「だから日本に助産師さんが必要です」令和版

出産子育ての喜びや成長、悩みや苦しみはセットです。親になるのに必要な導きは?出産の痛みを乗り越える助けとは?助産師が寄り添う出産体験談が次世代の女性達の参考になるよう、日本の出産環境を考えるグループの集い「Mother with Midwife」が周産期医療に求める声を届けます。
+1

夫の残してくれたこの宝物を、私は精一杯育てていきます

私は出産にあたり二人の助産師さんに助けていただきました。 夫の後天的な病気のために、私たち夫婦には初めから顕微授精しか選択肢がありませんでした。3度目の着床手術で…

女性には助産師さんが必要です。

小柄な倉島先生は、身長175cmの私がものすごい力で両足を突っ張った時にも「大丈夫だから思い切って力をあずけて。ほら腰をひかないで、う〜んと前に突き出して、両足踏ん…

「お産が変われば世界が変わる」

私は産婦人科医です。医学生の時に愛知県の吉村医院に見学に行き、その時に見せていただいたお産に感動して、「こんなお産に関わりたい!」と産婦人科医を目指しました。自…

+2

父親になった息子たちにお茶畑助産院を紹介する未来を夢見て

私は10年間、夫の駐在でタイに住んでいます。長男は13歳、次男は8歳になりました。どちらも助産師の高橋さんにお世話になり、静岡県の実家で自宅出産をしました。 (タイ・…

+7

助産師が活躍できる世の中は女性が女性性で生きていける社会だと思います

妊娠出産は誰にとっても「女の人生の大転換」 病院で産んだ時も転換はした。家族が増えて母になる…という転換。 でも、自宅出産はそんなものじゃなかった。 "本来のお産"…

―ボクがMy助産師を勧める理由―

二年前の春、僕たち夫婦は妊娠しました。 最初は友人に薦めてもらったクリニックに健診に行っていましたが、そこでは先生と話す時間は10分ほどで「大丈夫、順調ですよ」と…