見出し画像

アール・ド・ヴィーヴル04/ピエト・ウードルフさんの庭への旅

アムステルダム駅を9時頃の電車に乗って2時間半。アーヘンで乗り換えてzutphenへ。

電車が遅れて、もう乗れないかと思ったバス(1時間に1本しか出ていない)に、ミラクルに飛び乗れて、そこからかつ30分。かなりの長旅。

でもあたりの景色はどんどんラブリーになって、小さな水路に野鳥が遊んでいる。夜中から降っていた雨雲もぐんぐん去って、晴れ男ぶり発揮。

グレーの空に青空が現れる。夏の名残の光が差しこんでくるが、空気はひんやりしていて、すこし肌寒い。でも、とってもさわやかで、気持ちのよい日になった。

「あと2つめのバス停だよ」と、気のよさそうなドライバーが、合図してくれる。

下ろされた場所は、広大な畑と大きな並木で、あたりに家らしきものはほとんどない。


渚(以下N)‐ 遠くまで来たけど、なんか楽しいね。

繁雄(以下S)‐ 車道歩くと危ないよ。

N- 大型トラックだらけだね。こんなに田舎で畑ばっかりなのに、庭なんてあるのかなあ。あ、そこの小道を左に入ればいいんだよ。(と、携帯のグーグルを見てる。)

S- 歩いてくる人なんてもはや誰もいないだろうね。

(途中に大型トラクターの修理工場や乳牛で作るアイスクリームの工場なども通過する。)

N- でも、どの家も庭をきれいにしてるね。(歩いて15分くらいして)あ、あれじゃないかな?ウードルフさんの家。

S- なんかかっこいい。外の木が刈り込んである。

(入り口に到着。)

N- よかった。オープンって書いてある。週に3日間しか公開していないし。

S- 吉谷桂子(ガーデナーで80年代からの友人)と話してるときに、彼女が今、最も注目してるのがオランダのガーデナー・デザイナーのピエト・ウードルフさんだって話になったんだよね。ちょうど僕ら、彼がガーデニングしたVoolinden Museumに、オープンしたての頃に見に行ってたんだよ。

N- デンハーグから行ったんだよね。超かっこいいコンテンポラリーアートのコレクションと建築、そして庭がすごくきれいで、誰がガーデンデザインしたんだろうって。随分写真撮ったよね。

S- そうしたら、オランダに彼の自邸の庭が公開されてるって聞いて。僕らも三ケ日(浜名湖沿い)に庭をつくりたいと思ってるから。アート&ガーデン。

N- そこでセラピーもできたらいいなあ。

S- まあ、じっくりやるさ。でも、本当に来ちゃったね。

ウードルフの庭の入口の通路に入る。夏は終わり、華やかな花はもうないけれど、枯れかかった花の色の組みあわせ、繊細さ、形の組みあわせのなんと絶妙なことだろうかと、僕らは唖然とする。

中に入っていくと、毛糸の帽子をかぶって、オレンジ色のパンツをはいた女性が話しかけてくる。

「ようこそ。どこからいらっしゃったの?車?バスで来たの。トーキョーから?前の庭とそして後ろもあるの。ゆっくり過ごしてね。」

緑とオレンジのファッション。とてもいいヴァイブレーション。見ると、とても素敵な首飾りをしている。

「これはネイティブ・インディアンのものなの。」

いい庭にはかならず、フェアリーや魔法使いがいて、やさしく迎えてくれるものだ。90年代に吉谷桂子と博光夫妻といっしょに、イングランドのたくさんの庭を車でまわったけれど、ガーデナーたちや庭師たち、スタッフはいつもラブリーだった。それは、宗教のもつ救済を超えた、やすらぎとよろこびがあるといつも思う。

それはきっと四季のチェンジ、生から死へ、死から生へのエンドレスな生のいとなみがあり、人間がエゴに苦しむのとは全く別のサイクル(自然のサイクル)と彼らが直面しながら生きているからだと、僕は感じている。これは庭をたずねる喜びにとって、とても大切なことだ。

さまざまな場所の人が、この「遠方」にある小さな庭を訪れている。それは全く「観光」などではない。それぞれの訪問者たちは、植えられた植物の「面白さ」「興味深さ」(インタレスト)に夢中になり、植物の細部や形、それらが風に吹かれ、瞬間瞬間見せてくれる表情の違いに、時を忘れて過ごすのだ。

来訪者同士は話すことはないが、ここにいる人は皆、同じ何かを共有できているという平和がある。

ウードルフさんの庭は2つの円形の小道が組み合わされ、8(無限)のマークのようだ。四方を高い生垣で囲まれた秘所の中に、さまざまな植物が植えこまれている。

N- 今まで、見たことがない感じがする庭だね。とても不思議ないい匂いがする。

S- 何年も何年もかかって、ウードルフと植物が共働でつくる出した感じがする。成形式の庭は「人間のデザイン」どおりに植物を植えるけど、ここは全く考えが違うね。植物が生えたいように、自然にまかせてるように思う人もいるかもしれないけど、自然にまかせたら、こんなに調律された世界は出現しないもの。ちょっと前まで花をつけていた植物が枯れて、はっぱや茎だけになり、色やかたちが変わるとどうなるかも、ウードルフさんはわかって作っているね。それは、何年も何年も自分の庭と対話しないと生まれてこない。色の変化も。

S- 抗がん作用もあるような気がするな。薬用植物もずいぶん植わっているのかな。

N- ハーブも多いね。フェンネルやバジルや。いろいろなハーブの匂いの中を旅してる気分だね。

S- ところどころ、隠れた場所に花も咲いていて。これは、人間がデザインしてはとてもできないな。これからデザイナーになる人は、まず庭を造ったほうがいいんじゃないかな。

N- こないだドリス・ヴァン・ノッテンの映画観たじゃない。ドリスも庭から、ファッションのインスピレーションを得てたね。組み合わせとか、パターンとか、色とか形。

S- そのことはもっと重視されてもいいと思うな。人工と自然を対立に考えないクリエイティブの宝が、そこに詰まっている。

N- Antwerpの本店のディスプレイも素敵だった。ほんとにユニークだよね。

S- ほかのデザイナーが、「デザインしよう」としているのに対して、ドリスは、自然の時間が生み出すスピードを知っていて、それがエキセントリックを生みつづけている。

N- ベルギーやオランダなんて、とっても人工美の街なのに、自然に対するセンスがとても高いのは面白いね。

S- ほんとだね。

S-裏の庭も見に行こう。

N- 見て!座ってパン食べてる人もいる。

S- くつろいでるな。でも、オランダ人だから、パックからパン出して、フルーツはさんだだけ。

N- 赤ワイン持ってきたやつ、こっそり飲もうよ。(ビニール袋に包んでコップにつぐ。)あー、おいしい、このワイン。シチリアのオーガニックワイン。エコプラザに売ってた。安かったけど当たりだね。

S- (レンガに座って)ああ、最高だね。天気の神様も味方してくれてる。あの黒い雲と青空、きれいだね。(目の前の風に揺れている花を撮る)

S- ほら。(と見せる)

N- わあ、きれい。デザインされてるね。

S- 教えてくれるものが無限だよ。いい庭は飽きることがないなあ。

N- ハチが飛んでくるね。ワインがオーガニックだからかなあ。わー。

S- ハチはわかるんだろう。

気が付いたらあっという間に2時間ちかく経っていた。

N- 風がつよいね。

S- いい季節に来たな。ちょっと肌寒いくらい。すこし酔っぱらってきた。あー、気持ちいい。

N- このレンガの建物はなんなのかな。家?

S- ゲストハウスなのかなー。

奥の家を見ていたら、さっきの女性スタッフが近寄ってきて、「入ってごらんなさい」と言う。中に入ると、白髪の長身の老人が、地面に這いつくばって草取りの作業をしていた。

N- ウードルフさんかな?

S- きっとそうだね。

N- とっても楽しそう。

僕らはしばらくその庭仕事の様子を見て、「サンキュー」とだけ言って、そこをあとにする。

ウードルフさんは手をあげて、微笑んだ。素敵な出逢い、そして別れ。

もう来年からはここは公開されない。

N- そろそろ帰ろうか。バスの時間も近づいてきたよ。

S- あー、楽しかった。あっという間だったけど、とても愉しい充実した時間だったね。ウードルフさん、ありがとう。


BOOKMARK…

Museum Voolinden http://www.voorlinden.nl/

Piet Oudolf https://oudolf.com/

吉谷桂子オフィシャルサイト http://www.ygs-gallery.com/

後藤渚ブログ http://sakanatote.hatenadiary.jp/



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サンキュー(繁雄)
2
編集者でクリエイティブディレクターの後藤繁雄と渚。 夫婦2人の「旅と暮らし」をつづります。 夫65歳、妻41歳。 https://www.youtube.com/channel/UCxnUXuFX0if8uN1II_pLihg/featured
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。