小笠原咲絵

小笠原咲絵。青森で採用支援を生業にしています。フリーランスとしての話、仕事の話、子育ての話など。人に伝えるためでなく、自分の心の整理のために書いている方が多いです。元リクルート/フリーランス/社外人事/コーチング/青森/ニ拠点生活

小笠原咲絵

小笠原咲絵。青森で採用支援を生業にしています。フリーランスとしての話、仕事の話、子育ての話など。人に伝えるためでなく、自分の心の整理のために書いている方が多いです。元リクルート/フリーランス/社外人事/コーチング/青森/ニ拠点生活

    マガジン

    最近の記事

    コーチング試験を翌日に控えて感じている気持ち

    明日はいよいよコーチングの口頭試験日。7月は通常の1.5倍くらいの勢いで仕事して、コーチングの練習会も計4回自分で企画、定例で仲間と共にやっているものを含めると計6回を経て、今日に至る。 ここまでの有料セッション時間を先ほど確認したら、34名、200時間を超えていた。CITジャパンの上級コースが始まった9月からなので約合計11ヶ月でこの時間を積み重ねてきたことになる。 セッション時間を管理するシートの、クライアントさんたちの名前を見つめながら、様々なシーンが浮かんでくる。

    スキ
    32
      • 最近のコーチングと私について

        最近のコーチングとの付き合い方について、久々にnoteを書いてみようと思う。 コーチングを学び始めたのは約1年半前。基礎コースのすぐあとに応用コースを受講し、昨年9月~3月にかけて半年間は国際コーチ認定資格の取得を目指して上級コースを受講し、一旦私のコーチングの学びの旅が完了した。 4月は2週間の旅に出ていたこともあり、一瞬で通り過ぎて、今5月に至る。 これから控えているのは資格取得に向けた試験だ。資格取得に必要なコーチング時間は通過し、もういつでも試験の申込ができる状

        スキ
        36
        • noteを始めて3年が経ったらしい

          3年前の今日、私は行き場のない想いを書き留めるためにnoteを始めた。 書き始めたのは、手術を3日前に終えた母の病棟だった。 3年前の自分は、3年後自分がこんな風に仕事して、暮らしていれるなんて、想像も出来なかったな。 お母さん、術後から3年が経ったね。何事もなく過ごせる日々がとてもありがたいよ。 家族が元気でいてくれることに感謝です。 そんなことをリマインドしてくれてnoteさんありがとう。 こんなに赤ちゃんだった息子も、明後日で4歳を迎える。 1歳の誕生日は、母の病

          スキ
          12
          • 私ってほんと飽きっぽいなと思う。2年連続で企画したイベント、コンセプトは同じでも中身は変えたし、昨年より着実にブラッシュアップしたけれど、初めてやった去年の方がやっぱり何倍もドキドキしたし楽しかったんだよなぁ。そう思うと初めてって大事。見通しの立たぬことの方が私は面白い。

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 今月、5つの未知体験をしてみる

              昨日、マイコーチとのセッションで、決めたアクションがこれ。「やったことないことに5つトライしてみる」というもの。 そのアクションに至った背景は割愛するが、8月は何となくshiftの時期に来ている感じがしていて、自分の中での流れが変わってきているので、それを加速させてみようという気持ちだ。 5つ、何がいいだろうか?と運転中などに考えてはいるものの、いまいち浮かんでこない。 今何となくで頭にあるものはこんな感じ 1.やったことない運動をしてみる(ボルダリング、キックボクシン

              スキ
              11
              • 足を止めて、自分の話をしてみませんか?

                <コーチングのクライアントさんを募集します> 昨年11月よりCITジャパンにて、CO-ACTIVEコーチングを学んできました。そしてこのたび、9月より米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチCPCC(Certified Professional Co-Active Coach)の資格取得を目指し、上級コースへと参加することが決まっています。 上級コースへ進むにあたり、コーチングのスキルを磨くため、新たなクライアントさんを募集します。9月~2月は特にコーチン

                スキ
                38
                • そういえば、昨日は志結が「自分でお尻を拭けた」記念日となった。また一つできることが増えて寂し嬉しい。電話してる間に自分でうんちして、拭いて、流してた。なんでもやってあげちゃだめね。自分のケツを自分で拭ける人間にということで「結」の字が名前に採用された志結君、おめでとう!

                  スキ
                  3
                  • 今を抱きしめて生きる

                    幼児が幼稚園バスの中で熱中症となり、そのまま亡くなってしまったというニュースを目にしてから心のざわつきが収まらない。 母親が朝バスに乗せ見送り、夕方迎えに行ったら「登園していない」と言われ、バスに倒れているお子さんが発見されたが時すでに遅しであったらしい。 幼稚園に預けなければ…と自分が母親だったら自分を責めるだろうなとか、だからといって自分自身が24時間見ていたら、事故に巻き込まれたりしないとは言い切れないし、とか。 そもそもこれは事故ではなくて、保育園側の人災だろう

                    スキ
                    6
                    • 独立して2年間を振り返ってみる

                      産休・育休を含めて約10年リクルート(リクルートジョブズ→キャリア)で働き、退職後青森にてフリーランスとなってちょうど丸2年を迎える。 外に出て、初めて会社の看板を下ろし、名刺を捨てて、身一つで仕事を始めた2年前。正直、何者でもない自分が何が出来るのか、出来ないのか、全く分からなかった。でも、何とかなるだろうとそんな気持ちだけは確かだった。 自分に何が出来て、どんなタグが付けられるかということは、会社や組織の外に出てみて初めて理解できる。今日はふと、この2年間の気づきをま

                      スキ
                      60
                      • 忙しい、ということの取り扱いについて

                        多分お相手に意図は無いんだろうけど、今日来た仕事の打診メッセージで、「小笠原さんは多忙なので、〇〇のところをお願いします」と書いてあった。 そんなに頻繁にやりとりする方でもなくて、私のスケジュールをリアルに把握してるマネージャーでもないだろうに、どうしてそんな感じで断定されるのかな?と、ふと思考が止まってしまった。 多忙か、多忙でないかって、誰かに決められること?多忙ですねって、言葉の背景には何があるんだろ?何だかそんなことを思う。 色々やってるよね、忙しそうにしてるよ

                        スキ
                        6
                        • ママ、ててつなご。の破壊力。

                          3歳の息子が、たまらなく可愛いい瞬間があると私は、あぁこんなに可愛い息子と会えるのも、今この時だけなんだよな。 大きくなってから、またこの3歳の志結に会いたいと思っても会えないんだよなぁ。 だから今を心に焼き付けておこう、 だからなるべく写真にも動画にも残しておこう、 と思う瞬間が日常に結構ある。 例えば、最近、夜寝落ちしたいんだけど、なんだか寝れない感じのとき、「ママ、ててつなご。」 と、言ってくる。 これはもの凄く、爆発的に愛おしい言葉だと思う。 でも、真っ暗闇で、

                          スキ
                          9
                          • 行動するライターが八戸を面白くしていく!

                            ポッドキャストを更新しました! https://anchor.fm/-aomorijoshi/episodes/episode6-et1g0o 今回のゲストは高校時代の同級生で、ライター兼エディターとして活躍している栗本千尋さん。 最近、八戸中心商店街発信サイト「はちまち」を立ち上げて、編集長として活動しています。はちまち、ぜひご覧ください! https://8machi.com/ 印象に残っているのは、「ライターのやりがいって?」という問いに対して、「インタビューしてい

                            スキ
                            5
                            • 大事な人を、大事にして生きる。シンプルだけどわたしの人生にとって一番大切なことだ。

                              スキ
                              2
                              • 久々にコーチングのサンプルセッションをさせてもらった。クライアントさんの、人生において大事なものを聞けるのが自分にとってのコーチングの喜びだなと改めて感じる。久々だったから、筋トレ足りてない感満載だったけど。いい時間でした。

                                スキ
                                3
                                • 心の余裕はやっぱり大事。

                                  久々に心の余裕がある今日。 朝一、自動車保険の更新手続きを済ませ、いつ振りか分からないくらい久々の洗車を終えた。洗車は自分でやったわけでなく、行きつけのガソリンスタンドでお願いした。プロの技はすごい。車はピカピカ、社内まできれいにしてくれた。これで600円は安すぎでしょう。もっと活用しようと思えた。 その間にドラッグストアで買い物。切れそうになっていた化粧品たちを買い足すことが出来て、これもまた満足。 心の片隅にあった「緊急ではないけれど、やや重要」くらいのタスクがざっ

                                  スキ
                                  3
                                  • 師走のように過ぎた、濃密な2月を振り返る

                                    怒涛の2月が終わる。今月を一言で表すなら、「遅れてきた師走」。 想定以上に仕事の予定が入ったり、想定外のタスクに翻弄されたりと、自分のコントロールの利かない領域に困惑もあり、力不足も感じた。 同時に、私が仕事でスペース(余裕)をなくすと、必ずそれが3歳の息子に伝わり、息子の余裕もなくなっているように見えるから不思議だ。もう何度目かと思うようなイヤイヤ期が来たような月間だった。不意な瞬間にスイッチが入り「ママ嫌い!」を繰り返し泣きながら叫ばれる。人にこんなに嫌いと言われること

                                    スキ
                                    6