九条水音

『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』に救われて以来、女児向けを中心としてキッズアニメを中心に見ているアイドル。女児向けアーケードゲームが好きなので定点観測しております。連絡先はmizune.moon.sounds@gmail.comです。

九条水音

『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』に救われて以来、女児向けを中心としてキッズアニメを中心に見ているアイドル。女児向けアーケードゲームが好きなので定点観測しております。連絡先はmizune.moon.sounds@gmail.comです。

    マガジン

    最近の記事

    皆で世界に響かせた「本当の歌」『ラブライブ!スーパースター!!』

    『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season10話が放送されました。 9話が「Liella!が一つになる話」なら、10話は「Liella!と一つになる話」になっていて、ライブシーンも含めて2nd Seasonでも指折りの回になっていたかなと思います。 そんな10話で重要なのはやっぱり「本当の歌」。 これがウィーン・マルガレーテとの違い、そしてライブシーンの違いになっていたと思います。 ウィーン・マルガレーテの掲げる「本当の歌」ウィーン・マルガレーテの強さとは一体な

    スキ
    1
      • 今だからこそ「皆のマジを一つにする」に挑んだ「Pretty Live!~All for One !!!~」

        9月24日に『プリパラ』『キラッとプリチャン』『ワッチャプリマジ!』の合同ライブイベント「Pretty Live!~All for One !!!~」が開催されました。 もはやプリティーシリーズの秋の恒例行事となって久しいライブイベントですが、今年の秋ライブは夏に開催された「Pretty Live!~One for All !!!~」の続編をコンセプトにしたライブイベントで、デュオやユニットをメインに様々な楽曲が披露されました。 特に『プリパラ』の真中らぁら、『アイドルタイム

        スキ
        4
        • 『ラブライブ!スーパースター!!』Liella!に欠けていたものと平安名すみれ

          『ラブライブ!スーパースター!!』は一年生と二年生で異なる話をやっていました。 二年生は「今度こそ勝ちたい」と言う話をやっていて、一年生は「二年生に負けたくない」と言う話をしていた。同じユニットで同じ方向性を見ているのに、どこか足並みが揃っておらずぎこちない。 そこが『ラブライブ!スーパースター!!』で興味をそそられる点でもあり、「どこかで解決したらもっと面白くなるぞ!」と思っていたのですが、今回はその辺りを全て解決し、物語を終盤へと押し上げる凄い回でした。 Liella!

          スキ
          6
          • 皆の道が交わったから生まれたLiella!という輝き『ラブライブ!スーパースター!!』二期八話

            『ラブライブ!スーパースター!!』八話が放送されました。 諸事情により二週間ぶりの放送となりましたが、八話は「結ケ丘女子高等学校のスクールアイドルLiella!」の話になっていて非常に良かったと思います。 今回の話の中心になっていたのは「ラブライブ!東京大会へ向けてのステージをどこにするのか」ということ。 多くのスクールアイドルがエントリーしているラブライブ!で勝ち上がるために。Liella!と結ヶ丘女子高等学校をアピールするために。 澁谷かのん達は「自分達に相応しく、自分

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ラブライブ!
            九条水音
          • プリティーシリーズ
            九条水音
          • ライブレポート
            九条水音
          • トイボックス
            九条水音
          • ウマ娘
            九条水音
          • アイカツ!
            九条水音

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            誰よりも「かわいい」と呼ばれたい努力少女を、誰よりもカッコイイと思った。

            「一番カッコいいと思うキャラは誰か?」 今そう聞かれたら私は「甘瓜みるき」の名前を上げるだろう。 甘瓜みるきとは『ワッチャプリマジ!』に登場するメインキャラクターの一人だ。 そのキャラクター性を端的に表現すると、他人に「あざとい」と言われても、貪欲に自分が「かわいい」と言われることを追い求めるキャラクターなのだが、そんな「かわいい」を推しているキャラクターのどこがカッコいいかというと生き様である。 甘瓜みるきは「自分の『かわいい』になるために努力し、そう言われる事を貪欲に追い

            スキ
            8

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season七話にみる、キャラクター達が誤解を転がしていく面白さ

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Seasonの7話は、セガ好きとしては大変喜ばしい一話でした。 メガドライブやドリームキャストがまさかラブライブ!シリーズの世界でも存在しているとは……。セガ好きとしては滅茶苦茶嬉しかったです。やはりセガ。セガは世界を救う。創世記。「光あれ」。 本編はというと、一話丸々使ったコメディ回でしたね。シリーズの伝統とも言える「全員集合後のコメディ回」ですが、上品なドタバタコメディに仕上がっていて良かったです。 葉月恋と米女メイが面白くする

            スキ
            4

            『仮面ライダーリバイス』の完結に寄せて ~あるいはキングカズに塗り潰されてしまう一年の物語について

            8月28日『仮面ライダーリバイス』が終わった。 仮面ライダー生誕50周年記念作品の一つとして発表され、「一人で二人の仮面ライダー」「悪魔と契約して変身する」「家族×仮面ライダー」など興味をそそられる要素が数多く盛り込まれた本作であるが、丸一年間も見続けてきた感想は「この一年間は一体何だったんだ……」に尽きる。 何だかんだ言いながらも「一年間」という長い旅に付き合う日々を繰り返している人生を過ごしてきたが、『仮面ライダーリバイス』を見てきたこの一年ほど全身の力が抜ける一年はなか

            スキ
            15

            鬼塚夏美は皆の夢を一緒に叶えたい『ラブライブ!スーパースター!!』

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season六話が放送されました。 鬼塚夏美が加入するエピソードの後編となる話でしたが、前話で丸々一話使って「鬼塚夏美はこういうキャラクター」ということを見せていたため、話の主題にスッと入っていきやすく、そして鬼塚夏美の言葉の一つ一つの振れ幅で楽しめる一話だったかなと思います。 またここにきて結構強い「二期生とのつながり」が描かれていたのも大事なところだと思いますが、今回は何と言っても鬼塚夏美のキャラの掘り下げ方が良かったですね。

            スキ
            5

            「好きだった漫画がアニメ化したけど、もう見限った」の返信

            8月8日に書いた「好きだった漫画がアニメ化したけど、もう見限った」を読んで頂き、ありがとうございました。 想像以上に色々な人に読まれていて、びっくりしました。 「どこをどう読んでも愚痴にすぎない内容なので、これを自信満々に出すのは不味いだろう。平日、それも午前中に上げれば誰も読まないだろう。あと『ラブライブ!スーパースター!!』四話を見た直後にこの話をしたくない」という考えからあの時間帯に上げたんですが、自分の想像を超えるほど大きな反応していただけるとは思ってませんでした。

            スキ
            14

            『ラブライブ!スーパースター!!』に見る「私達はどう見られている?」と悔しさ

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season五話が放送されました。 前話は米女メイと若菜四季の加入をあまりにも鮮やかにやられたため、五話への期待が高まりすぎていたのですが、いざ放送された五話は「鬼塚夏美」と言うキャラクターを丸々一話かけて描いたような物語で、色々と凄かったです。まさか鬼塚夏美があそこまで金にうるさいキャラクターとは……。 ただ鬼塚夏美が登場した事でLiella!は今までとは違うものを意識するようになったので、結果的には一歩先に進んだ気がしますね。

            スキ
            4

            2022年に100時間以上も楽しませようとするゲームを出すんじゃない

            現代を生きる人間にとって時間の価値は高い。 漫画、アニメ、映画、小説。世界には娯楽に溢れすぎていて、自分が心惹かれたものだけを追い求めても、時間が絶対的に足りない。そんな中で「まだ終わりが見えないけど、絶対に時間がかかるなこれ」と思うものに手を出したらどうなる? もう、『終わり』である。 7月27日に『ゼノブレイド3』が発売されました。 「Wiiの傑作RPG」として語られる『ゼノブレイド』『ゼノブレイドクロス』、「switch初期の大作RPG」として評価され、最近では『大乱

            スキ
            17

            似た者同士の一人と一人が、一緒に夢へと走り出す瞬間『ラブライブ!スーパースター!!』

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season四話が放送されました。 前回で新生Liella!の本格始動が終わりましたが、今回は今回で米女メイと若菜四季の加入と大きなイベントが用意されていて、「どこまでいくのだろう」と期待させてくれる一話でしたね。 同時にここまでの話でも一番一話でガツンとやられる一話でもあり、控えめに言って最高の一話だった気がします。 「誰が部長をやる?」と一期生二人の加入今回は良かった点の前に凄かった点の話をするんですが、今回は「スクールアイドル

            スキ
            7

            好きだった漫画がアニメ化したけど、もう見限った

            10年以上前に完結し、今も好きな漫画のアニメが放送開始となりました。 現在五話ぐらい放送されているのですが、私はもう既に「この作品が面白くなることはおそらくない。アニメ化されると発表された事が面白さの頂点であり、この企画で唯一面白いことだった」と見限っております。 見限った理由はいくつもあるんですが、一番大きかったのは品質の低さ。映像作品としても商業作品としても「人の前に出せるレベルだろうか」と言いたくなるぐらいにひどい。近年ではなかなか見ないレベルのアニメだったので、「ここ

            スキ
            177

            「皆の期待」の解呪と、新生Liella!の目覚め『ラブライブ!スーパースター!!』二期三話

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Seasonの第三話が放送されました。 昨年は澁谷かのんと唐可可の二人で参加したスクールアイドルのライブフェスから大トリでの出演依頼が舞い込み、桜小路きな子のお披露目も兼ねて参加することにしたLiella!が、中学生で参加してきたウィーン・マルガレーテに打ちのめされる……というエピソードで、サニーパッションに続く新たなライバルとしてウィーン・マルガレーテがライブと共に登場する熱い展開がありましたが、物語的には「新生Liella!のスタ

            スキ
            3

            現役馬デアリングタクトの参加が『ウマ娘』にもたらしたもの

            『ウマ娘プリティーダービー』にて競走馬「デアリングタクト」がウマ娘として登場する事が正式に発表されました。 20日に実装されたメインストーリー第一部最終章後編にて、新しいウマ娘がちらっと顔見せした時から「もしかして……これってデアリングタクト……?」と噂されておりましたが、本当にデアリングタクトが来るとは思ってませんでしたね。 「『ウマ娘』が発表された当初は現役馬」ということならサトノダイヤモンドがいましたが、ゲームとして『ウマ娘』が正式リリースされた後、現役馬での参加がまさ

            スキ
            16

            迷う一期生と憧れる二期生がLiella!になった瞬間 『ラブライブ!スーパースター!!』2nd Season二話

            『ラブライブ!スーパースター!!』2nd season第二話が放送されました。 第一話が桜小路きな子がスクールアイドル部に入部する話なら、今回の第二話は桜小路きな子がLiella!の一人として認められる話でしたね。 スクールアイドル部の後輩ではなく、一期生たちと共にラブライブ!優勝を目指すLiella!のメンバーなんだ!ということを一話丸々かけて描いていて、一期生と二期生が相互にいい影響を与えながら成長する話を見た気がしました。 迷走する一期生今回の第二話で大事なのは「迷走

            スキ
            3