マガジンのカバー画像

コンプライアンス

117
コンプライアンス経営に役立つ記事を集めました。
運営しているクリエイター

記事一覧

【内部通報制度】不利益な取扱いを防止する6つの方法

従業員(退職者を含む)や役員が通報対象事実を知ったとしても、内部通報を行うことによって、不利益な取扱いを受ける懸念があれば、通報することを躊躇(ちゅうちょ)してしまうことが想定されます。

これでは、法令違反等の問題を早期に把握することが困難になってしまいます。

そこで、今回は、
●不利益な取扱いを防止する6つの方法
について、解説しますので、ぜひ最後まで、ご覧ください。

■内部通報に関する不

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

【内部通報制度】利益相反を排除して中立・公正な体制を構築する方法

実効性の高い内部通報制度を構築し運用するためには、次の3つの業務を適切に行うことができる人材を配置する必要があります。
1.内部通報受付業務(内部通報を適切に受付する。)
  ⇒「内部通報受付業務従事者」を配置する。
2.調査業務(内部通報内容の調査を行う。)
  ⇒「調査業務従事者」を配置する。
3.是正措置業務(調査の結果、問題行為が明らかになった場合には、是正に必要な措置をとる。)
  ⇒「

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

【内部通報制度】問題行為を是正する際に留意すべき3つの事項

実効性の高い内部通報制度を構築し運用するためには、次の3つの業務を適切に行う必要があります。
1.内部通報受付業務(内部通報を適切に受付する。)
2.調査業務(内部通報内容の調査を行う。)
3.是正措置業務(調査の結果、問題行為が明らかになった場合には、是正に必要な措置をとる。)

内部通報内容の調査を行い、調査の結果、問題行為が明らかになった場合には、「3.是正措置業務」を行う是正措置業務従事者

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

【内部通報制度】守秘義務違反にならない調査の「コツ」

実効性の高い内部通報制度を構築し運用するためには、次の3つの業務を適切に行う必要があります。
1.内部通報受付業務(内部通報を適切に受付する。)
2.調査業務(内部通報内容の調査を行う。)
3.是正措置業務(調査の結果、問題行為が明らかになった場合には、是正に必要な措置をとる。)

「2.調査業務」において、調査業務従事者が内部通報内容の調査を行うにあたっては、まずは、内部通報者に対し、次のリスク

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

匿名の内部通報を希望する社員への対応方法

匿名の内部通報を受け付けると、次の問題が発生するかもしれません。
●虚偽の通報
●他人を誹謗中傷する通報
●不正の目的の通報

このような悪意を持った従業員がいないとも限らないことから、企業側は「匿名での内部通報は認めたくない」と考えてしまいます。

一方で、内部通報したい(すべき)と考えている従業員の中には、次のことを心配する者もいます。
●自分が通報したことを特定されたり、推測されたくない…

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

社長のパワハラを内部通報制度で止める方法

ある企業の不正会計事件の際、経営幹部が従業員に対し、パワーハラスメントともいえる無理な目標を課す行為が「チャレンジ」と呼ばれて話題になりました。

また、財テク投資の失敗による巨額損失を、経営トップが介在した「飛ばし」行為によって、20年間にわたって隠し続けた事件もありました。

このような、経営幹部による不正行為は、従業員が不正行為を認識していたとしても、なかなか声を上げることができず、経営幹部

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

【内部通報制度】失敗しない業務従事者の定め方

実効性の高い内部通報制度を構築し、運用するためには、内部通報を適切に受付し、調査を行い、当該調査の結果、問題行為が明らかになった場合には、是正に必要な措置をとる必要があります。

そこで、まずは次の3つの業務に従事する者を明確に定めることが必要になります。

1.内部通報受付業務
  ⇒「内部通報受付業務従事者」として指定する。
2.調査業務
  ⇒「調査業務従事者」として指定する。
3.是正措置

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

個人情報の「利用目的」、これを意識

個人情報を取り扱うに当たっては、「利用目的」をできる限り特定することが求められています。

現行の「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン(通則編)」においても、
【具体的に利用目的を特定している事例】
【具体的に利用目的を特定していない事例】
として、次の事例が示されています。

【具体的に利用目的を特定している事例】

事例) 事業者が商品の販売に伴い、個人から氏名・住所・メールアド

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

今の「プライバシーポリシー」では不十分、法改正で求められる内容とは?

個人情報保護法では、「保有個人データに関する事項」をお客様に知らせる方法として、「公表して、本人の知り得る状態に置く」か、もしくは「本人の求めに応じて遅滞なく回答する」か、いずれかの方法で行うことが求められています。

一般的には、「公表して、本人の知り得る状態に置く方法」を選択し、「保有個人データに関する事項」を記載した「プライバシーポリシー」を自社のホームページに掲載するか、事業所内にポスター

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

法人には1億円の罰金が…

2022年4月1日から「改正個人情報保護法」がスタートします。

この改正に先立って、「罰則の強化」についての改正は、
令和2年12月12日より先行してスタートしています。

個人情報保護法に規定する罰則は、両罰規定として、実際の行為者だけでなく、監督責任のある法人にも罰金刑を科すこととしていますが、法人と個人の資力格差等を勘案して、法人に対しては行為者よりも罰金刑の最高額を引き上げる改正が行われ

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

感謝‼︎ 北海道登壇

今日の講演テーマは、
金融機関 経営者様 対象
「コンプライアンス研修会」

兵庫県の幣事務所から、北海道へオンライン配信します。

【研修概要】

1.不祥事対応の強化

スルガ銀行、かんぽ生命をはじめとした金融業界の不祥事にとどまらず、
リクナビの個人情報漏えい問題、三菱電機の品質問題など、企業の不祥事が後を絶ちません。

コンプライアンスに正面から取り組むことで犠牲になった収益は、そもそも不

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

個人情報の漏えいは当局に報告すべき?

2022年4月1日から「改正個人情報保護法」がスタートします。

改正個人情報保護法では、
「漏えい事案等に対応する体制の整備」として、次の内容が新設されることになります。

個人データの漏えい、滅失、き損その他の個人データの安全の確保に係る事態であって個人の権利利益を害するおそれが大きいものとして個人情報保護委員会規則で定める事態が発生したときは、当該事態が生じた旨を個人情報保護委員会(個人情報

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

感謝‼︎ 広島県登壇(2日目)

今日の講演テーマは、昨日に続き
金融機関職員様対象
「アンチ・マネーローンダリング研修会」

大阪から、広島県へオンライン配信します。

【研修概要】

地域・顧客から信頼され、選ばれ続けるために、アンチ・マネーローンダリングにかかる理解を深め、堅確な内部管理態勢の構築を目指します。

1.犯罪収益移転防止法の理解
 ①マネー・ローンダリング、近時の事例
 ②「犯罪収益移転防止法」制定趣旨
 ③本

もっとみる
感謝!ありがとうございます!

感謝‼︎ 広島県登壇

今日の講演テーマは、
金融機関職員様対象
「アンチ・マネーローンダリング研修会」

兵庫県の幣事務所から、広島県へオンライン配信します。

【研修概要】

地域・顧客から信頼され、選ばれ続けるために、アンチ・マネーローンダリングにかかる理解を深め、堅確な内部管理態勢の構築を目指します。

1.犯罪収益移転防止法の理解
 ①マネー・ローンダリング、近時の事例
 ②「犯罪収益移転防止法」制定趣旨
 ③

もっとみる
感謝!ありがとうございます!