の隣にも。  これはそういう話。 【夜の足湯】  Aさんは、温泉や足湯が好きだった。  もちろん今も大好きだが、昼間にしか行かない。  少し前の話。Aさんはマニアックな観光地の足湯を探し出し、人気の少ない時間にじっくり楽しむということを積極的にしていた。  その時も、ある行楽地のはずれに足湯を見つけ、夜も随分と更けてから足を浸けたという。すぐ近くを幹線道路が走るような交通の便が

                            スキ
                            41
                            • 日輪を望む7―一貫斎魔鏡顛末

                               春が感じられるようになったその晩も、井戸端にいた。鍜治場でもある鉄砲の工場は、常時火がたかれるため、真冬でも汗みずくになる。いつもよりも遅く、一人で汗をぬぐっていると、押し殺した泣き声が聞こえた。  見回すと、屋敷の端に植えられた杉の木陰で菊が泣いていた。手早く替えの着物に袖を通して声をかけた。 「こんな時間にどうしたのだ。家人が待っているのではないか」 と問うと、 「おっ母が、今日は遅くに帰って来いって」  少し話を聞くと、込み入った話に聞こえたので、工場の入り口、

                              スキ
                              1
                              • 【禍話リライト】押し入れの星

                                 禍話の守備範囲は広い。山、海にまつわる怪談の後、「こうなったら、宇宙に逃げるしか……」との書き込みがあり、語り手のかぁなっきさんが反応してこんな話を紡ぎ出した。  恋愛シミュレーションゲーム「アマガミ」の主人公について、かぁなっきさんが何かの折に語っていた時に、それを聞いた友人のAさんが「怖いですね」と言う。語っていたのは、主人公が落ち込んだ時に押し入れに閉じこもるというくだりだ。  何も怖い話はしていないので、「どの辺が?」と問うた。  すると、「友人のひきこもりの弟を

                                スキ
                                62
                                • 【禍話リライト】バケツのしかえし

                                   怪異は、意図的に禁を破った人にだけ訪れるのではない。  何かのはずみで、彼岸のものの機嫌を損ねてしまうことがあるのだ。  それが日常のすぐ隣にあるから、怪談を聞いたときに背筋が冷えるのだろう。  この話のきっかけは、いじめである。だから、不愉快だという人はここより先に読み進むことはお勧めしない。 【バケツのしかえし】  女性のAさんが小学校高学年の時、いじめにあっていた。当時は男女の見境なく、「すこし雰囲気が暗い」というだけでそういう目に遭っていたのだという。  し

                                  スキ
                                  113
                                  • 日輪を望む6―一貫斎魔鏡顛末

                                     又兵衛の一人語りの後、刹那の沈黙を経て一貫斎が言葉を絞り出す。 「そういえば、神社などで祀られている本尊には鏡もある。そうした中には、光を反射し、本尊の姿や梵字が浮かび上がるようなものがあると聞く。神鏡や魔鏡がこうしたものに当たるな」  部屋には、鏡を研磨する音が響いた。しばらくして又兵衛が問う。 「それで、こうした鏡のからくりに心当たりはございますか」  一貫斎は、顎に手を当てて眉の根を寄せた。 「ないこともない」  そう言って、部屋の行灯に火をともし、部屋の

                                    スキ
                                    1
                                    • 【禍話リライト】溶ける家族

                                       このリライトを読んでくださる人の中で、「禍話」を聞いたことのない人は少ないかと思う。しかし、耳にする状況は様々だ。ドライブの音楽代わりにかける人、イヤホンで聞きながらウォーキングをする人、寝床で流す人。  今回、2022年5月14日の放送は、控えめに言って大当たりの回だった。どれをリライトするか迷うほどだが、まずはつかみのこの話を。 【溶ける家族】  会社員のIさんは、禍話をスピーカーで聞いている。つまり、内容は分からないまでも同室にいる家族の耳にも入るということだ。  

                                      スキ
                                      59
                                      • 【禍話リライト】阻まれる夢

                                         たしか平山夢明さんが怪談集の前書きで、知り合いが死ぬ予知夢を見てそれが当たる確率について述べられていた。  意外にあり得る確率で、それほど「めちゃくちゃ特殊な体験」ではないということなのだろう。確かに、怪談を集めていても時々耳にする。  しかし、おかしな夢を見てもその対象がどうなったのかわからない場合もある。それはそれで、不思議な夢として片付けるのには惜しいというか、収まりがつかないというか。 【阻まれる夢】  禍話を語るかぁなっきさんが、熊本在住の知り合いAさんから

                                        スキ
                                        55
                                        • 【禍話リライト】かしげ女

                                           異形を見たという体験は多い。  その姿がどことなくおかしいということも。  ふつうは、そのおかしさの源泉は分からないものだが、「こうではないか」という推測が成り立つこともある。  これは、そういう話。 【かしげ女】  田舎の方に行くと、まだ水洗が行き渡っておらず、激臭がするトイレがある。そんなトイレにはご注意を。  令和もコロナが蔓延した後の話だというから最近のこと。夏休みに大学3年生のAさんが実家へ帰った折、山裾の大きな公園への引率を母親へ頼まれた。大人の人数が足り

                                          スキ
                                          65