高田大雅/サルベージシェフ

ケータリング9年目、食品ロス削減のヒントを考えるイベント「サルベージ・パーティ」の公認シェフとして活動中です。趣味は茶道、均整術師(整体)の資格も持っています。
  • foodskole(フードスコーレ)では料理に向きあう人のこと料理人と呼びます。 foodskoleの料理人が考える食に
    7フォロワー
固定された記事

仕事がなくなり、仕事を作った。ケータリングから作り置きへ。

僕の本業はケータリング、社員は弟と二人の小さな会社です。 フードロスを解決する「サルベージ・パーティ」の公認シェフも努めさせてもらっていますが、メインは法人向け…

『こんなの作ったことない』が体験できる、新しい食との出会い

上の写真は僕が作ったものではありません。 ZOOMを使って作り手に僕がヒントを出して作ってもらったものです。 ありごち。ありものでごちそうを。 オンライン料理教室と…

新しい料理教室(仮)を始めてみました

「新しい生活様式」と聞いて書きたくなったタイトルですが、実際名前はまだありません。 僕はサルベージ・パーティという、食材を参加者が持ち寄って、その場に集ったもの…

「〇〇がないから作れない」を卒業しよう。(野菜編)

あるもので創るコツ。無茶振り担当シェフが教えます。 無茶振り担当シェフのサルベージ・パーティ 僕は「参加者が家に余っている食材を持ち寄って、その場に集まったもの…

弟に出稼ぎしてきて、と言おうとしてから2ヶ月。

僕は弟と、社員二人でフーディストリンクというケータリングの会社をやっています。 ケータリングが全てキャンセルになり、作り置きセットを始めるまでの2週間。精神的に…

「〇〇がないから作れない」を卒業しよう。(ドレッシング編)

あるもので創るコツ。無茶振り担当シェフが教えます。 僕は学生の頃、荻窪にあるダイニングバー「荻窪D−stand」の立ち上げで料理長をしていました。学生で料理長と言って…