見出し画像

第207号『頑張らないことを頑張るとか言い出すんだろ?』

今回は(も?)ちょっと過激な表現というか発言になりそうな予感がします……と先に宣言させていただきます。

嫌な予感がする人はこの先の後半部分は読まないでくださいね。

(え?予感とかそれは難しい?ならもう今のうちに引き返しましょう)

(始まりますよ?)

最近ずっと気になっていたことがあって。

それについて考えた時にやっぱり自分の中には答えはひとつしかなくて。

たぶん言葉にした方が良さそうだな、って思ってこの記事を書いています。

まぁ、要するに。

何が言いたいかというと。

最近“そんなに頑張らなくてもいいんだよ?”とか言い過ぎじゃないですか?

こーゆー感じのCMというか広告とかを(いつだったかはもう忘れましたが)初めて目にした時から

は?なにそれ?

って私は思っています。

“なんて無責任で傲慢な発言なんだ”

って思っています。

ほんといつからなんでしょうね?

疲れ切った現代人を癒すための言葉で世の中が溢れたのは。

ほんの20年くらいまでは“24時間戦えますか?”ってCMで言ってたわけですから、この10年くらいの流れなんでしょうか。

“頑張らなくていい”

“頑張り過ぎちゃダメ”

そんな言葉だらけで正直(私は)嫌気がさしています。

じゃあ頑張らなかったとして、それで目的も目標も達成できなかった時に

“そう言うあなたがなんとかしてくれると?”

そーゆーことですか?

違うでしょう?

“身体や精神だけを上っ面で心配して優しい言葉をかけている”だけでしょう?それだけなんでしょう?

この続きをみるには

この続き: 997文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 34 / 40

第207号『頑張らないことを頑張るとか言い出すんだろ?』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

良かったらサポートいただけると嬉しいです。創作の励みになります。

スキありがとうございます!嬉しいです
52
株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 ゲームソフト開発タイトル代表作『.hack』シリーズ 『NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメット』シリーズ 『ジョジョの奇妙な冒険』 著書『エンターテインメントという薬』『熱狂する現場の作り方』漫画『チェイサーゲーム』

こちらでもピックアップされています

週刊少年松山洋
週刊少年松山洋
  • ¥1,000 / 月
  • 初月無料

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。ゲーム・漫画・アニメ・映画などエンターテインメント業界の話を中心に毎週記事が更新されます。更新頻度が高いので圧倒的に定期購読がお得です。

コメント (7)
かなり過激ですね。

すみません。一個人としてのコメントになります。
気を悪くなさらないでください。

僕は「頑張れ」という言葉は嫌いです。「頑張れ」=「無理しろ」と捉えているからです。人に言われるとあまりいい気分ではありません。他人事みたいで。
それで2度ポンコツに落ちたわけですが・・・。
よくわからないのが「他人が言う言葉」なのか「自分が言う言葉」なのか。

自己紹介にも書いてありますが「頑張らない」「努力しない」でやってます。
文字数制限があって書いてませんが、やるべき事、やりたい事はとにかく「全力」でやってます。
全力というのは今ある自分の力を出し切って出し切って最善を尽くすことだと自認しています。もし立ち止まったら考察、次を模索してそれをまた全力でやればいいだけのことです。

ニュアンスの違いなのかわかりません。
「頑張る」を肯定したとして、一度は挫折を経験しておくといいとは思っています。

あと「頑張らないことを頑張る」とか「頑張るのをやめよう」は論外かと・・・。

正論に乱文を失礼しました。
コメントありがとうございます。全力で取り組むというのは人それぞれですし、それこそ匙加減はわかりませんし、本人の全力も人から見たら『その程度』と思われることもあるかもしれませんが、そんなことはどうでもいいと思っています。

やっている人間に対して「そこまで一生懸命やらなくていいよ、もっと力抜いて」と水を差すな、という話ですね。

全てを納得して自分で決めてやっているのだから、周りがとやかく言う問題じゃないということを伝えていきたいですね。

頑張る・頑張らない、は正直問題では無くて結果的に辿り着けるかどうかだけだと思いますので。正直プロセスもどうでもいいと思っています。

ただその過程で努力している人に対してわけのわからない理屈を掲げる人が理解できないというお話でした。
ちょっとタイムリーな事だったので熱くなってしまいました。申し訳ありません(==
皆様のコメントのように冷静に書けるようにしていきますm(_ _)m

ご返答、とても感銘を受けました。そうですよね。
いえいえ、熱いご意見大歓迎ですよ!引き続きよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。