邪悪生命体

読書が趣味。仕事以外の場所で時折書評や本紹介記事を書いたりしています(ほとんどが小さな媒体です)。しかしたまには肩肘張らなくていい内容も書きたいと考え、気まぐれな日々の話を綴ることにしました。気付けば恋愛に関するエッセイばかり書いていますが、「モテる方法」指南はしておりません。

年を重ねたら結婚相手の年齢にもある程度妥協すべきなのかという話

久しぶりの「という話」シリーズ第6弾。 カジノ研究で知られる木曽崇さんの「大人の遊び」研究所というYouTubeアカウントがある。このアカウントでは時折「100人に聞いて…

子供の方が恋は純粋?

「大人の恋愛って純粋だからさ」とある小学生が言った。純粋な恋愛とは何かという話になるが、私はすかさず「いや、子供の方が恋愛は純粋だと思うよ」と返してしまった。 …

読書メモ『「家族の幸せ」の経済学』

何度か自分の記事でも紹介させていただいている本である(文末参照)。 『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』 経済学というとお金…

子供たちが思い出させてくれた宇宙への憧れ

久しぶりにnote復帰したいと思っていた。そんな折noteアプリを開いてみると「読書の秋2020」なる変わったハッシュタグが見つかった。最近読書の集中力が続かないヘタレな生…

募る「会いたい」という想い

軽い気持ちでnoteを始めて1か月。まさかこんなに恋愛の話題ばかり書いているとは思っていなかった。 恋愛をテーマに記事を書き続けていると、よく夢の中に過去に関係のあ…

わがままだったのはどっちか

糸が切れるという表現はしっくりこない。 いつも夜7時ごろになると身体が弛緩し始める。 厳密には仕事終わりにすでにその兆候が出ていたのだろう。 しかしそれに気づかな…