藤沢あかり/編集・執筆

編集者・ライター。メーカーでの文具や雑貨の商品企画ののち、出版社でのインテリア誌編集を経て独立。わかりやすい言葉で、わたしにしか書けない視点を紡ぎたい。たまご好き。行きたい店はだいたい臨時休業です。http://akarifujisawa.com
    • 日記のようで日記でない日記

      日記のようで日記でない日記

      • 3本

      日々のつれづれ、日記のようなものを思い出したときに書きます。時系列もバラバラなので、日記のようで日記ではありませんが、日記といえば日記です。

    • 春からはじまる冬眠日記

      春からはじまる冬眠日記

      • 17本

      2020年春に始まった家族4人のおこもり生活。小さくも豊かに暮らせるようにはじめる日々の記録です。

固定された記事

我輩は下戸である。

長く抱え続けているコンプレックスがある。 それはわたしが下戸、つまりお酒が飲めないということだ。 下戸なりに言い訳めいたことをさせてもらえば、お酒の味はそれなり…

わたしの好きなバスタオルの話

バスタオルにアイデンティティとはふかふかか、ふわふわか、さらりか。ガーゼかパイルか、薄手に厚手、コットンかリネンか。年に一度総取り替えしますとか、色は白に決めて…

わたしは丁寧に暮らしたい

今年のわたしは、丁寧(ていねい)に暮らしている。 「丁寧に暮らす」という言葉が生まれてひさしい。そこから転じて、今度はそれを揶揄されることも増えてきた。もしかし…

家族写真撮影の一日

朝、起きると明け方までの雨は止んでいた。心配していた台風もすっかり過ぎ去ったらしい。 年に一度の家族写真を撮りに行く日。ほんとうは土曜日に予約を入れていたのを、…

家ごはんのリレー

毎日のごはんをつないでいく作業が好きだ。 といっても、主婦雑誌に載っているような「昨夜の肉じゃがをコロッケに」「みそ汁をカルボナーラに」(本当にあった)というよ…

おかえり、鉛筆

子どもが小学生になってから、鉛筆のある風景が戻ってきた。 小学生の鉛筆というのは、こんなにも減るのが早いのか。まっさらな鉛筆はどんどん背丈をすり減らし、そのぶん…