マガジンのカバー画像

最新ニュース

25
ビジネスと人権に関する最新のニュースの解説です。
運営しているクリエイター

記事一覧

デジタルと人権②〜デジタル・ジェンダー・バイオレンスに対して企業ができること〜

#デジタルと人権   #ジェンダー平等 #性暴力   #女性の権利 #ビジネスと人権 COVID-19の流…

SDGsと先住民族の権利④〜先進国カナダ政府に対する飲料水をめぐる訴訟〜

[最新ニュース]#先住民族 #カナダ #訴訟 #SDGs #水へのアクセス カナダには、約630の先住民族…

ミャンマーにおける現状での人権リスクと企業に求められる行動とは?〜紛争地域におけ…

#紛争地域 #人権DD #ステークホルダーエンゲージメント #ミャンマー クーデター概要2月1日に…

持続可能な開発のための世界経済人会議(wbcsd)、世界をリードする会員企業のCEOに「…

[最新ニュース]#wbcsd #CEO #人権 #サステナビリティ World Business Council for Sustainabl…

2021年のビジネスと人権に関する展望

皆さま、明けましておめでとうございます🎍今年もどうぞよろしくお願い致します。 早速ですが…

【2021年1月28日】第3回ス茶会(SCHR会)を開催します。今回のテーマは「社員アクティビ…

この度、お茶会のような“SCHR会(ス茶会)”と題して、朝活カフェを開催することになりました…

第2回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「気候変動と人権のつながりを考える」でした。

【朝活カフェ/開催報告/ビジネスと人権】 <第2回ス茶会(SCHR会)> ■日時:2020年12月21日(月)8:15-8:45(30分間、日本時間) ■場所:Zoomにて ■テーマ:「気候変動と人権のつながりを考える」 ■スピーカー:SCHR共同創設者 佐藤暁子、鈴木真代、土井陽子 ■参考資料:note記事①:「再生可能エネルギー事業と人権〜ベンチマークで明らかとなった高リスク〜」及びnote記事②:「SDGsと先住民族の権利②〜再生可能エネルギー開発に潜む人権侵害・南米

スキ
1

第1回ス茶会(SCHR会)を開催しました。今回のテーマは「CMで表現される描写とジェンダ…

【朝活カフェ/開催報告/ビジネスと人権】 <第1回ス茶会(SCHR会)> ■日時:2020年11月25…

「健康的な環境に対する子どもの権利」のASEANにおける保護・促進に向けて

 9月25日には国内外で「世界気候アクション0925」が行なわれました。Fridays for Future Japa…

平野裕二
1年前

書籍解説No.28「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」

こちらのnoteでは、毎週土曜日に「書籍解説」を更新しています。 前回の投稿はこちらからお願…

Masa_Jordan
1年前

環境問題からLGBTへの配慮、教育まで。欧米美容企業は次世代の利益のために動く

◆ New English article ◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。 Faceb…

BeautyTech.jp
3年前

10月12日「コロンブスの日」に対する先住民族の思いをもとに、社会の分断に示唆される…

[最新ニュース]#先住民族 #ビジネスと人権 #社会の分断 #ライツホルダー 企業のリスクマネジ…

ジェンダー平等推進に向けたアクション①〜言語表現をニュートラルに変え、ノンバイナ…

[基本情報]#英語 #スペイン語 #人権 #ジェンダーニュートラル #ノンバイナリー   英語でも…

コロナ禍のエッセンシャルワーカーの人権〜米国の労働時間における男女格差が20-50%拡大〜

[最新ニュース]#新型コロナ #エッセンシャルワーカー #ビジネスと人権  新型コロナウイルス発生によるエッセンシャルワーカーの女性たちの権利侵害について、ファッション誌の米国版VOGUEの記事と国際機関による提言に触れながら、ビジネスと人権の視点で解説します。 エッセンシャルワーカーの定義新型コロナウイルス/COVID-19の未曾有の流行は、医療、所得、人種、階級、性別役割分担における格差を拡大させています。そして、もっと忙しく働き続けているエッセンシャルワーカーは、労

スキ
12