見出し画像

第200号『2000年後の君へ』

おかげさまでこのnoteでの『週刊少年松山洋』連載も200号を迎えました。

日常の業務の合間を縫ってだいたい毎月10号以上書き続けてきて、時には炎上したりしながらも沢山の読者の方々に支えられて気がついたらもう200号という感じです。

この『週刊少年松山洋』では“あらかじめ書くことを決めずに机に向かった瞬間に今書けること&言いたいことを頭の中にパッと思い浮かべてそれを書き連ねる”というルールでやって来ました。

その時その瞬間に考えてる事を文章としてキチンとまとめて書く能力を研ぎ澄ませる為に自分で課した書き方です。(この書き方を私は『無極』と名付けました)

ある意味その場の思いつきで書いているようなものですから時には物議を醸すような内容もありましたが、所詮我々がやっていることは常在戦場。

今この瞬間になんとか出来る力をすぐに引き出せる能力を身につけてそれをコントロール出来るようにしておく必要があります。

きっとそれを“実力”と呼ぶのだと思います。

“あらかじめ十分な準備時間をいただければ出来ます”なんてダサいことを少年漫画の主人公はきっと言わないと思うから。

自分でそう考えてそう決めて始めた『週刊少年』。

やってみたからこそ、続けて来たからこそ学べたことも気づいたことも沢山ありました。

やって良かった。(改めて佐渡島庸平に感謝です)

そしてこのnoteに新たにサイバーコネクトツー公式ページも誕生しました。

先に伝えておきますがこれからサイバーコネクトツーの各ブログは全てこのnoteに移籍&統合予定です。(山之内が担当)

“時代に合わせて変えていきましょう!”

と山之内が笑顔で私に宣言してましたよ。

また今までこうして書き連ねてきたこの『週刊少年松山洋』の書籍化も山之内は考えているようです。

もし興味のある出版社さんいらっしゃいましたら弊社担当山之内までご連絡ください。

ともあれ。

これからも多くの皆様と一緒にこの世界で繋がり共に楽しいことをやっていけるように。

全力でまた情報発信していきますので、引き続き『週刊少年松山洋』とサイバーコネクトツーと山之内と松山洋をどうぞよろしくお願いします。

※200号を記念してバナー画像を変更しました。たぶん300号まではこのイラストのイメージでいこうと思います。イラストはサイバーコネクトツー所属の絵描きヒガシに用意してもらいました。パッと見た瞬間に印象も変わって明るくなったと思います。ヒガシありがとう。

※記事タイトルの『2000年後の君へ』はご存知の通り『進撃の巨人』の第1話のサブタイトルから拝借しました。まぁ“2000年後の読者にでも楽しんでもらえるように書き続けていきますよ”という宣言を込めてつけさせていただきました。(さすがに大げさ)漫画の連載の方もいよいよクライマックスで毎月目が離せませんね、『進撃の巨人』漫画もアニメも楽しみです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
38
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

コメント2件

200号連載記念、おめでとうございます!
これからも楽しく読ませて頂きますね!
応援しておりまーす!!
٩(๑>∀<๑)۶
拝啓、松山洋社長様

200号、誠におめでとうございます。
松山社長の挑戦をこれまでずっと拝見してきて、我がことのように嬉しい思いでいます。

どうか、300と言わず1000号、2000号と書き続けて下さい!応援しています❤👍

頭上に星々の輝きのあらんことを!
ですね!

黒薔薇より
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。