塩本悠美子 / メディテーター・マインドフルネス瞑想指導

瞑想をNYのおじいちゃん先生と日本の先生から学びつつ、日常で「ほんまかなあ」と検証しな…

塩本悠美子 / メディテーター・マインドフルネス瞑想指導

瞑想をNYのおじいちゃん先生と日本の先生から学びつつ、日常で「ほんまかなあ」と検証しながら生活しています。日常は寺だと思って生きています。 2012年True Nature立ち上げに参画。同マネージャーを経て2014年よりトレーニング開始、現在は瞑想指導、指導者の養成にも携わる。

メンバーシップに加入する

\\ マインドフルネス瞑想を日常に!// 「メディテーション・プラクティス」は、N.Y.スタイルで学ぶ、マインドフルネス瞑想の練習をコミュニティです。 瞑想の練習は頭で理解するのではなく身体の感覚として理解していくもの。 理論はその方向性の確認のためのものです。 それは新しいスポーツを始めるのに似ています。 まず自分をよく知る「基礎トレーニング」を一緒に始めましょう! そして、それぞれの職場や家庭で活かしていきましょう。 日常といういわば「試合」の場面でマインドフルな力を発揮できるようにしていきます。 オンラインでの練習会(約週4日)の参加と限定の記事(週1回)が読めます。 \\ こんな方におすすめ!// ・マインドフルネス瞑想を初めてされる方 ・知っているけれど何をやっているの?という方 ・1人ではなかなか続けられない ・余裕を持って物事に対応したい ・仕事や家庭でストレスをなんとかしたい ・日常が忙しすぎる オンラインでの練習と記事を読みながら練習を進めます。

  • スタンダード

    ¥980 / 月

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

NYスタイルの本格チベット仏教〜日本フレーバーを添えて〜

はじめまして!塩本悠美子です。普段は主婦をしたり、会社員として働いていたり、東京千駄ヶ谷のTrueNatureMeditationでマインドフルネス瞑想の指導をしたりしています。 瞑想、メディテーションを始めてみたいという方、本や、YouYubeで見たよ!という方がとても増えてきたように感じています。 最初にお伝えしておくと、私たちが伝えているマインドフルネスはルーツにチベット仏教の理論と実践方法があります。 仏教!宗教?しかもチベット!? と驚かれる方もいらっしゃるか

    • 瞑想練習で出会う「障害」への対応案はいつもコレ

      こんにちは。 10月は、瞑想で「出会う障害」についてみてきました。 眠気、痛み、窮屈さ、、色々とご紹介しましたが、対処方法は基本コレです。 「リフレッシュスタート」単に呼吸に戻るとも言えます。 はい、いつもの3ステップではないかというと、その通りなのですが(笑) 練習中「これは、なぜおきているのか」考え始めたら、それは思考です。 ふーっとひと息戻ります。 なにか特別なよい体験をしたと感じる時も、大したことではありません。 ふーっとひと息呼吸に戻ります。 「私」が理解

      • 「辛い退屈」と「楽な退屈」

        今月の練習は、できるだけ長く座る時間をもつようにしています。 私たちの学派の瞑想は、「理論を勉強」して、進む方向性がわかったら 「座り込む」ということを並行して行います。 めちゃめちゃ体育会系なことをいいますが、 「あとは黙って坐れ!」なんです。マッチョなんです。 瞑想の最初のトレーニングは「思考を落ち着かせる」ということです。 ですが、やってみるとまず私たちが経験するのは、落ち着きどころか、落ち着きを感じられない「辛い退屈」のほうです。 坐って何にもしていない。 明日の

        • 「あるがまま」と「そのまま」と「甘やかし」の違い

          瞑想の指導を通じて多少なりとも言葉を取り扱いながらお仕事しています。今日は言葉の「本当の意味するところ」を結構気にしながら使っているという話についてです。 「あるがまま」は最初は一定の努力を伴って初めて触れられる領域「あるがまま」と「そのまま」と「甘やかし」の捉えられている意味がごちゃ混ぜになっている場合が多くて、ここは慎重に言葉を選んでクラスをしています。 瞑想では「あるがまま」を実践しているのですが、「そのままでいい」と捉えられることもあります。 一般的な言葉の定義

        • 固定された記事

        NYスタイルの本格チベット仏教〜日本フレーバーを添えて〜

        マガジン

        • 仏教心理学と日常で感じたこと考えたこと
          0本
        • Awakening from the day dream
          7本

        メンバーシップ

        • 練習会参加方法

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 「N.Yスタイルで続ける!マインドフルネス瞑想」の使い方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/3 (金)ランチタイム瞑想お休みします

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/2 (木)ランチタイム瞑想お休みします

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 練習会参加方法

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 「N.Yスタイルで続ける!マインドフルネス瞑想」の使い方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/3 (金)ランチタイム瞑想お休みします

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11/2 (木)ランチタイム瞑想お休みします

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          瞑想練習で出会う「障害」への対応案はいつもコレ

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          こんにちは。 10月は、瞑想で「出会う障害」についてみてきました。 眠気、痛み、窮屈さ、、色々とご紹介しましたが、対処方法は基本コレです。 「リフレッシュスタート」単に呼吸に戻るとも言えます。 はい、いつもの3ステップではないかというと、その通りなのですが(笑) 練習中「これは、なぜおきているのか」考え始めたら、それは思考です。 ふーっとひと息戻ります。 なにか特別なよい体験をしたと感じる時も、大したことではありません。 ふーっとひと息呼吸に戻ります。 「私」が理解

          瞑想練習で出会う「障害」への対応案はいつもコレ

          「辛い退屈」と「楽な退屈」

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          今月の練習は、できるだけ長く座る時間をもつようにしています。 私たちの学派の瞑想は、「理論を勉強」して、進む方向性がわかったら 「座り込む」ということを並行して行います。 めちゃめちゃ体育会系なことをいいますが、 「あとは黙って坐れ!」なんです。マッチョなんです。 瞑想の最初のトレーニングは「思考を落ち着かせる」ということです。 ですが、やってみるとまず私たちが経験するのは、落ち着きどころか、落ち着きを感じられない「辛い退屈」のほうです。 坐って何にもしていない。 明日の

          「あるがまま」と「そのまま」と「甘やかし」の違い

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          瞑想の指導を通じて多少なりとも言葉を取り扱いながらお仕事しています。今日は言葉の「本当の意味するところ」を結構気にしながら使っているという話についてです。 「あるがまま」は最初は一定の努力を伴って初めて触れられる領域「あるがまま」と「そのまま」と「甘やかし」の捉えられている意味がごちゃ混ぜになっている場合が多くて、ここは慎重に言葉を選んでクラスをしています。 瞑想では「あるがまま」を実践しているのですが、「そのままでいい」と捉えられることもあります。 一般的な言葉の定義

          「あるがまま」と「そのまま」と「甘やかし」の違い

          効果よりも「本当のところ、それどうなっているの?」に興味がある

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          今日は「本当のところ、なんで瞑想を続けているの?」ことについて。 あまり、メディテーションの効果や、モチベーションにつながる話ではないかもしれませんが、なんでこんなに飽きもせずに坐っているのかなということを書いています。 「ランチタイム・メディテーション」無料体験会をはじめたわけ水曜の12:10から20分間、マインドフルネス瞑想の無料体験会を開催します。 普段投稿をみてくださっている方は「ああ、昼の練習会に体験会もあわせたのね!」という感じかと思います。 はい、その通りで

          効果よりも「本当のところ、それどうなっているの?」に興味がある

          マインドフルネスで全体と関わる

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          おはようございます。 確かに、最初は一点に注意を寄せていく要素もあります。 むしろまずは一番大事で、ここから始めなければ何も進まない!と言っていいほど、大事な要素でもあります。 しかし、マインドフルネス瞑想を続けていくと、そのうち視野は広がっていく方向に進みます。点ではなく、360度全方位的になります。 よかれと思って行う立ち居振る舞いが、必ずしも状況を改善する結果にならないこともあります。 #ありがた迷惑 正しそうな反応パターンをよく吟味してみることは重要なことです。

          マインドフルネスのプラクティスを磨く

          「スタンダード」に参加すると最後まで読めます

          マインドフルネスの練習をつづけることは、自分の心とよい関係を築くことに繋がります。

        記事

          効果よりも「本当のところ、それどうなっているの?」に興味がある

          今日は「本当のところ、なんで瞑想を続けているの?」ことについて。 あまり、メディテーションの効果や、モチベーションにつながる話ではないかもしれませんが、なんでこんなに飽きもせずに坐っているのかなということを書いています。 「ランチタイム・メディテーション」無料体験会をはじめたわけ水曜の12:10から20分間、マインドフルネス瞑想の無料体験会を開催します。 普段投稿をみてくださっている方は「ああ、昼の練習会に体験会もあわせたのね!」という感じかと思います。 はい、その通りで

          効果よりも「本当のところ、それどうなっているの?」に興味がある

          マインドフルネスで全体と関わる

          おはようございます。 確かに、最初は一点に注意を寄せていく要素もあります。 むしろまずは一番大事で、ここから始めなければ何も進まない!と言っていいほど、大事な要素でもあります。 しかし、マインドフルネス瞑想を続けていくと、そのうち視野は広がっていく方向に進みます。点ではなく、360度全方位的になります。 よかれと思って行う立ち居振る舞いが、必ずしも状況を改善する結果にならないこともあります。 #ありがた迷惑 正しそうな反応パターンをよく吟味してみることは重要なことです。

          最近の活動内容とスケジュールをまとめました。

          最近の活動内容とスケジュールをまとめました。 何をいつどこでやっているの?というときは、ぜひこちらをご確認ください。 (2023.6.13更新) noteメンバーシップnoteにてメンバーシップをの練習コミュニティを開催しています。 メンバーシップを立ち上げた理由は、 瞑想を練習する上で一番のハードルとなるのが実は「続ける」ことだからです。 マインドフルネス瞑想に、即効性を正直期待しないことが、長く続ける最初のコツかもしれません。 筋トレのように目で見て変化がすぐ確認で

          最近の活動内容とスケジュールをまとめました。

          瞑想はチームスポーツだ!

          マインドフルネス瞑想は「正確にやる」ことが重要よく瞑想では「今にいる」と言うことがしきりに言われます。今日は「今にいる」ということについて、少し深掘りしてみたいと思います。 瞑想のやり方を説明する時に、3ステップを説明すると、 1、席に着く 2、呼吸に注意を払う 3、考えごとに気づいたら「思考」とラベルをはって呼吸に注意を戻す 非常にシンプルです。しばらくするとまた思考(イメージやストーリー)がでてきて、気づいて、また呼吸に注意を戻す。気がつくとまた思考がでてきて気づく

          マインドフルネスのプラクティスを磨く

          マインドフルネスの練習をつづけることは、自分の心とよい関係を築くことに繋がります。

          マインドフルネスのプロセス

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          マインドフルネスのプロセス

          メンバーシップ限定

          問題との出会いは、実はよい知らせです。

          おはようございます。 今日も春の雰囲気のある穏やかな日ですね。 花粉とよい1日をすごそうと思います。 さて、瞑想の練習において障害はつきものです。 春に花粉がつきもののように、おちついていられるときもあれば、そうでないときもあります。 そしてそこに障害を感じることもあるわけです。 練習はいかがでしょうか。 この坐る練習をつづけていくと、さまざまな障害が現れます。 「あまり何か変わった気がしない。」 「意味があるのかどうか。」 「むしろ悪化しているような気さえする。」 「

          問題との出会いは、実はよい知らせです。

          誠実さと優しさで呼吸を精密にみる

          瞑想の練習では、呼吸に注意をはらうことを練習しています。 思考がでてきた時に、呼吸に注意を戻す。 この繰り返しです。 ところが、いくら練習を繰り返しても、思考がなくなるどころか、でてくる回数が減るわけでもなく、上達しないような感じがするという悩みをよく聞きます。 これを聞くと実は内面で「にやり」としています。 そのとおり!順調ですね!と。

          今年もよろしくお願いします!

          さて。昨日は新年初クラス、ご参加ありがとうございました! とはいえ年明け8日目ですし、仕事もはじまりすこしずつ日常が戻り始めている頃かなと思います。 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

          「N.Yスタイルで練習する。マインドフルネス瞑想」

          このメンバーシップは「マインドフルネス瞑想を始めて、続けて、体感したことを日常で発揮していく」練習コミュニティです。 マインドフルネス瞑想は練習を続けることがキモです! 練習を継続するためのツールとして活用ください。 【マインドフルネス瞑想とは何?】マインドフルネス瞑想は心をよく知るための基礎トレーニングです。 何かをよく知るためには、今現在に意識をおいて対象をみる必要があります。 しかし実際にやってみると、よくみるどころか「今に意識を置き続けること」それ自体がそもそも難

          「N.Yスタイルで練習する。マインドフルネス瞑想」

          コミュニケーションで「相手と対話」のつもりが自分と会話しているかも問題

          コミュニケーションがうまくいかないことはよくある。 職場や家族、同僚とのコミュニケーションの中で難しさを感じることは日常茶飯事だ。 【10/22(土)マインドフルネスワークショップ開催お知らせ】 心をやすませる「マインドフルネス瞑想の9つの段階」開催します。 練習を始めてみたものの、よくわからない、どういう方向にすすんでいくのか知りたいという方はぜひおこしください!実はマインドフルネスにもいろいろな段階があります。 「伝えたつもりが、伝わっていない!」 「良かれと思って言

          コミュニケーションで「相手と対話」のつもりが自分と会話しているかも問題

          楽になりたくて瞑想するとき、それは鎮痛剤を打っているだけになっていないか

          瞑想を始めるとき「苦しみ」という言葉が本当のところ何をさしているのかはよく整理しておく必要があると思う。 私たちの日々の生活には、不安があったり、イライラがあったり、恐怖があったり、腹が立つことがあるる。 そういった不快感を感じなくなりたい。できればさけて通りたい。 瞑想にはその力があるのではないか? だから瞑想を始めたという人も多いと思う。 しかし実際にマインドフルネス瞑想を練習すると、このイライラや不安が自分に起こっているということを瞑想中に自覚することになる。 こん

          楽になりたくて瞑想するとき、それは鎮痛剤を打っているだけになっていないか