沢村颯月

良縁に支えられ幸せを見つけて生きて来るも「争いを避けるためためなら全て私が我慢すればよい」と、欺瞞に満ちた人生でした。2015年家族と離れ、2020年雇用から外れ我が道を歩き始め『不必要なものを手放す』ことで巡る景色、光、香り、温度、我と同根の自然の囁きを魂の言葉で此処に綴る。
    • 阿蘇の森にて

      • 22本

      熊本県阿蘇市のサトの森に居候して 皆んなと一緒に森づくりをしたり ものづくりをしたりしています その日記の様なものです

    • 簡単堅苦しくない忘れる料理

      • 11本

      カフェを持つことを夢見ていたころ。 レストランに勤め、仲間たちとパリに考察の為行ってみたりカフェやフランス料理店を見て回った。 製パンの仕事に就いたり、製菓の本を見て沢山のお菓子作りをした。 カフェで雑貨を扱いたいと思い雑貨の仕事にも就き、手描きの広告やDM製作にも携わった。 色々なこと、きちんと計ったり、ちゃんとやったりする事をしていたけれど。 大体、テキトー、このくらい、こんなもん。。。 で出来ちゃうことに気が付いて 肩から力を抜いて楽しく…思いついたレシピで料理やお菓子を作って食べてます。 そんななので、忘れてしまうのでその記録です。

    • ささの音⁂ふらっとねっとれこーど

      • 4本

      新しい生き方を選択し動き出した時 横の繋がりの皆さんから受けた フラットで温かい応援、声援 時と共にその受けた感銘を 当たり前と思わないため 感動した記憶が薄れていったとき ここに立ち返れるよう 自分の覚え書きとして このマガジンを利用して記録しています。

    • コラム

      • 20本

      いま、ようやく数々の暴力の呪縛から逃れ、同調圧力によってコントロールされず、自然の草木と同根である私の魂を見つめ、自然に依存しサポートを受け赴くままに生きる人生のスタートラインに立った。これまでの息苦しさをエネルギーに変えてこれから生きる道で感じたことを綴ります。

    • ささの音⁂material

      • 5本

      リサイクルショップに二束三文で引き取ってもらっても、買うときにはそれなりに悩み手に入れたもの。その行方は知らずもがなでは、少々寂しい。そういうものが結構ある。ならば、使ってくれる人に無償で譲りたいと考え、ここにそのモノタチを紹介して、使ってくれる人を探したいと思いました。雇用から外れ、12月半ばにひょうたん市場作りに宮崎へ移動する資金も足りないので、送料分と、もし、応援として少額をプラスしていただけたら嬉しいです。強要はしないので、プラスはなくても送料負担で引き取ってくれるだけでも嬉しいです。宜しくお願いします♬

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

藁(わら)綯(な)うコタコッコー作銭

大地の香り温もりを持った稲藁を綯いながら私は稲藁と同じ生命を感じながら日々自分と対話している。その藁との縁で繋がった宮崎県のひょうたん市場へ。。。 『藁(わら)綯…

+4

大麦粉のお焼き

小麦粉がない… 資金不足で色々調達を後回しにするものが 増えてきて 小麦粉がないとTwitterで呟いたところ 九州へ来る前から応援してくれている 保子さんから パンケーキ…

本当の自分の声

これはおかしい 間違っていると思っていても その組織に属していれば 自分の本当の気持ちを言えない 言ってはいけない それ!どう考えても人として間違えてますよ そう…

+7

いよいよ冬の風

昨日からぐーーっと! 寒さが違うステージに入った感じ 藁を綯う(なう)と言う 注連縄飾りの工程は 細かい藁屑が落ちるので部屋の中では出来ない 今日はお日様もあまり照…

+2

ぶつ切りバナナブラウニー

阿蘇の森は雨です 昨夜、おやつ的なものが食べたくなった でも、、、、小麦粉がない… わかっていてコレ↑を 買わなきゃと思っていたけれど 今は買えないのだ ありがた…

+3

注連縄飾りーす✴︎予約受付ます

昨年の2020年 九州へ来るきっかけになった藁綯いから 藁人形作りなどを経て 九州へ辿り着きましたが 暫く稲藁に触れる機会がありませんでした ですがこの秋 阿蘇の森の馬…