牧 菜々子
「私の子どもだからきっと大丈夫」と思える人生を自分が送る
見出し画像

「私の子どもだからきっと大丈夫」と思える人生を自分が送る

牧 菜々子

こんにちは。

牧 菜々子です。

自分の子どもって、ほんと不思議です。

時々ふと「この子が私の子どもなのか」としみじみ思うことがあります。

自分の子どもだから、自分と同じ思いをするんじゃないかと思うと、つい心配になってしまう。

でも、そんな時は、「自分の子どもだからきっと乗り越えてくれる」「自分の子どもだから大丈夫」と思える人生を、自分自身が送っていればいいんじゃないかという思いに行き着きます。

確かに、子どものうちはまだ自由にさせてもらえないこともある。

世の中が大人によって作られているから、子どもはどうしても保護されるところに置かれるし、つらい思いもする。

そうだけど、どうにか乗り越えていくことも、実際できるよ。

いろんな人が話を聞いてくれるし、力も発揮できるものだよ。

振り返れば私も、そうやって大人になってきたな。

そう思える生き方を自分がしていれば、子どもにあれこれ干渉することもなくなって、子どもも生きやすくなるのかもしれないですね。






牧 菜々子
ライター経験ゼロから有料コンテンツ販売を軌道に乗せ、出産している間にも有料記事が売れるのがnoteの真骨頂と痛感。記事を書く際のマインドセット、黄金の70代へ向けてのトレンド分析、ひたすら平穏な家庭の築き方を発信。3児の母。早稲田大学院卒。音声あり。今も書きたいことが渋滞中。