あべ まおこ

大学とお笑いと社会問題で生活の9割説明できます。哲学者・鷲田清一の言論をこよなく愛する二十歳。
固定された記事

「話してもわからん」をひっくり返したある日の学長からのメール

大学のオンライン授業は通常授業よりしんどいことがわかりました。主な原因は、初のオンライン授業で気合を入れすぎた先生たちです。いや、教育熱心なのは本当ありがたいん…

本好きは本屋でなにをしているか

何の本を読むべきか、というのは人生の課題です。 そう思っている人は案外に多いとみえて、本好きを自称していると同年代のともだちから「本屋でぶらぶらとは実際何をして…

ファクトは大事だけれども

報道や政策や意見が、ファクト(事実)に基づいていることは大切です。というか基本です。あたりまえのことです・・・本当はね。 でもそのファクトって、改めて考えてみる…

ありがとう東京03、わたしはコントを知らずに生きてきた

最近人と語れる分野に「お笑い」というレパートリーが増えた。正確には「関東のコント師」。 親がお笑いをあまり好かないのもあって、高校まではテレビでもコメディ・バラ…

粗品がほんとうに粗末なモノでも、文句言わない?

先日、自分の書いたものに「ご笑覧下さい」と付記して投稿しようとして、手が止まった。いま晒そうとしているこの読み物は、はたして人様の貴重な数分を奪ってまで読んでも…

鳩の顔した蛇であるなら

わたしは高校卒業式の答辞の、ゴーストライターをしていました。 みんな知ってたからゴーストじゃないか。とにかく答辞職人でした。 中高一貫校で、そこへの愛というのは…