神戸シュタイナーハウス

芦屋・神戸にて、毎月1回日曜日、自分たちにできるシュタイナー教育を実践中。始めたころ園児だった子が、今ではもう中学3年生。継続することの偉大さを感じています。子どもクラスと大人クラス、それぞれが自身の課題と向き合って過ごしています。
    • 中学生のハローワーク

      • 29本

      素敵なゲストからお話を聞かせていただいた記録。 小学校教員、企画屋さん、保育士、ITコンサル、命の話 …and more ! 職業について、人生について、社会について、考えるきっかけになれば嬉しいです。

    • 7年ごとの子どもの成長

      • 3本

      「シュタイナー教育って◯◯だよね」に「それは時期によって・・・」と答えたいけれど説明が長くなりそう。なので、ここに書き記しています。

    • 【大人】手仕事アレコレ

      • 9本

      単純に、自分の身体を使えば世の中に働きかけられるんだ、というのが目に見えて現れるのが手仕事。…なんて事を大げさに言わなくても、キレイなものが出来るのは素直に嬉しいです。

    • 【子ども】リズムの時間

      • 6本

      クラスの前半はリズムの時間。身体を動かして、学習のためのウォーミングアップ。いえいえ、それだけではありません。頭だけでなく心と体も使って学ぶ、大切な時間なのです。

    • バイオグラフィー・ワーク

      • 6本

      バイオグラフィー・ワークに取り組むことは、自分の人生から学ぶことでもあります。一人ひとりが、自分の人生を7年ごとの課題に沿って思い出す中で見えてくる一本の糸。過去を振り返ることで、自分の今と未来を作るヒントが見えてくるという貴重な体験になりました。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

【募集中】中学生のハローワーク【シェア歓迎】

人と人が出会いにくい今。学びの場が制限されています。 中学生は、身近な大人から離れ、社会から学び、世界を広げていく時期。 シュタイナークラスの先生を進行役に、いろ…

【子ども】私・僕とは違う世界の人・・・?

中学生のハローワーク12月のゲストは、研究者の伊藤眞里さん。「じゃあ、普段まり先生って呼ばれるので」と言いながら、zoomの名前を修正するときも、まり先生はずっと笑顔…

【子ども・大人】薬の研究者、伊藤眞里さん

「中学生のハローワーク」21年12月のゲストは、国際的な薬や免疫の研究者、伊藤眞里さん。国立機関の創薬研究のリーダー、海外の大学の名誉講師など、びっくりするような肩…

【コラム】中学生とスマホ(2)ついに時間制限か?

中3で遅めのスマホデビューをした子ども。 (前回の記事は→ココ) スマホは遊ぶだけの道具でもないから、時間制限をするのはナンセンスだと思い、渡す時にちょっと考えた…

【コラム】どっちが環境に良いか論争

動物学や植物学に取り組んでから、「循環」に意識的な私。SDGsが声高に叫ばれるようになってからは、家でそういった会話をすることも増えました。 最近、我が家でよく話題…

1月9日の中学生のハローワークは、ゲストに音楽家の竹上さんをお迎えしました。
多様な活動をされている竹上さんの懐の深そうな雰囲気に、
中学生も安心して質問したり話したりできていたように思います。
開催報告はただいま執筆中〜!
お楽しみに!