スクリーンショット_2020-02-02_14

接吻/ORIGINAL LOVE 歌ってみた(cover by Payao):Payao×Taishoカバープロジェクト

Payaoです。
Taishoさんとカバープロジェクト第二弾として接吻/ORIGINAL LOVEを歌ってみました。

カバープロジェクトとは、Payaoの想い入れのある楽曲を、Taishoさんがアレンジし、Payaoが歌を吹き込むことで形にしていくプロジェクトです。

「接吻 -kiss-」(せっぷん キス)は、1993年11月10日に発売された、ORIGINAL LOVE通算5枚目のシングル。田島貴男によれば自分の作風が定まった曲だとし、“長く甘い口づけを交わす”という一行で「決まった!」と思い、この曲は、歌っていて一度も恥ずかしいと思ったことがないと、2007年10月のインタヴューで答えている。

とあるので田島さんにとっても渾身の楽曲だったのですね。リリースから多くのアーティストにカバーされ、今でも色褪せない名曲であることは間違いないと思います。

僕は田島さんの独特のリズム感を敢えて消し、よりPOPSに近くなるような歌い方を意識してカバーしました。と言うのもオリジナルはこの跳ねたリズム感や渋い歌声あっての色気がムンムンと出ているのですが、僕の声だと軽すぎて若すぎて何かしっくり来ない感じになってしまうんですよね。なので自分の声にあった歌い方として淡々とした歌い方、少し精神年齢の若い声色で歌うことにしました。

この歌詞の好きな部分はど頭のフレーズです。

長く甘い口づけを交わす
深く果てしないあなたを知りたい
fall in love 熱く口付けるたびに
やけに色のない夢を見る

この曲は終始相手のことを強く求めるたびに、煮え切らない・決して届かないその相手への距離を感じ、愛情と絶望の果てしなさに虚無感を感じている、そんな憂いを持った主人公の歌に感じます。知れば知るほど沼にはまり抜けられない、その底無しの沼の中に更に飲まれていきたい自分も確かにいる。そんな葛藤の歌でもあるんですね。

ちなみにこのサビ頭のコード進行
CM7 /Baug /Em7 /A7 の流れは【Pororoca 】や【服を脱がして】など僕の楽曲でも多用しているコード進行で大人っぽいロマンチックな雰囲気に包まれますよね。

では聴いてください。

Payao

-------------------------------------------------------------

2枚組アルバム【Grasshopper&SIDECAR】をリリースされました。
下記がトレイラーです。

下記から購入可能です!

そもそもPayaoってなんなの?ってからは下記をご覧ください!

#DTM #音楽 #コラム #アート #作曲 #オリジナル #youtube #気づき
#SNS #Payao #デジタル #MV #詩 #動画 #人生 #つぶやき
#言葉 #創作 #歌ってみた #カバー #オリジナルラブ #接吻 #ORIGINAL LOVE






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂いたお金は楽曲制作費や活動資金に充てられます。

Arigato!Payao
21
フリーのアーティスト、作詞/作曲/ボーカル。サイトでは歌詞、楽曲への思い、制作過程や関わった方『Family』を紹介。新しい可能性に気付けるような言葉を呟きます.HP→ http://payao-web.jp ストリーミング→ https://linkco.re/d2pNTasv