刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑

刀とくらす。マニアックで奥の深いライフスタイルを紹介します。 部屋に飾れる刀の展示ケースを製作中。 刀が三度の飯より好き。 HP https://www.katana-case-shi.com/ ツイッタ https://twitter.com/katana_case_shi

刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑

刀とくらす。マニアックで奥の深いライフスタイルを紹介します。 部屋に飾れる刀の展示ケースを製作中。 刀が三度の飯より好き。 HP https://www.katana-case-shi.com/ ツイッタ https://twitter.com/katana_case_shi

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    定期購読マガジン「刀箱師の日本刀note」スタートします!

    このnoteも気が付けば630日以上毎日更新している日本刀ブログとなりました。実は1週間ほど前から「刀箱師の日本刀note」という定期購読マガジンをスタートしています。 今回はこのマガジンを定期購読するとどういった記事が読めるのか?について書こうと思います。 ①定期購読すると読めるものについてこちらでは過去に書いた記事を全て無料で見れる他(単体購入記事以外)、定期購読者の方限定で読める公にはあまり書きづらいような事など含めてまずは月に2〜4記事を目標に触れていく予定です。

      • 室町期の獅子置物と同時期の鐔の共通性など

        古銅製の獅子の置物を買いました。 室町時代頃の大香炉の蓋の掴みと思われるものだそうで。 どこか愛嬌があって可愛らしく机の上に置いておくには良いかなと感じたのと、当時の鐔の素材と共通項が見られないかと思い手元へ。 縦5㎝、横3.5㎝、高さ5㎝程度。ずっしりと重い。 大香炉をネットで検索してみると似たようなものをヤフオクで発見。 きっとこのような感じで蓋の上部に付いていたのかもしれません。 因みに足には小さな丸穴が開いてあり、これを使いカシメて蓋に固定していたものと思われます

        • 今話題の「ChatGPT」を使って日本刀のあれこれを聞いてみた

          現在ChatGPTが世界中で話題になっています。 というように、上記も実はChatGPTに聞いて返ってきた返答だったりします。 このようにChatGPTは、人がしゃべるのと同じような言葉で返答してくれるもので、わずか5日間で100万人のユーザー獲得に成功しているようです。 100万人達成はインスタで2ヶ月半、Facebookで10ヵ月かかっている事からいくら時代が違うとはいえ、これがどの位凄い事なのかは想像に容易いです。 今回はこのChatGPTに日本刀にまつわる質問を

          • 古金工 虫喰海鼠透鐔①

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 刀箱師の日本刀note(初月無料!過去記事も読み放題)
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑
            ¥600 / 月
          • 愛鐔紹介
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑
          • その他
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑
          • 刀装具
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑
          • お知らせ
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑
          • 日本刀を購入するにあたって
            刀箱師の日本刀ブログ 中村圭佑

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            刀の格を高める「刀掛け」

            刀を掛ける「刀掛け」 刀同様に武家には必ずあり、拵同様、常に刀と共にあったと言っても過言ではないかもしれません。 新選組の近藤勇の写真にも刀掛けが映っています。 この刀掛けですが、蒔絵の使われた豪華なものから、質素で詫び寂を感じるような雰囲気の物があります。 刀屋さんなどに行くと刀掛と共に刀が飾られている事があります。 今まではついつい刀や拵ばかりに目が行ってしまいなかなか刀掛けには目が向かなかったのですが、刀が拡張高く見えている要因の一つに刀掛けが影響している可能性もあり

            剣(両刃)の拵の色々

            剣の拵といえば三鈷剣を私は思い浮かべるのですが、調べてみると実に様々な拵があったので紹介します。 ①宗教を感じさせる物剣自体が元々は宗教の儀礼物や祭器として重宝されていた事から、宗教みを感じるのはごく自然の事ですが、中でも拵だけを見ても宗教みを感じるようなものは、恐らくこちらの三鈷剣ではないでしょうか。 ②宝剣みを感じるもの剣は神社仏閣に奉納されている宝剣もとても多いです。 ここで言う「宝剣み」というのは装飾が豪華で神聖みを感じるもの、という意味で使用していますので御理解

            その辺で売っている鐔も文化財級の拵に付いていた可能性がある?

            鐔は沢山売られてますが拵は木に漆の物が殆どで、材質の都合もあり残っている物がとても少ないですよね。本来は鐔の数、とまではいかないまでも迫るほどあってもおかしくはないと思うのですが。 一見簡素に見える鐔も国宝や重要文化財級の素晴らしい拵に付いていた可能性のある物は実は沢山あるのではないでしょうか。 という事で今回は文化財の拵に付いている鐔にフォーカスして見てみます。 今回調べるにあたり図譜などを色々探したのですが、多くは拵えを真横から映しており、鐔の見えない写真が殆どでした。

            刀は跨いではいけない

            刀を跨ぐことは無礼とされています。 ・刀を跨いではいけない理由刀を跨いではいけない理由として、刀剣ワールドさんのHPを見ると以下の様に記載されています。 熱田神宮さんのHPを見ると、刀の製作そのものが神聖的な行為である事が分かり、そこで使用される道具類を跨ぐことも固く禁じられる、とあります。 つまり理由は主に2つで、1つが刀そのものが神聖的なものであるという考えがなされている点、もう1つが相手(所有者)への敬意を払う事が大事と考えられている点、という事でしょうか。 剣

            縁が無いように感じる時(その後)

            こちらの話の続きですので、まだの方は以下を先に読んで下さい。 悩み抜いた上で在庫あるかの問い合わせメールを送るも、メール送信に2連続で失敗。 物から避けられているような感じがして縁が無いようにも感じていましたが、やはり気になりその後電話をしてみました。 するとなんとまだ在庫があるとの事。 昨年11月には大刀剣市もあり、もう売れてしまっているとも考えていたのですが過去に何度も見て良いなと思っている作ですので、やはりあるのは嬉しいです。 という事で近いうちに時間を見つけて見て

            実物を見て買う場合とそうでない場合、どちらがより気に入った作を買えたのか振り返ってみる。

            刀装具を買う時ネットを利用する事が度々あるが、画像で見て直感的に良いなと感じたものと実物を見て直感的に良いなと感じた物では後のお気に入り度に差が出ているような気がするので振り返ってみた。 今まで買った刀装具を見ると、実物を見ずにネットで買った物が8(4)点、実物を見て買った物が14(3)点ほど。 その中で購入から暫く立ち興味が薄れた作というのも正直なところあり、それがカッコ内の数である。 割合で言えば、実物を見ないで買った物の中で未だに良いなと感じられている作は50%程度な

            山銅の左右海鼠透鐔①

            左右海鼠透の山銅鐔。 サイズは小さく、横縦共に6.5㎝、厚み4.7mm、重さ96g。 茎孔は21mm×8mm程度で恐らく脇差サイズ。 この鐔も鑑定書が現状付いていないわけであるが、時代は江戸時代頃の鐔であろうか。光にかざすとうっすらと茶色が見えて来るなど山銅の経年変化による渋い色味に味わいがある。 古金工あたりにも見えるが果たして。 形状は角部が全て丸く面取りされているので全体的に手当たりが優しい。 次に海鼠透の穴の形状を見ると、いわゆる武蔵鐔や勘四郎鐔のように穴が茎孔の

            縁が無いように感じる時(日本刀の話)

            ここ数年ひそかに気になっている拵。 値段も私にとっては高いものであり、なかなか手が出せずに気が付けば数年経ってしまった。 もう4~5回程目の前で見ている。 見る度にやはり良いなと思う。 大小にも関わらず同図柄で完全に揃えるわけでは無く、上手く崩すところは崩し、合わせる所は合わせつつ、その崩した所が見所となり「美」となっている。 このような拵は有りそうで意外にない。 全て同じで揃えると見た目は良いかもしれないがどこかつまらない。 侘び寂びの感じる肥後拵も好きなのだが、こういう拵

            1/15 22:30~初スペースします!

            本日1/15(日)22:30~(1時間程度)、「産経PodcastのMCアカウントさん」とTwitterのスペースでお話する事になりました! 内容としては、以前私の所蔵している鐔に書かれた崩し文字をスマホアプリで解読出来たというツイートがバズったのでその内容を中心にしつつも、鐔の購入経緯や刀剣店での購入時の話、いつ頃に作られた鐔なのか、この鐔に書かれた文字から当時の所有者がどのような想いをこの鐔に込めていたのかなど、皆さんと共に考えていければと考えています。 私自身初めて

            鐔の縁の平らな凹みは何の為に

            所蔵の古金工鐔の縁に凹みがある事は以前より認識していたが、もしかすると意図的な凹みではないかと最近思いメモしてみる。 位置で言うと赤丸部に何かにぶつかったような、平らな凹みがある。 これはこれで自然なものだろうと当時から流していたのであるが、位置を改めて見てみると丁度鐔の下側、つまり刀の棟にあたる位置にある事が分かった。 そこで鐔を地面に置いてみると、なんとこの位置で安定するではないか。 そこから想定すると、普通刀を置くと以下のように寝ると思うが、 鐔の下側が平らだと、

            刀装具は高いが拵はそうでもない不思議

            刀装具の名品は高い。 「重要刀装具」に指定されている刀装具等であればそれこそ良い刀を買うのと変わらず300万円以上は基本かかってくるし、それを拵用に集めるとなると軽く1000万円位はかかってしまう。 更に上のクラスともなると鐔1枚で数千万などしてくるから驚愕な世界である。 そもそもそうした名品は現代は疵を避けるために拵に付ける物ではなく、単体で鑑賞を楽しむものであったりする。(尚後藤家の作のように昔から拵に付けずに代付がなされていつでも金貨と代えられるように大切に保管されてい

            刀や刀装具が手に入るオークション(ヤフオク以外)

            刀をネットで購入できる場として、各刀剣店のHPやヤフオクは知られているかもしれないが、実はオークションは結構あったりする。 勿論自己責任なのは変わらないが、下見会などで物を見れる会もあり、刀や刀装具を探している人にとっては結構良いものとなるかもしれないので紹介する。