後藤家

後藤繁雄と渚のアールドヴィーヴル/スイスアスコーナ

夫婦での旅の記録です。
スイスのイタリア国境近くにあるマッジョーレ湖の湖畔のレジデンスにて。
6月上旬のある夕方、モンテヴェリタ(真理の山)を眺めながら。

noteはこちら。
https://note.mu/nagisagoto/

アディオス!(繁雄)

アール・ド・ヴィーヴル04/ピエト・ウードルフさんの庭への旅

アムステルダム駅を9時頃の電車に乗って2時間半。アーヘンで乗り換えてzutphenへ。

電車が遅れて、もう乗れないかと思ったバス(1時間に1本しか出ていない)に、ミラクルに飛び乗れて、そこからかつ30分。かなりの長旅。

でもあたりの景色はどんどんラブリーになって、小さな水路に野鳥が遊んでいる。夜中から降っていた雨雲もぐんぐん去って、晴れ男ぶり発揮。

グレーの空に青空が現れる。夏の名残の光が差

もっとみる
また見てくださいね!(渚)
2

アール・ド・ヴィーヴル03/アントワープにて(ショートトリップの愉しみ)

1 黄昏どき

アントワープには列車で行った。
朝早くアムスに着いてホテルに荷物だけ置きに寄って、身軽になる。

まず繁雄は、大好きなミュージアムであるティルブルグのTEXTIELLABに渚を連れて行った。繁雄はもう2.3回行っているのだが、毎回ワォというほど楽しいからだ。
渚はまだ行ってないんで、ちょっと強行でも、行っちゃえ!

みんなもぜひ行った方がよいです。
短時間だったけど、満喫して(これ

もっとみる
ありがとうございます💛💛(渚)
4

アール・ド・ヴィーヴル02/屋久島2018-08-21送陽邸にて

アールドヴィーヴルって何だろう。
文字通り言えば、アートとして人生を生きるということだろう。でも、僕らは「人生の達人」や「悟った仙人」みたいなりたいわけじゃなく、1人ではなく2人で人生を満喫すべき術としてこのコトバを捉えているのです。
joyと結びついている。
お金もちでも人生を楽しめてない人もいるし、スピリチュアルだけどjoyの無い人も見てきた。

僕らは歳も離れているし、全く遠い人生を歩んでき

もっとみる
サンキュー(繁雄)
9