トヨタウン

建築を学ぶ大学生(22) 旅が何よりの栄養源

未来の建築について考える

「未来の建築とは何だろう?」 …という漠然とした問いかけに対する答えは数多く存在するが、その問いかけ自体の意味は皆無に等しい。 というのは、未来の建築とは今ある...

高層建築

僕が建築家を目指すきっかけになったのは東京駅前に広がる丸の内・大手町の高層ビル群だ。田舎で生まれ育った当時9歳の自分にとって、初めて見る高層建築のひしめき合い。...

“裏からのぞけば表が見える”展覧会

先日、サントリー美術館にて開催された「inspiration or information? 左脳と右脳で楽しむ日本の美」展に行ってきた。 キュレーターは佐藤オオキ氏率いるデザイングループ...

美と善、そして建築

「美」はイタリア語ではbello 、スペイン語ではbelleza、ギリシャ語ではkalos、英語ではbeautyと言う。英語beautyがラテン語bene【良いこと】に語源を持つことと同様に、多...

流れと場と建築

スマホ画面をフッ素コーティングすることが現代人とインターネットとの接触を容易にする訳ではないのと同様に、建築の表層的な佇まいをキレイにしたところで人々と建築内の...

隈研吾論

平成の次の元号が発表される直前である今日、僕はこの隈研吾論を書き上げる。それは平成を代表する建築家であることと同時に、自分が無意識的に彼の作風に惹かれ始めた理由...