ウジエスーパー人事•広報担当

ウジエスーパー人事•広報担当

    最近の記事

    マグロを愛し、人に愛される男。ウジエスーパーの鮮魚バイヤーの1日に密着★(後編)

    編集者記事 ウジエスーパーのバイヤーに1日密着企画、後編です。 ※ぜひ前編からご覧ください★   向かったのはマグロ市場。様々な水産会社の方が集まり、熱気が感じられます。 床には丸々と立派な体をしたマグロがずらり。バイヤーSさんの目がより一層輝き出しました。 (100キロ越えのマグロが登場!) 市場の方と言葉を交わしながら、一つひとつ品質を見定めていく様子はまさにプロの仕事。 市場内には水産会社などのバイヤーも多く集まっており、みんな一様に真剣なまなざしを向けています

      • 彼の一日は夜明け前から始まる。ウジエスーパーの鮮魚バイヤーの1日に密着★(前編)

        東の空が薄明るくなり始めた午前4時。 ここからバイヤーの1日が始まります! 私たちに気付くと、よく通る声で「おはようございます!」と、元気に駆け寄ってきた一人の男性。 ウジエスーパーの鮮魚バイヤーSさんです。今年でバイヤー歴は5年。 店舗の仕入れ担当を経て、現在は全店の仕入れを担う本部のチーフバイヤーとして活躍しています。 まだ眠い目をこすりながら歩く私たちをよそに、「じゃあ、行きましょうか!」と、イキイキとした顔で市場へ向かうSさん。 今日はどんな鮮魚が入っているか、

        • 人見知りで引っ込み思案の私が気付けば輪の中心に。利府店・精肉担当/M.Sさん

          はじめまして。利府店で精肉担当のチーフをしている入社6年目のSです。高校時代にスーパーマーケットでアルバイトした経験がキッカケとなり、人と接する仕事で楽しく働きたいと新卒でウジエに入社しました。 入社前に不安だったのが職場での人間関係。もともと人見知りで引っ込み思案な性格で、自分から話しかけるということが苦手だったんです。お客様と話すことは好きだったのですが、職場の仲間とのコミュニケーションは少し違いますから。うまく話の輪に入れなかったらどうしよう…と心配でした。 でも、

          スキ
          5
          • うまいもんを求めて全国を飛び回る!本部鮮魚 係長/T.Sさん

            こんにちは。ウジエスーパーの本部スタッフとして鮮魚の仕入れを担当しているSです。私の仕事は地域の方々に“全国のうまいもん”を持ち帰ること。本当に美味しいと思えるものをお客様に食べていただきたいから、いい商品を仕入れるためなら北は北海道から南は沖縄まで、日本中どこへだって足を延ばしています。 全国の市場を飛び回るうちに市場で働く方とも顔なじみになって、「最近○○で捕れるマグロが絶品だって市場関係者の間で評判なんだよ」などと、貴重な “裏情報”も教えてもらえるまでになりました。

            メディアから取材依頼殺到の「Uカフェ」誕生秘話!

            2021年9月、宮城県大和町のウジエスーパー吉岡店で画期的な取り組みが始まりました。その名も「Uカフェ(ユーカフェ)」!新鮮なフルーツを贅沢に使用した美味しいスムージーが楽しめ、お値段もリーズナブルと宮城県内の方々から広く好評を集めています。 そんな店内カフェのUカフェに多くのメディアが注目!その理由は、フードロス解消につながる非常に社会貢献度の高いビジネスモデルと、思わず二度見してしまう奇抜なビジュアル!これまでになかったスタイルに全国から取材の依頼が殺到しています。 誕

            スキ
            1

            採用サイト開設!「人」を知れば、「ウジエの想い」が分かる!

            このたび、ウジエスーパーの採用サイトを開設しました!ウジエで働くスタッフのインタビュー記事を随時アップしていきますので、楽しみにしていてくださいね。 食を通じて地域のためになることを----- ウジエスーパーは宮城県内に32店舗を展開する、地域密着型のスーパーマーケット。日常の食卓を支える存在ですから、昔から大切にしてきたのは「人が生活している場所にお店を出す」こと。そのため宮城県の中心部である仙台市内はもちろん、県南・県北の郊外エリアにも多くの店舗を展開しています。 「