長谷川リョー

言語化や文章構成を支援する、モメンタム・ホースという会社を経営しています。本を書きなが…

長谷川リョー

言語化や文章構成を支援する、モメンタム・ホースという会社を経営しています。本を書きながら世界中のポーカールームを巡っています。東大情報学環→リクルートHD→モメンタム・ホース創業→アフリカでポーカー生活→そして現在。

メンバーシップに加入する

本を書いたり、読んだり、思考を言語化します。たまに旅やポーカーの話をします(すべての過去記事が閲覧可能です)。

  • スタンダード・プラン

    ¥980 / 月

マガジン

  • 世界を相対化する技術

    世界中のポーカールームを巡る旅行記。週一回更新。日常が旅に、旅が日常の生活。見える景色、考えたこと、読んだ本、はたまた各国のポーカールームの様子や戦略について書いています。読者の皆さんと一緒に「世界を相対化する技術」を磨いていきたいです。 【イマココ】🇰🇭←🇰🇷←🇳🇮←🇨🇷←🇲🇽←🇺🇸←🇰🇪

  • 長谷川リョーのマンスリー読書

    月に一度、オススメ本をコメントつきで記録します。 読書の参考にぜひ。

  • 言葉を編んでいく感覚

    以前まで『言葉を手にしていく感覚』というブログを書いていました。 http://ryohsblogtakk.blogspot.jp/ それを引き継ぐ形で、今後はこちらに私的な文章を載せていこうと思います。

  • ライティング・ミレニアルズ

    • 41本

    長谷川リョー、オバラミツフミ、梶川なつこ、小池真幸、井下田梓の5名からなるチームによる共同マガジンです。 特定のテーマについてリレー形式でnoteを更新していきます。(たまにゲスト寄稿者を呼ぶかも?) 今月のテーマは【チーム長谷川で働くということ】です! (毎週水曜日更新)

  • インド瞑想記(2013)

    2013年、就活もせずにインドへ瞑想の旅に出ました。 そのときにまとめた思索の記録です。

ウィジェット

最近の記事

  • 固定された記事

世界を相対化する技術

世界は、人生は、「物語」に包み込まれている世界はひとつではない。 そもそも数えることさえできない。世界は「自意識」のなか、刻々と更新され続ける。自意識に揺さぶりをかけ、新しい「世界の見方」を教えてくれるのは「人・本・旅」だけだ。 恩師との出会い、初めて手にとった本(音楽でも映画でもいい)、初めて異国の地を踏んだときのことを思い出してほしい。「感動」の起点には必ず「人・本・旅」がある。 心が動くと、身体が動く。動くと世界が変わる。また新たな「感動」に出会うことができる。そ

    • 三兄弟の包丁、京都の山奥へ 【#78】

      ジムでトレーニング。胸を中心に背中も。着実に持ち上げられる重量が上がってきた。当初は体重をKPIにしていたけど、そろそろ体脂肪率に切り替えても良いかも。あとは重量。体重・体脂肪率を減らしながら、重量を上げるのはなかなかにハード。筋肉量を上げつつ、脂肪を落とす。 ワークアウト後、プロテインスムージーをがぶ飲みして、TOHOシネマズ日比谷に直行。『夜明けのすべて』を観る。パニック障害とPMS。それぞれの病に立ち向かう若者二人が、小さな中小企業で出会う。弱さを曝け出す術がないま

      有料
      500
      • 理性の解除と幼児性の解放 【#77】

        世界はオマージュの集合体ときに自分が遅筆なのか速筆なのか、自分でもよくわからなくなる。終日かけて、なんとか『designing』の初稿をまとめ切る。難産。ひとつの原稿と向き合いすぎると、その日のうちは論理の細かい瑕疵の探索が不能になる。少なくとも一日寝かせて、朝以降のフレッシュな眼と頭で対峙し直さなくては。 倒れ込んだベッドでアップされたばかりの宇多田ヒカルの新譜をかけて、野垂れる。 「三岳のソーダ割りで」みたいな自分の寝言で起きる。これが深層心理の欲なのだろうか。酒を

        有料
        500
        • 袋小路は次なる宇宙へつながるドア 【#76】

          天才の詩を口ずさみながら、エブリデイが取材目覚めてから読書。『鉄鼠の檻』を読み終えたので、そのまま誘われるように『魍魎の匣』を読む。舞台設定こそまるきり違えど、京極節は相変わらずであり、眼に力を入れて読み込んでいく。少女が主人公なのが意外であり、これもまた作家の懐の深さなのかと嘆息しつつ、そもそも京極夏彦を勧めてくれたGOの三浦さん、マガジンハウスの編集者の方が「今からゼロイチで京極夏彦を読めるなんて、羨ましい」と投げかけられた言葉の意味の一端が理解できた。 正午になり、

          有料
          500
        • 固定された記事

        世界を相対化する技術

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 世界を相対化する技術
          長谷川リョー
          ¥980 / 月
        • 長谷川リョーのマンスリー読書
          長谷川リョー
        • 言葉を編んでいく感覚
          長谷川リョー
        • ライティング・ミレニアルズ
          長谷川リョー 他
        • インド瞑想記(2013)
          長谷川リョー
        • 夢日記の臨界点
          長谷川リョー

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 急遽、ASPT台湾に!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 急遽、ASPT台湾に!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          雪降る東京で肌に感じる、相対性・平均性の引力 【#75】

          雪と剥がれる記憶AM7起床。ナレッジワークのコンテンツ作成を進めて、読書。2年に1回くらい伊坂幸太郎の文体を飲み込みたくなる。表現が難しいけど、自分にとってはポカリスエットのイオンウォーターみたいな味。特になにも考えずに『陽気なギャングが地球を回す』を手に取る。 自分が特に好きなのは伊坂幸太郎作品の登場人物たちによる会話文だ。ポップなウィットに富んでいる。以前「食べたくなる“言葉”」というnoteを書いたことがあるが、伊坂作品は飲みたくなる。 NP Publishing

          有料
          500

          雪降る東京で肌に感じる、相対性・平均性の引力 【#75…

          一回性と有限性の檻の外に身を置くこと 【#74】

          Back to Hectic&Ordinal仕事にこだわりはあるものの、いつだって明日辞めてもいいと思ってる。人生の一回性と有限性に対し、自分が対抗できる手段は身も心も常にフッ軽でいること。木と森。虫と鳥。そもそも、あらゆる全ての制約をいつでも外せること。意思は無限の可能性につながり、開かれていることを忘れたくない。 読み終えた鈴木おさむさんの新刊『仕事の辞め方』の中にあった言葉。人は前提、弱い。自分の意思だけですべてを決定して、突き進める人なんてほとんどいない。周囲の人

          有料
          500

          一回性と有限性の檻の外に身を置くこと 【#74】

          修羅・カンボジア アゲイン 【#73】

          クアラルンプール国際空港でトランジット。やっと見つけ出した喫煙所にはガラナの匂いが充満している。 カンボジアへ渡るのはちょうど去年の今頃ぶりだ。ウィルス性胃腸炎にかかり、サイドギャンブルのスポーツベットでもやられ、正直なところ散々な記憶しかない。 もうしばらくこの地を踏むことはないだろうとたかを括っていたものの、そのわずか一年後に訪れることになるとは。明日の未来はだれにもわからない。 DAY1: WPT Cambodia Championshipプノンペンに向かうフライ

          有料
          500

          修羅・カンボジア アゲイン 【#73】

          才能 VS 努力ではなく、「努力」そのものが「才能」 【#72】

          コテンラジオを聴きながら寝落ちする。AMには起きて、読書を小一時間。夏目漱石『明暗』をゆるゆる読み進める。文章の筋肉質と流麗さのバランスに息を飲む。 銀座のパーソナルへ。カンボジア渡航が迫るものの、行けるときに行っておく。前日の筋肉痛が取れていない下半身は避け、腕・肩周りを攻める。業界で飛ぶ鳥を落とす勢いの「全力ストレッチ」の話題で、懇意にしているトレーナーとひとしきり盛り上がる。今度、体験行ってみよう。 夕方の取材まで時間が空くので、整体に行くかサウナに行くか迷う。結局

          有料
          500

          才能 VS 努力ではなく、「努力」そのものが「才能」 【#72…

          熱を帯びた言葉は、精神の保温効果がある 【#71】

          見知らぬ誰かに、右半身を甘噛み、右掌をガチ噛みされる。いやーな、金縛りで目が覚める。 とにかく予定が詰まり過ぎてて、タスクを進める時間が取れないので、AM6に起きて、2-3時間の作業時間を捻出。集中力の質度を上げることくらいしか自力でできることがない。24時間だけは不動だから。取り掛かっていたジェネシア・ベンチャーズのコンテンツ発信ロードマップのたたきを完成させる。 午前中から終日行われる算命学の勉強会でGOオフィスへ。到着したのにオフィスには人の気配がない。まさかの月間

          有料
          500

          熱を帯びた言葉は、精神の保温効果がある 【#71】

          ASPT皆勤賞を継続する我慢比べ 【#70】

          韓国渡航前の取材ラッシュ時差ボケの類に悩まされることもなく、朝6時にはしっかり目が覚める生活が送れている。 手持ちのボールは多いが、まごつくことなく、確実に一つづつ前進させていく。個人的に注力していた経営者の方の言語化のプロジェクトも再契約を打診いただき、本年も引き続きサポートできることになり嬉しい。しっかりと対価に見合うバリューを出していかなければならない。 頭の中がもっともクリアな朝イチに、再難易度と位置づけられる落合陽一さんの新刊の原稿整理に充てる。自分が持ちうる

          有料
          500

          ASPT皆勤賞を継続する我慢比べ 【#70】

          100回目かのように振る舞い、1回の人生を生きること 【#69】

          LAXで果てるラスベガスから帰国目前にしてfluに罹患。一向に熱が下がらず寝込んで、結局最後までカジノに行けなかった。悔しい。仕方がないので、様子をみてゆるゆると家で原稿作業。 12月に仕込んでいたNOT A HOTEL 2024 特設採用メッセージサイトがOPEN。コンテンツ制作をガッツリお手伝いさせていただいた。 継続してコンテンツ発信に関わることで、NOT A HOTELのビジネスモデルの立体感とビジョン理解の解像度がぐんぐん上がってきた。NOT A 社員化している

          有料
          500

          100回目かのように振る舞い、1回の人生を生きること 【#69…

          ベラージオで迎える2024 【#68】

          ベガスに来てから1週間があっという間に過ぎた。その瞬間だけ花火を見るためポーカールームを抜け出し、ベラージオで年越しを迎える。

          有料
          500

          ベラージオで迎える2024 【#68】

          2023年に読んだ本からオススメの10冊

          毎年恒例の年間読書振り返りログを残しておきます。ケニアで晴耕雨読生活していた去年は140冊ほど読んだのですが、日本に戻って本格的に仕事復帰した今年は80冊。読む本も、リサーチ/インプットを兼ねた仕事関連が主を占めた印象です。 けれど、その中から選び出した10冊のうち、ビジネス関連は『ビジョナリー・カンパニーZERO』と『エフェクチュエーション』くらいのもので、ピュアな読書ジャンルとして、自分はやっぱり文学寄りのものが好みなのだと再発見。 欲望の見つけ方(ルーク・バージス)

          2023年に読んだ本からオススメの10冊

          一日を永遠のように生きる技術 【#67】

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          ルーティンとプリンシプルの王国を打ち立てるゲーム朝イチに日比谷シャンテで公開初日の映画『PERFECT DAYS』を観た。 30年後の自分を見ているかのような、究極のルーティンおじさん映画。一日を永遠のように生きるテクネー(技術)が詰まっている。空を見上げること、どんなに小さな仕事にも生き甲斐を結びつけること、木や葉ではなく根や葉脈に目を向けること。他者の生活の細部に営みに想いを巡らせること、自分も大いなる社会を形成する一つのピースに過ぎないことを慈しむ。子供らの存在に生

          有料
          500

          一日を永遠のように生きる技術 【#67】

          メンバーシップ限定

          野武士はどこまで遠くへ行けるか 【#66】

          或る日、荒野で野垂れる武士今になって「早く行きたければ一人で行け、遠くへ行きたければみんなで行け」が突き刺さってくる。短期的にはひとりが楽だが、長期的には自分を苦しめる(予感がする)。採用の重い腰が上がらなさすぎる。一匹狼で悠々生きるのもいいが、最終的に荒野で野垂れ死ぬのもなんだか…。 今、完全に野武士スタイルでイキイキ仕事できてるのも、クライアントの方々の支え合ってこそ。感謝を忘れず、しっかりバリュー出していきたい。 スタンフォードの経営大学院から一時帰国中の熊平さん

          有料
          500

          野武士はどこまで遠くへ行けるか 【#66】

          生活のゲーム思考 【#65】

          新鮮な成熟を求めて最近のnoteを継続して読んでくださっている方はお分かりのように、修行僧ライクな生活は相変わらず続いている。淡々と強靭に、習慣のネジを主体的に締めながら日々を踏んでいく感覚。「思考は現実化する」は真であろうが、それを土台から起動されるのは習慣に他ならない。 なかなかけっこう退屈に苛まれていたけど、ある取材からインスピレーションを得た。仕事だけじゃなくて、何気ない日常にも「ゲーム性」を見出すこと、そして自分なりの「戦略」を立てること。人生は”自分なりのプリ

          有料
          500

          生活のゲーム思考 【#65】