長谷川リョー

ケニアで晴耕雨読ならぬ、読書とポーカーにいそしむ毎日。その昔、編集稼業。 一週間に一度、考えたことをnoteにまとめて、発信しています。
    • 言葉を編んでいく感覚

      • 81本

      以前まで『言葉を手にしていく感覚』というブログを書いていました。 http://ryohsblogtakk.blogspot.jp/ それを引き継ぐ形で、今後はこちらに私的な文章を載せていこうと思います。

    • ライティング・ミレニアルズ

      • 42本

      長谷川リョー、オバラミツフミ、梶川なつこ、小池真幸、井下田梓の5名からなるチームによる共同マガジンです。 特定のテーマについてリレー形式でnoteを更新していきます。(たまにゲスト寄稿者を呼ぶかも?) 今月のテーマは【チーム長谷川で働くということ】です! (毎週水曜日更新)

    • 長谷川リョーのマンスリー読書

      • 15本

      月に一度、オススメ本をコメントつきで記録します。 読書の参考にぜひ。

    • インド瞑想記(2013)

      • 12本

      2013年、就活もせずにインドへ瞑想の旅に出ました。 そのときにまとめた思索の記録です。

    • 夢日記の臨界点

      • 10本

      夢から覚醒し、意識が起動する2秒前、iPhoneのメモ帳に殴り書いてみる取り組み。一ミリも有益ではない、無意味に無意味を重ねた文章の連なり。

固定された記事
+105

世界を相対化する技術

世界は、人生は、「物語」に包み込まれている世界はひとつではない。 そもそも数えることさえできない。世界は「自意識」のなか、刻々と更新され続ける。自意識に揺さぶり…

+5

「好きなことで生きる」は可能か

パラダイムの外側で「好きなことだけして生きていけないものだろうか」 ポーカーと、文筆と、農業と。 最近、けっこう真面目にそんなことを考えながら暮らしている。 だ…

+3

自分で、自分を知るということ

もしかしたら、今回の雑記は二週間ほど前に書いた「人生に“PRINCIPLE”はあるか」に連なる内容になるかもしれない。 その内容を軽く要約する。 「世界を相対化する」と…

+3

人生の夏休み

日本で心を失うまで働きすぎなくてもいいと思うんです。まあ日本に限った話じゃないかな。ぼくの世界の友達たちを見ていてもそう。ぶっ壊れちゃう前に、人生の夏休みが必要…

+18

“人生の中のバケーション”のなかのバケーション

ケニアに来てから一年。振り返ると、毎日ポーカーに明け暮れていた。来る日も来る日も休みなく、カジノに通い、ポーカーを打つ。不思議なものだ。仕事でも趣味でもない。そ…

+4

人生に“PRINCIPLE”はあるか

世界を相対化するためにある者は畑を耕し、ある者はコードを書き、ある者は哲学を探求する。またある者は、毎日ポーカーに明け暮れる。生き方はなんだっていい。一度きりの…