メリア@毎日更新

読んだ本の書評やおすすめ、感想を載せています。 たまに日常のふとした感情も溢れます。 皆さんにとってのちょっとした本棚的存在です😌

メリア@毎日更新

読んだ本の書評やおすすめ、感想を載せています。 たまに日常のふとした感情も溢れます。 皆さんにとってのちょっとした本棚的存在です😌

    マガジン

    最近の記事

    誰もが秘密を抱えている…

    今日は仕事休み。映画2本立て!ということで、 その1『竜とそばかすの姫』を観ました。 あらすじ主人公の女子高生、鈴は幼少期に母を亡くす。父と2人暮らし。 母と歌うことが大好きだったすずは、母の死をきっかけに歌うことができなくなる。 そんな中、「U」というインターネット上の仮想世界で「As(アズ)」と呼ばれる自分自身の分身を作りベルとして活動を始めることになったすず。 50億人ものAsが集うUの世界ですずは有名になり、コンサートを行うのだが、竜と呼ばれる謎の存在が突如現

    スキ
    8
      • 優しさというギフトを

        みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 本作は全20変が収録された短編集。 みなさんに小さな物語(ギフト)を送ります。 内容大学時代の親友の結婚式へ向かう特別な近道。「コスモス畑を横切って」 海外留学の前夜、桜並木の下を父親と歩く。「そのひとひらを」 エニシダの枝に飾られた、彼からのメッセージ「花、ひとつぶ」 希代のストーリーテラーが、慌ただしい日常の中に潜む小さな幸せを描き出す。 感想社会は「優しさ」で成り立っているんだなと

        スキ
        2
        • 幸せの基準は人それぞれ

          みなさん、こんにちは。メリアです。 本日は私の大好きな凪良ゆうさんの作品です。 あらすじ小学生の百音は統理と2人暮らしだが、血は繋がっていない。朝になると、同じマンションに住む路有があさごはんを作りにくる。そして、3人で食べる。 その生活を"変わっている"という人もいるだろうけど、日々楽しく幸せに暮らしている。 統理は翻訳家、そしてマンションの『屋上神社』の宮司としての仕事もしている。縁切り神社として知られるそこには、<生きずらさ>という糸をを絡めら人たちが優しくつな

          スキ
          4
          • 来年の桜が散る時に…

            みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 いぬじゅんさん『いつか、眠りぬつく日』が第8回日本ケータイ小説を受賞し、書籍化。 他作品として、『この冬、いなくなる君へ』『今夜、きみの声が聴こえる』などなど生と死をテーマとした感動的ストーリーが幅広く愛されています。 あらすじむかしむかし、あるところに絹のような白い肌の女の子がいました 大きな瞳で愛くるしい笑顔の彼女は、誰が見ても物語のヒロイン。 物語の主人公の名前は【空美姫花】 と、頭

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • ゼロで死ね

              こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 青と黄色の色合いが印象的な本書。人目を引く表紙となっています。 著者:ビル・パーテンスさん1969年アメリカヒューストン出身。 アメリカ領ヴァージン諸島を拠点とするコンサルティング会社"Brista Maxホールディングス"のCEO。現在は1億2千万ドルの資産を抱えるファンドマネージャーや、映画プロデューサーなど、多彩な顔をもち、活躍している。 本書についてさて、本書について、結論から申し上げますと、

              スキ
              9
              • 記憶は紡がれる…

                こんにちは。メリアです。 今日はこちらの1冊を紹介させていただきます。 宮下奈都(みやしたなつ)さんの作品です。 心にじわ〜っと残る作品となっています。 宮下奈都さん1967年福井県出身。上智大学文学部を卒業。本作『静かな雨』が文學界新人賞佳作入選を果たし、デビュー。2015年に刊行された『羊と鋼の森』が2016年の本屋大賞、王様のブランチブックアワード大賞、2015年「キノベス!2016年」1位という史上初の3冠を獲得し、ベストセラーとなる。 他作品 ・遠くの声

                スキ
                1
                • 真夜中の1時の東京で。

                  みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊の紹介です。 吉田篤弘さんの『おやすみ、東京』です。 あらすじ真夜中の1時。東京。 そこれは私たちが想像している以上に多くの人がすれ違っている。 映画の小道具調達をするみつき。 びわ泥棒兼オペレーターの可奈子。 夜専用タクシー運転手の松井さん。 それぞれが、それぞれの想いや淋しさ、夢と希望を持ち、つながっていく。 東京の街は思っているより狭いんだね…。 感想この本を読んで、率直に穏やかでうっとりとした気

                  スキ
                  6
                  • 時を超えても愛している

                    みなさん、こんにちは。メリアです。 本日は冬野夜空さんのこちらのライト文芸を紹介いたします。 とても綺麗な表紙ですね♪ 冬野夜空さん10代から執筆活動を続け、大学在学中の2019年『満月の夜に君を見つける』にてデビュー。2020年に『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない』が大ヒットし、累計10万部を突破。ファンタジックな世界観が魅力的! あらすじ夏休み。作曲家になりたいという夢を反対され、鬱々とした日々を送っていた弥一は家出をすることにする。そして、作曲家になりたいと

                    スキ
                    1
                    • 好きと悲しみと優しさ溢れる小説

                      みなさん、こんにちは。メリアです。 今日はこちらの1冊を紹介いたします。 私の大好きな江國香織さんのこちらの1冊です。 概要こちらはデビュー作『桃子』を含んだ全21編を収録した作品となっています。 さまざまな内容が収録された本作。 『デューク』という作品では大好きだった愛犬が死ぬ。私は悲しみに暮れていた翌日、電車で出会った青年とプールに行き、美術館を訪れ、落語を聞く、そしてクリスマスのシーズンの街中でそっとキスをして消えていく。 その瞬間、その名も知らない青年が「

                      スキ
                      1
                      • 小説のように"赤い糸"がない小説

                        みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 筏田かつらさんの作品です。 筏田かつらさん千葉県出身。2016年に『静かな海』で第4回ネット小説大賞を受賞。他作品に『君に恋をするなんて、ありえないはずだった』『君に恋をしただけじゃ、何も変わらなかった』『大嫌いな君に、サヨナラ』が挙げられます。 内容本作は"赤くない糸で結ばれた"この作品は5編の短編集となっています。 高校2年生の中川は、ユーモアな友人に勧められて久しぶりに立ち寄った書店で一

                        スキ
                        4
                        • 倫理に反することそれすなわち不倫

                          みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介致します。 私の大好き山田詠美さんのこちらの本。 日本を代表する著者の山田詠美さんが今年の2月に新作を発表したということで私もすぐに購入いたしました。 内容私の趣味は人の夫を寝取ることです。 衝撃の1分から始まる、3人の視点で描かれた不倫小説。 料理研究家の喜久江、その夫の太郎、そして喜久江の弟子であり、太郎と不倫をしている桃子。 Wife:喜久江はもう余裕のある大人。何度だって夫に言い寄る女は見てきた

                          • いるけどいない。いないけどいる。

                            みなさん、こんにちは。メリアです。 本日紹介する1冊はこちらです。 井上荒野(いのうえあれの)さん東京都出身。1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞、2004年には『潤一』で第11回島清恋愛文学賞を受賞。他に『誰よりも美しい妻』『もう切るわ』『静子の日常』など有名作品が多数あります。 あらすじ秘書として働く女性とお料理教室の講師として働く、2人の女性の物語。 愛する夫を急病で亡くした女と、夫が大っ嫌いになった女。 2人は『いる男』と『いない男』の間で葛藤

                            スキ
                            1
                            • 少年犯罪を考える

                              みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 松村涼哉さんの本を初めて読ませていただきました。 あらすじ15歳の少年の爆破テロは世間を震撼させ、日本中が恐怖に包まれた。 "少年犯罪被害者会"で出会った孤独の少年の怒りを駆り立てたのは一体なんだったのだろうか…。 15歳の少年の真実にたどり着いた時、誰もが衝撃を受ける。 感想『15歳のテロリスト』というタイトルから、15歳の少年が犯人であることが容易に想像できます。しかし、15歳の少年の真

                              スキ
                              2
                              • 母の面影を追って…

                                みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 尾崎世界観さんの作品です。 "母"の"影"と書いて『母影』という作品で、芥川賞の候補作とな里ました。 尾崎世界観さん彼はクリープハイプというバンドメンバーの一人です。 小説もいくつかの作品を出しており、小説家としても活躍をされています。デビュー作は『裕介』という文藝春秋出版の本。 本作の特徴と感想読了した感想は、とにかく独特の世界観ということ。 内容に関しては賛否両論であることは間違い無い

                                スキ
                                14
                                • 1日1食を試してみました

                                  みなさん、こんにちは。メリアです。 今日はこちらの1冊を紹介いたします。 こちらの1冊。こちらは話題書でもあります。 YouTube大学で中田敦彦さんも紹介をしていました。 私も実際に本書を手にして実践してみました! 本書について本書は帯にも書いている通り、16時間もの断食をすることであらゆる病や謎の体のだるさ、老けさせない体を目指すための1冊。 これがとても興味深い内容となっていました。 現代の日本人日本人の食生活は大きく変わってきました。欧米化により、ジャン

                                  スキ
                                  4
                                  • 5匹の魚の物語

                                    みなさん、こんにちは。メリアです。 本日はこちらの1冊を紹介いたします。 町田その子さんの作品です。 あらすじとある町で暮らす人々の連作短編となっているお話。 大好きだった、今でも大好きな孤児の不良少年だった彼は街を去った。 いつもいじめられていた物静かな同級生の女の子が突然男の子を殴った。 突然喫茶店にやってきた妊婦。 突然父が母と娘を置いて出て行った。 4度の死産と夫の暴力に耐える女性。 5匹の魚たちは水槽の中で生きづらさにもがき、悩み、葛藤しながらも、

                                    スキ
                                    1