『週刊少年松山洋』準備号⑤

成功報酬について。

今回の話は機密情報保持違反にならないように弊社の話ではなくあくまで一般的な話をします。

メーカーの100%出資によって開発が行われたゲームソフトにも損益分岐というものが存在します。商品である以上は当たり前ですが。そのゲームソフトを開発・宣伝・営業する上でかかった全てのコストを回収するための損益分岐点のことです。

(これはあくまで会社間の実績などで設定されるので必ずそうということではありませんが。)損益分岐点を超える売上・利益が出た場合にはパブリッシャーからディベロッパーにある一定の成功報酬が設定されます(支払われます)。

もちろん、成功報酬が設定されない場合の契約条件もありますが、あくまで一般的に設定された場合の話です。

例えば損益分岐点が30万本に設定された場合にはそれを超える300,001本目から成功報酬が発生します。もし損益分岐点が30万本で、実績の販売本数が35万本だった場合には5万本分の成功報酬が支払われます。

成功報酬の1本あたりの価格設定はそれこそ会社によって条件が様々です。

この続きをみるには

この続き:338文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り1/ 30

『週刊少年松山洋』準備号⑤

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
10
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。