見出し画像

経済が悪いときにスタートアップを始める理由

Jack
ポール・グレアム(Paul Graham)が執筆したエッセー「Why to Start a Startup in a Bad Economy」の日本語訳になります。

2008年10月

経済状況は見たところ非常に厳しいので、一部の専門家は70年代半ばと同じくらい悪い状態に見舞われるかもしれないと恐れている。

それは、Microsoft と Apple が創立されたときである。

これらの事例が示唆するように、不景気はスタートアップを始めるのにそんなに悪い時期bad timeではないかもしれない。私はスタートアップを始めるのに特に良い時期good timeであるとも主張しているわけではない。真実はもっと退屈なもので、「経済の状態はどちらにしてもあまり重要ではない」のだ。

私たちが非常に多くのスタートアップに出資することから1つのことを学んだとするのなら、スタートアップが成功するか失敗するかは「創業者の資質」に基づくことである。経済はたしかにある程度影響しているが、成功の予測因子predictorとしては、経済は創業者と比較すると丸め誤差rounding errorである。

つまり、重要なのはあなたが誰であるかで、あなたがスタートアップをいつやるかではない。あなたが適している人なら、悪い経済でも勝つだろう。そして、あなたが適している人でないのなら、良い経済はあなたを助けないだろう。「経済がとても悪いから、今はスタートアップを始めないほうがいい」と考える人は、バブル期に「やらなければいけないことはスタートアップを始めることで、自分はお金持ちになるだろう」と考えていた人たちと同じ間違いを犯している。

だから、あなたが可能性を高めたい場合、「経済の状態」よりも「共同創業者cofounder」として採用できる人についてはるかに考えるべきである。また、あなたが会社の存続への脅威きょういを心配する場合、ニュースでそれらの脅威を探してはいけない。鏡を見てください。

しかし、どんな創業チームにとっても、飛躍する前に経済が良くなるまで待つことは割に合わないのだろうか? あなたがレストランを始めているのならたぶんそうだと思うが、テクノロジーに取り組んでいるのならそうではない。テクノロジーは多かれ少なかれ株式市場とは無関係に進歩する。だから、どんなアイデアにとっても、悪い経済において速く行動することの見返りは待つことよりも多くなるだろう。Microsoft の最初のプロダクトは、Altair のための Basic インタープリターだった。これはまさに1975年の世界が必要としていたものだが、もしゲイツとアレンが数年待つことを決めていたら、遅すぎていただろう。

もちろん、あなたが今持っているアイデアはあなたが持つ最後のものではないだろう。常に新しいアイデアはある。しかし、もしあなたには自分が実行したい具体的なアイデアがあるのなら、今すぐ行動してください。

このことはあなたが経済を無視できるということを意味しない。顧客と投資家の両者が苦しいと感じるだろう。顧客が苦しいと感じる場合、これは必ずしも問題ではない。コストを削減するモノを作ることで、あなたはそれによって利益を得ることさえできるかもしれない。スタートアップはしばしばモノを安くするので、その点ではスタートアップは不況において大企業よりも成功するより良い位置にいる。

投資家はむしろ問題である。スタートアップは一般的にある程度の外部資金を調達する必要があり、投資家は悪い時期に投資することにあまり前向きではない傾向がある。投資家はそうであってはいけない。誰もが時期が悪いときに買い、時期が良いときに売るべきだと知っている。しかし、言うまでもなく投資することをかなり反直感的にしているものは、株式市場では良い時期とは誰もが買うときだと考えていることだと定義されていることである。正しくいるためには逆張り投資家contrarianである必要があり、定義上ほんの少数の投資家がなれる。

なので、1999年の投資家がひどいスタートアップの株を買おうとお互いの足を引っ張り合っていたように、2009年の投資家はおそらく良いスタートアップに投資することさえ気が進まないだろう。

あなたはこれに適応しなければならないだろう。しかし、このことは今に始まったことではない。スタートアップは常に投資家の気まぐれに適応しなければならないのだ。投資家は気まぐれであると言ったのかどうかをあらゆる経済下にいるあらゆる創業者に質問し、創業者がしかめる顔を見てください。昨年はあなたのスタートアップがどれほど口コミで素早く広がるのかを説明する準備ができている必要があった。来年はあなたのスタートアップがどれほど不況に強いのかを説明する必要があるだろう。

(これらは両方とも良いことである。投資家が犯す間違いは、彼らが使用する基準ではなく、彼らが常に残りを排除して1つに集中する傾向があることである。)

幸いにも、スタートアップを不況に強くする方法は、あなたがとにかくすべきことをきちんとすることである。それは、可能なかぎり安くスタートアップを経営することだ。何年もの間、私は創業者に「最も確実な成功への道は実業界のゴキブリになること”The surest route to success is to be the cockroaches of the corporate world.”」だと言ってきた。スタートアップの直接的な死の原因は、常にお金を使い果たすことである。だから、会社を経営するのが安いほど、会社を殺すのは難しくなる。そして幸いにも、スタートアップを経営することは非常に安くなった。何かがスタートアップの経営をさらに安くするとしたら、それは不況だろう。

もし核の冬が本当にここにあるのなら、自分の仕事を続けることよりもゴキブリであることのほうが安全かもしれない。もし顧客がもうあなたに支払うことができないのなら、顧客は個別に減少するかもしれないが、あなたは顧客を一気に失わないだろう。市場は「人口の削減」をしない。

もしあなたが失敗するスタートアップを始めるために仕事をやめ、別の仕事を見つけられなかったらどうなるのか? あなたがセールスやマーケティングで働いている場合、これは問題になる可能性がある。これらの分野では、悪い経済の中で新しい仕事を見つけるのに数ヶ月かかる可能性がある。だが、ハッカーはより流動的であるように思える。優秀なハッカーは常に何らかのの仕事を得ることができる。それは夢のような仕事ではないかもしれないが、あなたは餓死しないだろう。

悪い時期のもうひとつの利点は競争相手が少ないことである。テクノロジーの列車は定期的に駅を出る。もし他の誰かがすみっこで縮こまっていたら、あなたは車両全体を独占しているかもしれない。

あなたは投資家でもある。創業者として、あなたは株を仕事で買っている。ラリーLarryセルゲイSergeyがものすごく金持ちである理由は、彼らが何百億ドル相当の仕事をしたからではなく、Google で最初の投資家であったからである。そして、あらゆる投資家のように、あなたは時期が悪いときに買うべきである。

合理的には最も進んで買うべきときにもかかわらず、悪い市場にいるスタートアップに投資することに投資家がどれほど気がすすまないかについて私が話していたとき、あなたは数段落前の「バカな投資家stupid investors」を考えながら、同意してうなずいていただろうか? えーと、創業者はそんなに良くはない。時期が悪くなると、ハッカーは大学院に行く。そして、これは間違いなくこのときにも起きるだろう。実際には、前の段落を真実にしているものはほとんどの読者がそのことを信じないことである。少なくともそのことに従って行動する程度までだ。

だから、もしかすると不景気はスタートアップを始めるのに良い時期である。競争相手の欠如のような好都合が気乗りしない投資家のような不都合を上回るのかどうか言うのは難しい。しかし、これはどちらにしても重要ではない。重要なのはpeopleである。どんなテクノロジーに取り組むどんな一連の人たちにとって、行動すべきときは常に今である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Jack

読んでくれて、ありがとう🙋🏻‍♂️ もしこのnoteが気に入ったら、「❤️」ボタンを押したりTwitterでシェアしたりしていただくと喜びます👍🏻 🆕 Jackを応援するパトロンになりませんか?👀 https://note.com/tokyojack/circle