yuji kato

「どうしたら子どもたちに美術の楽しさを伝えられるだろう?」そんな思いで中学校で美術を教えてきました。その中で「絵を描いてみたいけど才能がないから描けない」と諦めている大人の方が沢山いることを知りました。その方たちに美術の楽しさを伝えたいと思います。

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 17

自由な発想といわれても 前回の手のスケッチの最後に、 「もっと自由な発想で描いても面白いですね」 「表現は自由です。常識にとらわれずに、想像の世界で遊んでみてく…

+4

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 16

手をスケッチしましょう 今回は、鉛筆を使って手をスケッチしましょう。 いよいよしっかり見て描く練習です。 自分の体の中で、一番目にするのは手ですね。 ですから自…

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 15

明暗をつけて立体感を表現しましょう 今まで学んだことを使って、鉛筆で立方体を立体的にスケッチしてみましょう。 紙の上に立体感を表現するためには、光が当たって明る…

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 14

ハッチングを使って立体感を表現しましょう 前回は立方体を描く方法をお伝えしました。 今回は、その立方体にハッチングを使って立体感を表してみましょう。 ハッチング…

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 13

立方体を描いてみましょう 明暗の塗り分けとタッチの練習をしましたので、いよいよものを立体的に描く練習に入ります。 まずは、立方体を描いてみましょう。 しかも何も…

絵が苦手だと、ずっと思ってきたあなたへ 12

ぼかしとハッチングを覚えましょう ものを立体的にスケッチするために、前回は鉛筆で明暗を塗り分ける練習をしました。 今回は、スケッチに役立つタッチの技法を練習しま…